2010年2月 1日 (月)

ネットブック購入

 最近ネットブックを購入しました。通常のパソコンに比べてスペックが低いウルトラモバイルPCとはいえ,ノートPCが3万円程度で購入できるようになったなんて,ほんとビックリです。なお,「イーモバイルの100円PC」みたいに超安価なネットブックも最近よく売られていますが,ネット環境を既に持っているとかえって割高になるため,これは考慮対象外でした。ちなみに,買った機種はこれ↓
http://www.jp.onkyo.com/sotec/c102/index.html

 低価格ネットブックの仕様は各社とも似たり寄ったりなんですが,僕がこれに決めた理由は,ずばり,ディスプレイがノングレア液晶だから。たったそれだけです。最近のパソコンの液晶画面は光沢液晶が主流になっていますが,画面への映り込みが多い光沢液晶が僕は大っ嫌い。ノートPCの画面がほとんど光沢液晶になってしまった今,たまたま家電量販店でノングレア画面のこの機種を見つけて,即購入を決めました。

 光沢液晶とノングレア液晶の長所・短所については,たとえば(株)ナナオのホームページで解説されていますが,これを読んでも,なんで光沢液晶の方がいい場合があるのか,僕には理解できませんでした↓
http://www.eizo.co.jp/products/eizolibrary/itmedia01_01/index.html

 どっちのタイプが好きかは人それぞれでいいとは思いますが,パソコンのカタログを見ても画面が光沢なのかノングレアなのか,ほとんど記載されていないのは許せません。僕にとってはこれが最重要なのに。

 ちなみに,僕はこの量販店で買ったわけではなく,価格.comで最安値ショップを探して通販で購入しました。価格.comを見ると,高いショップと安いショップでは2倍ぐらいに開きがあるんですよね。価格比較サイトってほんと便利です。

 さて,このネットブック,使ってみると予想外に快適で,感激しました。約10年前に30万円も出して買ったノートPCよりもはるかに性能が向上しています。出張時に持参するサブPCとして購入したつもりでしたが,あまりに快適なので(ていうか,今まで使っていたPCが古すぎたのかも),OfficeはもちろんPhotoshopまで入れて,一気にメインPCに格上げしてしまいました。キーボードのピッチは17.5mmでなんとかタッチタイプができるし,画面は小さくてもドットが細かいので見やすく,慣れれば気になりません。

 あと,メモリーを2GB(ギガバイト)のものに交換したんですが,このメモリーがなんと通販で3,500円。つまり,1MB(メガバイト)あたり,たった1.7円。僕が初めてパソコンを買ったのは90年代前半に買ったMacintoshなんですが,当時のメモリー価格は1MBあたり約1万円。たった16MBのメモリーしか搭載していないのに50万円ぐらいしたものです。今思えば,すごく贅沢な買い物をしたものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

実名検索

 「同姓同名辞典」という面白いサイトを見つけました↓

http://www.douseidoumei.net/

 このサイトによると,全国の苗字のランキングは以下のとおり。佐藤さん・鈴木さん・高橋さんは,やはりベスト3でした。
   1位:佐藤(446,662件)
   2位:鈴木(394,339件)
   3位:高橋(328,106件)
   4位:田中(309,340件)
   5位:伊藤(251,059件)
   6位:山本(250,495件)
   7位:渡辺(250,010件)
   8位:中村(244,921件)
   9位:小林(237,059件)
  10位:加藤(198,992件)

 さらに,名前(ファーストネーム)の順位は以下のとおり。
   1位:清(165,439件)
   2位:勇(146,640件)
   3位:茂(145,897件)
   4位:博(141,030件)
   5位:実(136,630件)
   6位:進(130,399件)
   7位:弘(113,874件)
   8位:正(111,327件)
   9位:勝(105,862件)
  10位:隆(102,138件)

 そして面白いのが,フルネームの順位。全国で一番多い姓名は,「姓の1位」と「名前の1位」の組合わせとなる「佐藤清さん」ではなく,「田中実さん」だそうです↓
   1位:田中 実(2,620件)
   2位:鈴木 茂(2,470件)
   3位:鈴木 実(2,301件)
   4位:佐藤 清(2,272件)
   5位:高橋 清(2,248件)
   6位:佐藤 正(2,231件)
   7位:佐藤 進(2,178件)
   8位:鈴木 清(2,164件)
   9位:田中 稔(2,071件)
  10位:鈴木 博(2,039件)

 この順位が,全国合計と都道府県別に集計されていて,たとえば自分と同姓同名の人が何件ぐらいあるのかを調べることもできます。このデータの利用価値ははっきりしませんが,なかなか面白いですね。でも,このデータベースはいったいどうやって作られたんでしょう。名前が男性名に偏っていることから,電話帳などの世帯主名から調べたのかなと想像しますが。

 さて,自分の実名でググった場合,いったいどんなサイトがヒットするのかというのは興味あります。もっとも,同姓同名の有名人がいる人の場合は,その有名人に関連したサイトが大量にヒットしてしまうので,役に立ちません。また,ありふれた名前の場合も大量にヒットしてしまいます。たとえば姓名数1位の「田中実さん」の場合のヒット件数は,約37万件でした。

 で,僕も自分の実名で検索してみました。すると,ヒットしたのはたった10件。意外と少なくてほっとしたような,がっかりしたような・・・でも,けっこう笑える検索結果でした。

(1)まずは,僕と同姓同名の男性(住所不定無職)が何かの犯罪で逮捕されたなんていう記事が。いやはや,ドキッとしましたよ。

(2)これとは別に,埼玉県在住の,僕と同姓同名の別人に関する記事も3件ヒットしました。

(3)「名前占い」なんていうサイトにもヒット。

(4)上に紹介した「同姓同名辞典」のサイトにも2件ヒットしています。

(5)そして,まさにホンモノの自分が出ているサイトに2件ヒットしてびっくり。特許を公開しているサイトで,会社から出願した特許に実名が入っているためにヒットしたものです。特許出願や論文発表などをすると,個人の実名が知らない間にネット上に流れてしまうということなんですね。ちょっと気持ち悪い。

(6)最も気色悪かったのが,Amazonの「ほしい物リスト」というサイトにヒットしたこと。Amazonで買い物をすると,過去に注文した履歴から本人の嗜好を分析し,その人へのオススメ品が勝手に表示されたりしますが,実名の「ほしい物リスト」にヒットしてしまうのには驚きです。今回ヒットしたページは,明らかに僕と同姓同名の別人のものでしたが,ちょっと気色悪い。自分の嗜好が勝手に公開されるとなると,Amazonにヘンなものを注文したりできませんよね。まったく。

 ということで,自分の実名がネット上に流れているのか いないのかを確かめる意味でも,一度実名で検索してみるといいですね。あと,家族や知人などの実名で検索してみるのも,ちょっと驚く検索結果が出たりして楽しめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

検索結果上位のブログは?

 Googleなどの検索結果の表示順序ってどうやって決まるのか,すごく謎なんです。でも,特に商業サイトでは,検索結果の表示順序が企業の命運を左右するほど重大なケースもあるみたいです。

 以前の記事にも書いたんですが,ある本によると,検索結果の上位に表示される条件は,
(1)より正確なHTML言語でページが作られていること
(2)頻繁に更新されていること
(3)他のサイトに対してより多くのリンクが貼られていること
だそうです。そして,こういった要件を満たしているのが多くのブログであり,その結果,ブログは検索結果の上位に掲載される可能性が高いらしい。

 つまり,ブログのページのHTML言語は,各サイトの管理者(プログラマーとしては大半がシロート)が書くのではなく,管理者は所定の書式に文章などを入力するだけ。HTML言語はブログを提供する業者のプロが書いた言語であり,その点で(1)を満たしてます。また,多くのブログは日記形式で日々更新されており,その点で(2)の条件を満たしています。そして,ブログには「トラックバック」や「コメント」という独自のシステムがあり,これにより他のサイトと網の目のようにリンクが貼られることになり,結果的に(3)の条件を満たすということだそうです。

 ところで,ブログの中でも,提供する業者によって,検索結果の表示順位が上位に来やすいブログとそうでないブログがあるというウワサがあり,この点がけっこう前々から気になっていました。ということで,ヒマな時間に簡単な「実験」をしてみましたので,ここで紹介します。

 まずは,テキトーな検索ワードを決め,それぞれGoogleで検索してみます。選んだワードは,僕の独断と偏見で選んだ下記の10個。
   ノロウィルス(ヒット数:約127万件)
   防衛省(同161万件)
   成人式(同471万件)
   タウンミーティング(同7.2万件)
   教育基本法(同254万件)
   NHK受信料(同189万件)
   いじめ問題(同131万件)
   松坂大輔(同115万件)
   安倍晋三(同197万件)
   ホワイトカラー・エグゼンプション(同201万件)

 そして,その検索結果のうち,ブログでない通常のホームページや提供業者が不明のブログを除き,表示順序の上位10件のブログについて,提供業者別に出現頻度をカウントしてみました。したがって総サンプル数は10×10=100個です。その結果,出現頻度の高い上位10社は下記のとおり。
   1位:fc2(16回)
   2位:nifty(10回)
   2位:livedoor(10回)
   4位:hatena(9回)
   4位:goo(9回)
   4位:seesaa(9回)
   7位:webry(8回)
   8位:ocn(5回)
   8位:ameba(5回)
   10位:jugem(3回)
   10位:cnet(3回)
       (計87回)

 ということで,FC2ブログが堂々の1位。わがニフティや,ライブドア,はてな,goo,シーザーなどの主だったところは「どっこいどっこい」という結果でした。これからブログを開設される方は参考にして下さい。

 この実験結果では,上位の業者間の差は少なかったと言えますが,サンプル数が100個と少なく,検索ワードによって結果も大きく変わります。また,各業者の会員数は不明のため,実際にどこが「確率いい」かはわかりません。この実験はあくまで「お遊び」ということで,ご了解下さい。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

Google Earth

 Google Earth・・・有名なフリーソフトなんですが,僕のパソコンにインストールしたのはつい最近。地球上のあらゆる場所の衛星写真が表示できるソフトです。たとえば,下の写真は東京駅前(丸の内側)の衛星写真。

Photo_1

 これ,けっこうハマります。道路を走るクルマが識別できるぐらいの解像度なので,自分の家の屋根までハッキリわかります。ただ,都市部と地方では解像度に差があり,家の屋根まで確認できるのは都市部だけみたいで,これはちょっと残念。

 それにしても,もともとは軍事用に撮影された写真だと思われ,ホンモノの軍事用衛星写真は,これとは比較にならないぐらいの高解像度なんでしょう。衛星写真って,地球上の「国境」が及ばない高度から撮影するため,地球上のあらゆる国の秘密施設でも軍事基地でもなんでも,手に取るようにわかってしまうんですね。凄いです。こういったツールを含むあらゆる手段で情報収集しながら,大量破壊兵器の存在を確信してイラクに攻め込んだのに,結局大量破壊兵器が見つからなかった・・・これ,信じられません。アメリカは最初から大量破壊兵器が無いのをわかっていて攻めたとしか思えないです。

 このソフト,マウスだけでほとんどの操作ができ,マウスを回すとそれに従って地図がぐるぐる回るなど,操作性も抜群です。「Google Earth」ならぬ「ぐるぐるアース」って感じか。これがフリーソフトなんて感激です。ちなみに,ダウンロードはこちらから。

 これからは,ヒマな時にこのソフトを使って世界中のあちこちを見学してみたいですねー。

 ところで,この衛星写真も凄いけど,もっと凄いなと思うのは,欧州南天天文台が,海王星並みの質量の3つの惑星が回っている惑星系を太陽系外で発見したというニュース。しかも,最も外側の惑星には生物が生息できる環境が整っている可能性があるとか。この惑星系は地球から41光年の距離。これ,気の遠くなるような距離なんですが,そんな遠くにある惑星が地球で発見でき,しかもある程度の環境条件まで特定できるのって,衛星写真以上に,今の天文技術は凄いなと思います。ホント。

 下の写真は,今回見つかった系外惑星のイメージ図(asahi.comより転載)

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月24日 (土)

マイクロソフト製品

 Windowsは言うに及ばず,WordやExcelやIE(Internet Explorer)など,マイクロソフト製品がパソコンソフトのスタンダードになってる場合が多く,好む好まないにかかわらず,これらのソフトを使わざるを得ない状況ですね。

 でも,僕はハッキリ言って「アンチ・マイクロソフト」。やっぱりオリジナルが米国製なだけあって,日本人にとって「痒いところに手が届かない」ソフトだと感じます。
 この際なので,マイクロソフト製品のツッコミたくなる点を列挙!
 ただし,僕はエラそうに言うほど使いこなしているワケではなく,あくまで素人レベルの感想ですので,ご容赦を。

1.EXCEL
(1)デフォルトで出てくる「イルカ」がウザい。消すのにひと苦労。
(2)画面の見た目どおりに印刷されない。画面の文字と印刷の文字は,ほぼ間違いなくずれるため,印刷前にプレビューで確認が必要。何回バージョンアップしてもこれが改善されないのがフシギ。

2.Word
(1)デフォルトで設定されているオートコレクト機能。これも外すのにひと苦労。デフォルトは「設定無し」にしてほしい~~!
(2)バージョンアップ時の互換性がイマイチかな。図がずれたりとか。

3.OE(Outlook Express)
(1)「タダで付いてくる」「Windowsにインストール済」っていうだけで「普及率ナンバーワンのメールソフト」となっちゃうのが許せない。
(2)パスワード機能が貧弱。ログオフせずに終了してしまうと,次回起動時にはパスワードがかかってない。
(3)返信メールのアドレスに対する「ニックネーム」が変えられない。返信時の名前には「様」ぐらいは付加したいですよね,礼儀として。
(4)返信メールのアドレスに対してTo→CC,CC→Toの変更が簡単にできない。

 ここ何年か,メールソフトとしてOEは使ってないので,以上の「欠点」が今でも続いているのか定かじゃありませんが・・・
 なお,僕が今使ってるメールソフトは,以上の問題はすべてクリア。おまけに,書きかけ中にパソコンが固まって再起動しても,書きかけのメールを自動復旧してくれるというスグレモノですよ。

4.IE(Internet Explorer)
(1)何日か使っていると,初期起動時の「ホーム」に設定してあるアドレスは無視して,突然マイクロソフトのホームページに繋がってしまう。なんで??
(2)何といっても「お気に入り」って名前が気に入らない。気に入らないページでも,仕事の関係でしかたなくメモってるアドレスってありますよね。それも「お気に入り」になっちゃうワケ? そういえば,かつてのライバルだったネスケ(これって死語?)は,「ブックマーク」って名前でした。これだと許せる。

 とりあえず,こんなところかな。それにしても,こんな僕のブログを「お気に入り」に入れてくれてる人っているのかなあ・・・もしいらっしゃったら,ホント嬉しい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)