« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月13日 (月)

軍艦島へ行ってきた

 長崎県の軍艦島(端島)は「廃墟好き」の僕としては絶対に外せないスポット。念願叶って10月に行ってきたので,簡単にまとめておきます。

 軍艦島(端島)は,海底炭鉱によって栄えた人工島で,1974年の閉山により現在は無人島となり,朽ち果てた建造物が今も残る廃墟の島。2009年から観光客が上陸&見学できるようになり,現在は4社ほどが毎日上陸ツアーを実施しています。2015年に登録された世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業」の構成遺産にもなっています。

 日本で最初と言われる高層アパートなど,建造物としては当時の最先端を誇っていたと言われる軍艦島ですが,過酷な炭鉱労働以上に,島での居住環境もかなり劣悪だったらしいです。特に,真水の入手とトイレの問題が深刻だったみたいで,汚水が廃棄された海で子供が海水浴をするなど,衛生状態もかなり悪かったとか。また,強風の日にトイレで用を足すと,下の階から上の階のトイレへ汚物が舞い上がってきたという逸話もあります。

 さて,軍艦島へは長崎市から船で片道約40分。目の前に現われたホンモノの軍艦島を間近に見るのは感動。突然別世界へやってきたような感覚です。有名な観光スポットへ行っても「あ,写真で見たとおりやね」というだけの感想しか浮かばない場所もけっこう多いけど,ホンモノの迫力に圧倒される観光スポットも多くあり,軍艦島はその中の一つだと思います。

 下の写真の向きから見ると最も「軍艦」らしく見えるそうです。カラーなのにモノクロ写真を見ているような コンクリートの廃墟。

Imgp1918


 さらに近づき,上陸前には海上から島内を見ることができます。下の写真は海上からの風景。

Imgp2122


Imgp2117


Imgp2133


Imgp2105


 なお,島の桟橋に停泊できるのは1隻のみで,いくつもの会社がツアーを実施している関係で,上陸できる時間は40分程度と短いですが,上陸後に歩けるルートは片道200m程度の柵で囲まれた範囲内のみなので,40分でも十分堪能できます。見学ルートはこんな風に整備されています↓

Imgp2148


Imgp1955

 本来なら,時間&範囲無制限で島内を自由に探検したいところですが,まあ,安全上の問題があり,それは無理ということでしょう。

 上陸後の島内風景を何枚かアップしておきます↓

Imgp2017


Imgp1958


Imgp2210


Imgp1951


Imgp1967


Imgp2165


Imgp2167

 なお,島内にはトイレがなく,傘の使用が禁止。したがって,雨天時はカッパなどが必要(船内でも販売しているみたい)。雨天に備えてカメラは防水タイプを持参することをお勧めします。なお,携帯の電波は届いていたので,万一島内に取り残されて遭難しても,救助要請はできそうです(笑)

 この日は,コンクリート学会の関係者が島内を調査していたらしい。こんな風に廃ビルの屋上に上がれるなんて,超うらやましい。

Imgp1939

 この長時間滞在している人たち,トイレをどうしているのか,ちょっと気になりましたが。

 なお,ツアー参加者は老若男女さまざま。若い女性も意外と多かったです。また,どこかの高校の団体もいました(修学旅行か遠足かは不明)。高校生が軍艦島ツアーってめっちゃ渋いやん! と思いましたが,ひょっとしたら先生の好みで来ているのかも知れませんね。

 さて,このツアー,悪天候で上陸できないことがけっこうあるみたいで,それに備えて,また,複数のツアーを比較してみたかったこともあり,2日続きで別のツアーに参加しました。ということで,今回参加したツアーを簡単に紹介しておきます。

1.軍艦島クルーズ(運営会社:軍艦島クルーズ株式会社)
  http://www.gunkanjima-cruise.jp/

 このツアーの最大の特徴は,クルーズ船の2階がオープンデッキになっていることでしょう。軍艦島の外側を周遊する時の眺めが抜群にいいです。

Imgp2140


Imgp1935

 もう一つの特徴は,高島港に立ち寄って,石炭資料館が見学できること。ここに軍艦島のジオラマがあり,ガイドさんが簡単な説明をしてくれます。

Imgp1876

 でもまあ,この高島港立ち寄りは,どちらかといえば「トイレ休憩」的な意味合いが大きいような気がしました。
 なお,船内でのガイド音声は,船のエンジン音の関係でちょっと聞き取りにくかったです。

2.軍艦島コンシェルジュ(運営会社:株式会社ユニバーサルワーカーズ)
  http://www.gunkanjima-concierge.com/

 船内ガイド音声は聞き取りやすく,動画による紹介ビデオがあり,座席のクオリティーも高い立派な船でした。船内からの眺めは「軍艦島クルーズ」よりは多少劣りますが,周遊時間は十分あるので,海上からの風景は十分堪能できます。

Imgp2042


Imgp2062

 なお,このツアーに参加すると,この会社が運営している長崎市の「軍艦島デジタルミュージアム」の入館料金が半額になるサービスがあります。乗船前または乗船後に,当日なら何度でも入場できます。

 ミュージアムのサイトはこちら↓
http://gdm.nagasaki.jp/

 このミュージアムはなかなか良かったです。僕はツアー前とツアー後にたっぷりと見てしまいました。

 軍艦島への上陸が可能となってから年月が経過しているため,各ツアーともかなり洗練されていて,また,ガイドさんの話がとても上手で個性があり,聞いていて飽きさせない。どちらのツアーも甲乙付けがたく,満足度の高いツアーだったと言えます。

 ただ,サービス精神が旺盛で話が盛りだくさんすぎる感あり,島内でのガイド時間はもう少し削って自由散策時間を増やして欲しかったかな という気がしています。

 なお,これ以外にも2社ほどが軍艦島ツアーを実施しています。また行く機会があれば,別のツアーにも参加してみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »