« 悪法もまた法なり | トップページ | 究極のスローライフ »

2015年12月16日 (水)

腹立たしい判決

 今日の最高裁判決は,ほんと腹立たしいです。ま,最高裁判事というのは内閣が任命するわけだし,ある程度予想できた結果ですが。

 まず,夫婦別姓を認めない民法の規定を合憲とした判決。夫婦別姓を望んでいる人は,別姓を強制すべきと言っているわけではなく,単に別姓を選択可能にして欲しいと主張しているだけ。なんでたったこれだけのことが認められないのか,まったく理解できません。

 判決では「民法の規定は夫婦がいずれの姓にするかを当事者間の協議に委ねている。規定自体に男女の不平等が存在するわけではない」と言っているらしいが,いずれか一方の姓に変更すると,両者の間に精神的・実務的・経済的な不平等が発生するのは歴然とした事実。なんでこれが理解できないんでしょう。

 テレビの街頭インタビューなどで「夫婦はやっぱり同姓の方がいいよねー」みたいな意見をメディアが無神経に流しているのにもムカつきます。一家庭の事情を聞くのではなく,別姓を選択可能とすることに対する意見をきちんと聞いて欲しい。選択制を導入して結果的に大半が同姓を選択することになったとしても,それはそれでいいわけで。

 ちなみに,戸籍という制度自体が不要と考える僕としては,同じ家族を同じ姓にすることに合理的な理由はないと考えています。名前が自由に付けられるように,姓も自由に選べるようにすればいいと思う。「佐藤××さん」と「鈴木××さん」が結婚して,その子供の名前が「山田××さん」でも構わない。

 いずれにしても,今回の判決は選択的夫婦別姓の導入を妨げるものではないので,早く導入して欲しいものです。これに反対している国会議員は,まず自分自身の姓を変えてみて,自分の姓が変わることがいかに苦痛で不合理で不便であるかを,身をもって体験して欲しい。

 もう一つの,女性が離婚後6ヶ月再婚できない規定について。100日を超える部分は違憲との判決。メディアは「違憲判決!」と騒いでいるようですが,「100日間禁止するのは合憲」という判決であり,まったく時代遅れの判決と言えます。

 そもそもこの規定は,親子関係の紛争を防ぐためとのことらしいですが,これって「離婚前の女性は結婚中の夫以外の相手とはエッチしない」「離婚してから再婚するまでの女性は誰ともエッチしない」「再婚後の女性は再婚後の夫以外の相手とはエッチしない」という大前提に立っているわけで,超笑えます。こんな民法の規定があろうとなかろうと,どのタイミングで誰を相手に妊娠したか次第で紛争の可能性はあるわけで,この規定自体には全然意味がないでしょう。

 今回の判決にはなかったけど,同性婚の問題も同様。個人の自由な考え方を法律で縛るのはそろそろ止めにした方がいいでしょう。もっとも,戸籍制度をなくせば,戸籍への性別の記載もなくなるわけで,同性婚も異性婚も区別つかなくなるのかも。

|

« 悪法もまた法なり | トップページ | 究極のスローライフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/62883037

この記事へのトラックバック一覧です: 腹立たしい判決:

« 悪法もまた法なり | トップページ | 究極のスローライフ »