« オンライン国勢調査 | トップページ | 腹立たしい判決 »

2015年9月19日 (土)

悪法もまた法なり

 「悪法もまた法なり」・・・たとえ悪い法律であっても,法律として効力を持っている以上は守らなければならない という意味と理解しています。ソクラテスが言ったとか。

 悪法の成立によって世の中の終わりが来たかのようにメディアは大騒ぎをしていますが,一内閣の判断であっさり成立した法律であり,気に入らなければまた戻せばいいだけ。戻したいと考えている人は,戻すことを公約に掲げる政党が多数の議席を占めるように,次の選挙で投票すればいいだけです。

 憲法に違反する法律というのは悪法以下の法律だとは思いますが,集団的自衛権の行使に関しては,約1年前の閣議決定と,それを昨年12月の総選挙で公約に掲げた与党が圧勝したことから,民意に基づくものと言えます。「悪法もまた民意なり」ってことです。ただ,昨年12月の総選挙で当選した衆議院議員はともかく,今の参議院議員は全員,この閣議決定が出される以前に選ばれた人たち。この人たちの中で,この違憲法案に反対する与党議員が一人もいなかったというのは,正直ちょっとキモイと感じます。

 この法律は,日本を守るためというよりも米国のための法律であることは明白ですが(あくまで個人の意見です),まあ当面は米国の戦争に巻き込まれることはないでしょう。ただ,あの戦争大好きの米国です。この先何があるかわかりません。特に,次期大統領が誰になるかは不明ですが,大統領が替わった後はちょっと心配かも。

 この法律の成立によって,これから色んな訴訟が引き起こされることでしょう。政府はこの訴訟の嵐に耐えられるのか,注目したいところです。もっとも不幸なケースは,日本が米国の戦争に巻き込まれて自衛隊が戦闘行為を起こした結果,上官命令に従っただけの自衛隊員が殺人罪・傷害致死罪・器物損壊などで告発される可能性があるということでしょうか。何しろ違憲の法律に基づく行為なので,国内法に違反する行為に関しての訴訟は「何でもあり」でしょう。

 そうなる前に(できればアメリカ大統領が交替する前に),この法律は早く元に戻しておいた方がいいと思いますよ。

|

« オンライン国勢調査 | トップページ | 腹立たしい判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/62311114

この記事へのトラックバック一覧です: 悪法もまた法なり:

« オンライン国勢調査 | トップページ | 腹立たしい判決 »