« 新幹線事故 | トップページ | 白紙撤回 »

2015年7月14日 (火)

安保法案

 本日は,前回ちょっと触れかけた安保法案について。重苦しい問題なので気が進まないんですが,やはり少し触れておきたいので。

 この法案については,大多数の憲法学者が違憲と判断したものの,与党は「それはそれとして,必要だから」みたいな説明をしています。国会は唯一の立法機関であり国会議員は法律作成のプロなんだから,学者の意見よりも政治家の判断の方が正しいと信じているようです。けれど,米軍の駐留を合憲としたものの安保条約自体の憲法判断は行なわず,まして集団的自衛権に対して一切言及していない砂川事件の最高裁判決を根拠に,今回の安保法案を合憲と判断する与党の論理は,完全に破綻しているように思えます。

 さらに,内閣法制局長官OBや一部の最高裁判事OBも反対意見を述べており,おまけに自民党政治家のOBまでもが反対しており,現時点で賛成しているのは現職の与党国会議員と現職の内閣法制局長官と読売新聞だけ みたいな笑える状況になっています。いやホント,朝日だけでなく読売こそ僕は潰れてほしいと思っていますよ(あくまで個人の感想です)。

 この法案は今週にも委員会採決されるとのことで,最終的には成立するものと思われますが,この法律が施行されたとたんに多くの訴訟が起こされる可能性があります。憲法の規定により裁判所には違憲立法審査が認められているものの,現在の裁判所は法律が制定されただけでは合憲か違憲かの判断はしません(これはこれでおかしいと思いますが)。ただし,具体的な個別訴訟が起こされた場合には,裁判所は憲法判断をする可能性があります。

 安保法案成立後の具体的な民事訴訟としては,「違憲である海外派兵の費用は税支出としては無効」とか,「自衛隊員の家族の精神的苦痛」とか,「そもそも現在の選挙制度は違憲であり違憲状態で選ばれた国会議員による立法は無効」とか,色々考えられます。こういった訴訟が起こされるリスクを政府はどこまで認識しているんでしょうか。

 また,一内閣の解釈変更だけで集団的自衛権が認められるなら,内閣が替わっただけで解釈変更して簡単に戻すことも可能なわけで,簡単に戻されるリスクがある法案に,与党がなんでこんなパワーをかけるのかも理解できません。言い換えれば,今回の法案に反対している人は,次の選挙で反対している政党が多数を占めるように投票行動を起こせばいいだけなんです。

 そもそも,この集団的自衛権を認める考えは,約1年前に閣議決定されたものです。その後昨年12月の総選挙で与党が圧倒的多数の議席を獲得して支持されたのだから,集団的自衛権は民意に従っているという解釈が成り立ちます。もちろん,この件は昨年の総選挙での与党のマニフェストにきちんと書かれているべきであり,当然書かれているはずですが,残念ながら,僕は自民党や公明党のマニフェストは読んでいないし(読む気もしないし)確認していません。誰か教えていただけると助かります。

 要するに,マニフェストに記載されていたなら,与党は「憲法違反かも知れないが民意に従っている」と堂々と胸を張って言うべきだし,万一書かれていないなら,そんな法案を提出すること自体が言語道断であり,野党はまずそこを突くべきです。なのに,本件に関する今の報道を見ていると,与党の主張も野党の主張もメディアの報道も,ほとんどその点には触れておらず,ピントが外れまくっているような気がします。

 ちなみに,国を守る(自衛する)ことに関して僕が期待しているのは,大地震などの災害対策の他に,国内でのテロに対する対策や,外国からの領海・領空侵犯に対応することや,他国から日本にミサイルが撃たれた時に即座に撃墜することなどです。ところが残念なことに,もし北朝鮮から日本に向けて予告なしに突然ミサイルが発射されたような場合,国内に着弾する前に撃墜できるかは甚だ怪しいようです。これは現在の自衛隊の装備ではもちろん,駐日米軍基地があっても,今回の安保法案が成立した後でも変わりません。なんだか国防へのパワーのかけ方が根本的に間違っているような気がします。

 テロに対しても同様で,以前安倍総理が「イスラム国対策に対して経済的支援を行う」と明言した時点で,すでに日本国内でも「イスラム国」によるテロが起こるリスクは格段に高まっていると思います。それは安倍総理が悪いというわけではなく,安倍内閣を選んだ時点で国民全体が負うべき自己責任であると認識していますが,今もし新幹線や地下鉄の駅構内や車内でサリンがまかれるテロが発生したとしても防ぎようがないのが現実です。しかも,この状況は,たとえ安保法案が成立したとしても変わりません。

 それはともかく,多くの反対の声を押し切って,また訴訟のリスクや内閣交代後の変更リスクのある安保法案を,政府はなんでこんなに苦労してまで成立させたいのでしょう。結局はアメリカのためなんですよね。政府は口を開けば国際協調とか国際貢献とかいいますが,結局はアメリカとの協調でありアメリカへの貢献なんです。ところが,米軍のために広大な基地を提供し,米軍のために莫大な国費をかけても,北朝鮮から発車されたミサイルを打ち落とすことすらできない可能性があります。しかも,悲しいことに,日本の米軍への貢献が米国民に感謝されているわけではなく,逆に「アメリカはタダで日本を守っている。日本はずるい」程度にしか思っていない米国民は多いと聞きます。

 戦後の米国による占領時以降,これまでの保守政治家は,なんでみんな米国依存なんでしょう。日米安保に頼らず国内の米軍基地をすべて撤去し,防衛力を見直して自らで自国を守ろうという保守政治家がなんでいないのか,ほんと不思議です。

|

« 新幹線事故 | トップページ | 白紙撤回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/61884433

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案:

« 新幹線事故 | トップページ | 白紙撤回 »