« マニフェストの検証 | トップページ | 戦後70年談話 »

2015年7月28日 (火)

公職選挙法改正

 来夏の参院選から定数を「10増10減」する改正公職選挙法が本日成立しました。これにより,1票の格差は4.77倍から2.974倍に改善されるとか。この程度の格差改善だと,結局また選挙直後に違憲訴訟が噴出するんでしょうね。

 今回の改正により,鳥取県と島根県,徳島県と高知県が合区されることになりましたが,合区対象の自民党参議院議員が採決に抗議して退席したというのは,超わかりすぎる対応で笑えます。国会議員というのは,党の決定よりも自らの身分を守ることを第一に考えているということを,身をもって説明してくれたということですよね。

 棄権しようが反対しようが,どのみち成立する法律なんだから,ここは賛成しておいて党議に従えば「潔い!」という評価になるのに,あえて自分の保身を主張するというのは,正直すぎてかっこよすぎます。

 対案を提出した民主党や公明党も,どうせその案は否決されるのだから,格差2倍なんていう中途半端な提案をせずに,格差を1倍程度までに縮める提案をしておけば評価も高まったのにと思います。ほんと国会議員のやることはよく理解できません。

 そもそも,衆議院も参議院も,今の選挙制度は相対的支持率が第一党である自民党が圧倒的に有利で,格差が是正されたり選挙区が大きくなったりするほど第二党以下にも公平になるというのは周知の事実。民主党が政権を取っている間に,自民党政権下では絶対に実現できないような公平な制度にさっさと改正してしまえばよかったのにと思います。ほんと民主党の罪は深いです。

 いずれにしても,国会議員の身分に影響を与えるような公職選挙法の改正は国会議員自身では絶対にできないということを,今回合区対象となった自民党議員が証明してくれたわけで,公職選挙法は国会議員以外の別組織で決めるしかないということでしょう。

 1票の格差をなくし,かつ区割り変更などにより格差是正が一切不要となる選挙制度としては,比例代表制か大選挙区制しかありえないと僕は考えています。そもそも国会議員は国全体の代表であり,特定の地域の利益代表ではないはずです。

 ただ,そうは言っても,保守系の政党を中心に,どうしても地方(地元)とリンクさせたいという政党があるのは事実。その救済策として,全国単一またはブロック制の大選挙区制としながら,各政党が選挙区を自由に区割りできるような案にしてはどうでしょうか。広いエリアから票を集めたい政党は,広いエリアをその候補者の選挙区とし,各候補のエリアは狭くして多数の候補者を出したい政党は,市区町村単位等の狭いエリアに自由に区分けして候補者を出せばいい という制度。こんな選挙制度にすれば,1票の格差の問題も区割りの問題も,すべてきれいに解決すると思いますよ。

|

« マニフェストの検証 | トップページ | 戦後70年談話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/61976194

この記事へのトラックバック一覧です: 公職選挙法改正:

« マニフェストの検証 | トップページ | 戦後70年談話 »