« 2013年12月 | トップページ | 2015年6月 »

2014年1月19日 (日)

高値発注?

 1月9日の朝日新聞トップに出ていた記事。(抜粋)

【東電工事,なお高値発注 2~5倍の例も 専門家チーム調査】

 東京電力が発注する工事の価格が,福島第一原発事故の後も高止まりしていることが,東電が専門家に委託した調達委員会の調べでわかった。今年度の原発工事などで,実際にかかる費用の2~5倍の価格で発注しようとするなどの事例が多数見つかった。東電は新再建計画でコスト削減の徹底を進める方針だが,体質は依然として改まっていない。調達費用の高止まり分は電気料金に上乗せされ,利用者が負担している。
 ある発電所の工事では,実際の人件費が1日1人あたり1.5万円だったにもかかわらず,受注側の見積もりが3.1万円の例があった。東電から大手メーカー,子会社,下請け企業へと工事発注を繰り返し,各社が合計1.6万円を利益や手数料として確保した結果だ。実際には1日1.2万円の人件費でできる工事なのに,受注側の見積もりの4.9万円で契約しようとした事例もあった。
 こうした工事は東電の関連会社が担うことが多く,事実上の「地域独占」が続いてきた。今年度の配電工事は6割をグループ企業の関電工に発注。残りの4割は地域ごとに,東電と関係の深い「東京電力配電工事協力会」に所属する企業と随意契約していた。

Photo

Photo_2

 この記事を読んで「東電けしからん!」と思う人が多いのか少ないのかは不明ですが,僕の正直な感想は,「人件費が1日1人あたり1.5万円って,いったいいつの時代の話?」「1人1時間あたりの金額の間違い?」ってとこでしょうか。電力会社が発注する工事といっても多種多様で一概には言えませんが,普通に考えて「1日1人あたり1.5万円」というのは常識外に低い価格設定だと思います。

 ちなみに,国税庁が発表しているサラリーマンの平均年収は以下のとおり。
  2006(H18)年度:435万円
  2007(H19)年度:437万円
  2008(H20)年度:430万円
  2009(H21)年度:406万円
  2010(H22)年度:412万円
  2011(H23)年度:409万円
  2012(H24)年度:408万円

 一方,厚生労働省の調査によると,労働者の年間総実労働時間は以下のとおり。
  2006(H18)年度:1,842時間
  2007(H19)年度:1,850時間
  2008(H20)年度:1,836時間
  2009(H21)年度:1,768時間
  2010(H22)年度:1,798時間
  2011(H23)年度:1,747時間
  2012(H24)年度:1,765時間

 これらの数値から計算すると,1時間あたりの給与(賞与を含む)は以下となります。
  2006(H18)年度:2,362円
  2007(H19)年度:2,362円
  2008(H20)年度:2,343円
  2009(H21)年度:2,296円
  2010(H22)年度:2,291円
  2011(H23)年度:2,341円
  2012(H24)年度:2,312円

 つまり,ざっくり1時間あたり約2,300円。すなわち1日=8時間とすると1日あたりの給与は約18,400円ということになります。これは直接労働者に支払う賃金(賞与を含む)であり,雇用者側としては,これ以外に退職金の引当金や厚生年金・健康保険などの社会保険費用,福利厚生費などが必要。もちろん家賃や光熱費などの事務所経費や運営費も必要。さらに営業・経理・総務などの間接部門費や広告宣伝費なども必要。そして企業としては当然ある程度の利益を上乗せするでしょう。会社規模等によって異なるものの,これらを加味すると,普通に考えれば,1人1日あたりの給与の2~3倍かそれ以上の見積りになるのは当然です。

 工事業者としては,これらの費用はすべて工事の発注側に支払ってもらう必要があり,他に誰かが負担してくれるわけではありません。つまり,1日あたりの見積りが「3.1万円」とか「4.9万円」とかいうのは,決して高いとは言えず,極めて正当でリーズナブルな金額だと思います。

 記事によると,「東京電力調達委員会」というのは,実質国有化された東電が経営改革の一環として2012年11月に設置したもので,外部コンサルタントの委員で構成し,東電からもオブザーバーが参加。事務局は東電や政府の原子力損害賠償支援機構などから構成され,1件10億円以上の資材購入や工事発注について,調達先や金額をチェックしているとか。委員会にこれだけのメンバーがそろっていながら,工事に実際にかかるコストに対する認識が甘いのにはあきれます。

 また,「実際の費用が1.5万円/日なのに中間マージンが上乗せされて3.1万円/日の見積り」のように,中間業者が何もせずにピンハネしているかのような表現にも違和感を覚えます。元請業者は何もせずに利益を上乗せしているわけでなく,大規模工事に必要な施工管理を実施しているはず。もし元請が本当にピンハネしていると考えるなら,最初から工事を細切れにして三次・四次の下請業者に直接発注して支払額を下げればいいだけです。発注側にそれができる能力がないから比較的信頼できる元請メーカーに一括発注しているだけのことです。

 ということで,この新聞記事を書いたメディアも「東電調達委員会」なるメンバーも,工事コストの実態についてあまりわかってないなーという印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

高視聴率の謎

 みなさん,本年もよろしくお願いいたします。ブログは2回続けて堅めの話だったので,本日は,どうでもいいようなちょっと柔らかい話題を。

 この大晦日に放送された第64回NHK紅白歌合戦の視聴率が,関東地区で第1部(午後8時55分まで)が36.9%,第2部(午後9時以降)が44.5%で,両部ともに前回を上回り,第2部は6年連続で40%を超え,あのドラマ「半沢直樹」を上回って年間トップだったとか。(ビデオリサーチ発表)

 44.5%というのは驚異的な数字だと思うものの,僕はテレビの視聴率なんて古い時代の遺物と思っています。ネットや携帯や車載テレビなど,テレビ番組を見る形態は多様化しており,家庭用テレビで見る場合でも,リアルタイムで見たり録画してから見たりなど,人それぞれ。おまけにBS放送は対象外で視聴率調査の対象は地デジ番組のみ。家庭用テレビでリアルタイムで地デジを見ている人だけを対象とした視聴率調査結果は当然偏った地域と偏った年代層による集計結果であることが容易に推測でき,この数字に一喜一憂するのはほとんど意味ないし,視聴率の数字に関してはニュースに値するものではないと思います。

 受信料を支払っていない自分が言うのもなんですが,NHKには僕が好きな番組が多いものの嫌いな番組も多く,たとえば紅白歌合戦の終了後に放送される「ゆく年くる年」は大好きな番組の一つ。NHKスペシャルのようなドキュメンタリーものも大好きです。逆に紅白歌合戦は絶対に見ない(見たくない)番組の一つです。

 僕が紅白を見ない理由は,番組の目的が意味不明なこと。その年のヒット曲を集めたいのか,長年ヒット曲がない大御所の歌手の歌を披露したいのか,よくわかりません。そもそも,男女対向で争うというのがあまりにも時代錯誤。勝ち負けの判断基準もよくわからないし,結果が勝ったからどうってこともない。

 それにしても,紅白の裏番組となる民放各局の「やる気なさ」にはあきれます。まともに紅白に対抗しようとしているとはとても思えないような番組ばかりと感じます。それこそ,ドラマ「半沢直樹」のスペシャル版でも放送したら,紅白なんて軽く吹っ飛ぶかも知れないのに。つまり,裏番組のつまらなさによる消去法で紅白の高視聴率が達成できているのかなと思えます。その意味で,他局が本気を出した時の紅白の視聴率がどうなるのか,ちょっぴり興味がありますね。

 今回の紅白は,北島三郎さんの「最後の紅白」ということが話題になっていたようですが,これに意識的にぶつけたのか偶然なのかはわかりませんが,AKB48の大島優子さんが紅白の中で卒業発表したことに対して(事前にNHKの了解を取っていたらしいが),ネット上ではブーイングの嵐となっているみたいです。「北島三郎さんに失礼」「紅白の舞台を利用するのは許せない」「いったい何様?」みたいな。

 卒業発表といっても,単に「1年以内に辞める予定」と言っただけであり,別に驚くほどでもない話。このような話題に熱くなれるネットの世界って,ほんと面白いものです。(時間に余裕のある人が多いんでしょうか)

 僕のようなオヤジでも,AKBの歌はカラオケで何曲か歌えるし,一方,北島三郎さんの歌を僕はほとんど知らないし(知っているのは「函館の女」ぐらいか),そもそもカラオケでは演歌は歌いません。僕の場合,カラオケでは演歌よりもAKBの歌の方が確実に盛り上がります。僕にとっては,北島三郎さんよりもAKBの方が身近な音楽です。

 また,出す曲のほとんどがミリオンセラーになるAKBと,ヒット曲はないものの過去の実績と実力でコアなファンに支えられている北島三郎さんのようなベテラン歌手のどちらが音楽業界に貢献しているかは意見が分かれるところですが,僕の個人的意見としては,AKBの業界への貢献は絶大であり,この程度のことで北島三郎さんに失礼などとは全然思いません。

 いずれにしても,「その年のヒット歌手+ヒット曲のない大御所」という紅白の人選にはかなり無理があると思え,後進に道を譲るとして以降の紅白出場辞退を申し出た北島三郎さんは,オトナの対応をしているように感じます。さて,今年以降の紅白で北島三郎さんに続いて辞退宣言する大御所は出てくるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2015年6月 »