« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月26日 (日)

日本標準時

 東京都の猪瀬知事が,22日の政府の産業競争力会議で,日本の標準時を2時間早めることを提案したというニュース。東京の金融市場が始まるタイミングを世界で最も早くすることで,金融機関の拠点を日本に置く動きを促すのが目的らしく,政府は6月にまとめる成長戦略に盛り込む可能性があるとか。

 このニュースを聞いて,ほんとアホなことを考えるもんだと思いました。あり得ない提案です。東京都は,知事があの暴走老人から猪瀬氏に交代して少しはおとなしくなり,東京オリンピック招致の支持率が上がったのも知事が交代したおかげかと思っていましたが,この標準時変更の提案はどう考えても暴走気味です。

 標準時を2時間早めるということは,子午線を現在の東経135度から165度に変更するということですが,日本の最東端は東経153度の南鳥島。日本最東端よりはるか東の,領土として実態がない場所に子午線を移すなんてことがそもそも許されるんでしょうか?

 もし標準時が今より2時間早くなっても会社の就業開始時刻などが変わらなかった場合,真冬は真っ暗で超寒い時間帯から活動を開始することになり,人体への影響だけでなく省エネにも大きく逆行します。

 それもそのはずで,この提案の理由は省エネでも何でもなく「金融市場が始まる時間を世界で最も早くする」みたいな意味不明の理由で,わけがわかりません。そもそも金融市場というのは全世界的には24時間連続で動いており,どこが最初でどこが最後ということはありません。日替わり後の最初に市場が開いたからといっても,ほとんど意味がありません。

 しいていえば「週明け後の最初に市場が開く」程度の意味はありますが,その程度の目的でヘンなことを考えないで欲しい。百歩譲って,日替わり後の最初に金融市場が開くメリットが本当にあるなら,単に金融市場を開ける時刻を2時間早めればいいだけだと思うし,この際思い切って3時間早めれば子午線が東経180度相当になり文字どおり「世界で最初」になります。標準時は今のままで,単に金融市場を開始する時間だけを早めればいいだけじゃん! って思います。

 賢明な政府はこんなアホな案は一蹴するかと思ったら,「6月にまとめる成長戦略に盛り込むことを含めて検討に入る」と報じられていました。やれやれ。

 いずれにしても,標準時を変更することになったら,サマータイム制導入と同様に,日本中のあらゆるシステムの改変が必要となり,特に24時間連続で稼働しているインフラ関連システムへの影響は甚大で,2000年問題以上の大騒ぎになるのは必至です。政治家はなぜそういう影響を考えないのか不思議です。

 かつて,2000年問題に対応するため,2000年1月1日の0時に会社に詰めて,固唾を飲んで日替わりの瞬間を待ったのを思い出します。もうあの経験はしたくないので,もし標準時を変更するなら,僕が現役を引退してからにして欲しいと切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

大地震が起きたら

 最近,わが町の至る所で標高値が表示されるようになりました。これまで,自分の住んでいる場所の標高なんて意識したことなかったわけですが,家の近くの電柱に表示されていたのがこれ↓

Imgp1044

 海抜17mであることが判明。僕の家は海岸線から約1kmの所で,海からちょっと高い位置にあるため,少々の津波が来てもだいじょうぶだと思っていたし,実際に東日本大震災の時は全然影響なかった(津波被害があったのは海岸近くのごく一部だけ)ですが,海抜17mというのは思っていたよりも低く,驚きました。

 そして,家から400mぐらい離れた場所の交流センター(いわゆる公民館)に設置されていた看板がこれ↓

Imgp1036

 なんと,原発からたった6kmしか離れていないことが判明。もし大地震が発生して,仮に20mの大津波が来た場合,近くの原発は津波にやられて避難を余儀なくされるのは確実で,しかも家は津波に流されてしまう可能性が高い ということになります。あまり想像したくないけど,これが今住んでいる所の現実なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

懐かしい駅舎

 ゴールデンウィークは京都へ帰省してきましたが,この時に行った場所をもう1ヶ所紹介。多数の蒸気機関車が動態保存されていることで有名な「梅小路蒸気機関車館」です↓

http://www.mtm.or.jp/uslm/

 僕は蒸気機関車に特別興味があるわけではないし,少年時代にはすでに蒸気機関車は消えようとしていたし,特別懐かしいとも思いません。ただ,僕が生まれ育った家の最寄りの国鉄駅は山陰本線二条駅だったのですが,当時の駅舎がこの機関車館に1997年に移設・保存されているとのことで,ぜひ一度見ておきたいと思っていたものです。その駅舎がこれ↓

Imgp0869

Imgp0916

 この駅舎,1904年(明治37年)に建てられたというから,重要文化財なみの古さ。たしかに,僕の昔の記憶にあった駅舎です(もう少し大きかったイメージでしたが)。ちなみに,今のJR二条駅は下の写真。線路は高架化されてドーム状の木製の屋根でできています↓

Imgp0818

 なお,現在の梅小路蒸気機関車館は,蒸気機関車以外の車両を含めた新たな鉄道博物館として2016年春にリニューアルされることが決まっているらしいです。詳細はこちら↓

http://www.westjr.co.jp/press/article/2012/12/page_3027.html

 このサイトに掲載されているイラストによると,現在の蒸気機関車館はそのままで,その外側に新たな展示館が建設されるように見え,旧二条駅舎もそのまま残るようです。安心しました。

 せっかくなので,中の展示物も拝見↓

Imgp0886

Imgp0907

 さて,SLというのは車体が真っ黒。いっしょに撮影する風景との明暗差が大きく,写真を撮ると適正露出が得られないことがあります。たとえばこれ↓

Imgp0902
(F5.0,絞り優先オート)

 自動露出で撮ったんですが,中央部の黒い車体に引っ張られて明らかに風景が露出オーバー。露出補正機能を利用して露出を絞ればキレイに撮れるかも知れませんが,もっと便利なのがHDR(ハイ ダイナミック レンジ)という機能。これは,露出補正した写真を自動的に3枚撮影し,この3枚を用いて白とびも黒つぶれも少ない写真を自動で合成してくれる機能です。この機能を利用して撮影したのがこれ↓

Imgp0904
(F5.0,絞り優先オート+HDRオート)

 デジカメならではの機能ですが,フィルムカメラで同じことをやろうとすると気の遠くなるような手間が必要なわけで,撮影が下手な僕でもこの程度の写真が簡単に撮影できるデジカメって,ほんとお手軽で便利です。ちなみに,HDR撮影は複数枚の写真を合成するため,動いた被写体には適用できません。この写真の機関車は静止していますが,風向きがよく煙が後方に流れて動いているかのような写真になり,ラッキーでした。

 さて,機関車館へ来たついでに,同じ梅小路公園敷地内にある京都水族館も見学↓

http://www.kyoto-aquarium.com/

Imgp0796

 昨年年3月に開業された新しい水族館ですが,海のない京都市に水族館というのはどうも違和感あります。でも,見ているとそれなりに癒されるので,水族館は大好きです。

Imgp0812

Imgp0826

 僕の大好きな動物の一つ,ペンギンです↓

Imgp0819

 このペンギンが泳ぐシーンを水の下から見ることができます。まるで飛んでいるかのよう↓

Imgp0807

 周囲に海がないにもかかわらず,水族館でおなじみのイルカショーもしっかりあります。高速シャッターで撮影してイルカを止めてみました↓

Imgp0833

Imgp0868

 イルカショーに限らず,動物のショーって,一歩間違えば動物虐待になりかねない,けっこう微妙なものだと,僕はいつも感じます。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

新緑の京都

 5月のゴールデンウィークは10連休だったので,京都へ帰省して来ました。そして,自分んちの墓石の準備などをぼちぼち(ギャグか?)考えておく必要があり,墓石屋へ行って来ました。

 それはともかく,墓石店が紅葉の名所 東福寺の近くだったので,ついでに東福寺を見学したんですが,新緑の時期のモミジって超美しいものです。特に,天気のいい日に太陽光がモミジの葉を透き通る風景は最高です。

 ということで,撮ってきた写真をアップします。いずれも東福寺↓

Imgp0763

Imgp0777

 せっかくなので,紅葉の時期の写真と並べてみましょう↓

Imgp0739

Imgp0373
(2012年11月撮影)

 新緑のモミジの美しさに魅せられ,紅葉の名所 南禅寺と永観堂にも行って来ました。まずは南禅寺↓

Imgp0730

 そして,有名な赤レンガの水路閣。これも紅葉と対比で↓

Imgp0753

Imgp0810
(2007年11月撮影)

 こちらが永観堂↓

Imgp0784

Imgp0799_2

Imgp0809

Imgp0811

 池に映える紅葉も,対比で↓

Imgp0792 

Imgp0455 
(2012年11月撮影)

 紅葉の京都はいいけど,観光客が超満員で落ち着いて鑑賞できません。人が少なく季候のいいこの時期の京都は超オススメです。ぜひお出かけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »