« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月14日 (火)

銀行の窓口

 銀行の窓口・・・昔は行く機会が時々ありました。預金通帳がいっぱいになって更新する時とか,振込みをする時とか,税金の支払いとか。

 今は,預金の入出金履歴はネットで参照できるし,預金通帳は必要ありません。また,振込みはほとんどネットで済ますことができ,指定用紙での振込みが必要なケースでも,ほとんどがコンビニで実施できます。平日の9時から15時までしか開いていないという,超不便な銀行の窓口に出向く必要性はほとんどありません。

 銀行の窓口に行かざるを得ない数少ない機会は,一つは自動車税の納入。これは,都道府県によっては自動引落しが可能なようですが,僕の住む県では未だに自動引落しに対応していない(らしい)。忙しいサラリーマンが平日の15時までに銀行の窓口に行くというのはちょっと大変なので,なんとかして欲しいものです。

 そして,銀行の窓口に出向くもう一つの機会は,息子の学費の支払い。普通の大学だったら学費の口座引落しは当たり前ですが,「普通の大学」とはちょっと違う,規模の小さい学校に通っている我が家の場合は,毎年2回,所定の銀行口座へ振込む必要があるんです。

 もっとも,口座引落しの場合は届出印による銀行の承認が必要なわけで,届出印自体がないネット銀行では対応不可。その意味で,口座引落しというのは一時代昔のシステムと言えますが,それでも便利なものです。

 規模の小さな学校の学費が口座引落しに対応していないのはやむを得ないとしても,年2回の振込みがネットでできるなら何も問題ありません。しかし,この学校の場合,必ず所定の振込み用紙で金融機関から振込む必要があり,コンビニからの振込みは不可となっています。

 しかも,振込先口座が大手都市銀行2行のみのため,大都市圏に住む人以外は指定銀行以外の金融機関から振込む必要があり,振込み手数料が840円も必要。ネットだったら振込み手続きは24時間いつでも自宅から可能で,所要時間も1分程度。手数料も無料か格安です。貴重な平日の昼間を1時間もつぶしておまけに840円もの手数料を払わせるこのシステムって,今どきあり得ないと感じます。

 さらに許せないのは,この学校の場合,学費の請求書が学生本人でなく親宛に送られてくること。奨学金を受給しているのは親でなく学生本人であり,奨学金の口座を親が自由に触ることはできません。また,マネー・ローンダリング防止のため,銀行の窓口で本人以外の名前での振込みには規制があり,たとえ親でも自由に振込めないことを,学校関係者はご存じないのでしょうか? このため,親宛に送られてきた指定振込み用紙は,毎回わざわざ別居(下宿中)の息子に送り返す必要があるんです。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

メダルは何個?

 ロンドン五輪の女子バドミントンで,意識的に負けを狙ったとして4組8人が失格になったという話題がありました。「負けたい者どうしの試合」って,試合としてほとんど成立せず,見ていて面白すぎます。これらの選手の行為には賛否両論あったみたいですが,やはり「負けた方が有利」というケースが発生するリーグ・トーナメント方式自体に無理があるんだと思います。

 このニュースを聞いて僕が思い出したのは,クイズ番組「パネルクイズ・アタック25」。この番組は,「回答者誰もが答えたら不利になる」という局面が必ず発生する欠陥クイズ番組なんですが(詳細はこちら),「誰も答えずに番組が進まない」ということは過去に発生していません。たぶん,日本人独特の優しさにより,番組制作者が困らないように番組進行に協力して回答してくれる回答者が多数いるからなんでしょう。でも,スポーツ大会の出場者にこのような「優しさ」を期待するのは無理があるのではないでしょうか。

 さて,ロンドン五輪は日本選手の連日のメダルラッシュにマスコミは大はしゃぎ。それはそれでいいとして,「国別メダル獲得数」を数えて国家間の優劣を争うような報道はいい加減にやめて欲しいものです。参加者数が多い国が多くメダルを獲得できるのは当たり前。たとえば「年間の死亡者数ワースト一位は中国!」と聞いても,人口の多い国が死亡者数も多いのは当たり前なので,誰も驚かないでしょう。それと同じで,メダルの個数比較は,絶対数でなく「参加者に対するメダル獲得数の割合」みたいな指標で比較するのが正しい評価だと思いますよ。

 団体競技では,チーム全体で獲得できるメダルは最大でも「1個」とメディアは数えています(実際には選手数に応じてたくさん授与されるのに)。これに対して,水泳や陸上や体操のように,一人で複数個のメダル獲得が可能な競技や,階級や種目毎に多数のメダルが授与される競技もあり,これらをひっくるめて単純合計してメダルの個数を数えること自体,まったく無意味。重みの全然違うものを足し算してどうするねん!って思います。「日本はメダルを何個取れるか?」みたいなことを平気で報道しているメディアのレベルは低すぎると僕は思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »