« 国籍変更 | トップページ | 食べ方って難しい »

2012年7月17日 (火)

面白すぎる原発の話題

 ここ2,3日の関東地方は超蒸し暑く,昼間は冷房なしではとても生活できません。電力不足が心配になるところですが,東電管内は原発が全台停止しているにもかかわらず夏季の電力に比較的余裕があり,大飯原発の再稼働を決めた関西電力が最も電力不足という皮肉な状況。要するに,原発の稼働とエネルギーの逼迫問題は必ずしもリンクしていないということですね。

 日本国内でたった1箇所しか稼働していない原発が「大飯(多い)原発」というのは微妙な名前ですが,国内には「泊(止まり)原発」とか「玄海(限界)原発」とか「東海(倒壊)原発」とか,危なっかしい名前の原発が多くて超心配です(笑)

 さて,最近何かとお騒がせ中の原発意見聴取会。この聴取会は,2030年にどれだけ原発に依存するかといったエネルギー政策について国民の声を聞くもので,8月4日までに全国11ヶ所で開かれ,政府はこれらの意見を参考に,8月末までに新しいエネルギー政策を決めるとか↓

Photo
 (朝日新聞デジタル版より)

 この聴取会は,2030年の原発依存度を「0%」「15%」「20~25%」とする三つの選択肢を用意し,それぞれを支持する3人ずつ計9人が意見を述べるもので,意見表明は希望者から無作為抽出されるそうです。たとえば,16日に開かれた名古屋の場合,応募者352人のうち161人が意見表明を希望し,0%支持は106人,15%支持は18人,20~25%支持は37人だったとか。ちなみに,福島第一原発事故前の原発の割合は26%だったそうです。

 電力会社の社員の人がこの聴取会で意見(もちろん「20~25%支持」)を述べたことに批判が集まっているみたいですが,「無作為抽出」ということを信じるなら,これを一つの意見として述べるのは何ら問題ないと思います。

 それよりも,この三つの選択肢が面白すぎます。そもそも,なんで「2030年」なのか。国内のほとんどすべての原発が停止し,再稼働すべきかどうかが議論されている今,脱原発派は当然「今すぐ0%」を求めるでしょう。逆に,原発推進派は「早く震災前の稼働状態に」と考えるし,さらに「将来は原発依存度をさらに拡大」と考えている人もいるでしょう。

 今から18年後の2030年にどうあるべきかの意見を一般人に求めるのは酷だと思うし,「廃止」「現状維持」「拡大」の三択ならともかく,「0%」「15%」「20~25%」という限定的な数字はいったいなんやねん! って思います。なんで最大が25%なのかも意味不明。震災前の依存度が26%だったのを受けてのことなら,2030年に向けて「拡大すべき」という意見を無視していることになり,それはそれでおかしいと思います。

 まあ,少人数の国民の意見を聞いて,この意見を政府が本気で政策に反映しようと考えていないのは明らかなので,この意見聴取会のことをあんまり真剣に議論しても意味ないとは思いますが。

 ちなみに,もし僕が原発を推進する政府の立場だったら,「0%」「15%」「20~25%」といった意味不明の選択肢にはせず,等間隔で0%から10%きざみで100%までの11個の選択肢を用意して,各選択肢から一人ずつ計11人の意見を聞き,「やっぱり原発推進派が大多数じゃん!」という結論に無理やり持って行くかも。

 過去の原発関連ブログは こちら

|

« 国籍変更 | トップページ | 食べ方って難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/55219049

この記事へのトラックバック一覧です: 面白すぎる原発の話題:

« 国籍変更 | トップページ | 食べ方って難しい »