« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月20日 (水)

不思議な放送法

 去年から今年にかけての約1年間,長期出張で富山県に住んでいました(今は茨城に戻っています)。この間,会社が契約した家具付きマンスリー住宅に住んでいたんですが,NHKの受信料支払いに関して一悶着あったので,ちょっと書いておきます。

 現在の放送法64条(旧32条)には「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は,協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」とあるため,家具付き賃貸住宅でテレビ付きの場合には,住宅供給会社に受信契約義務があるということになります。

 ところが,僕が住んでいたアパートの場合は,賃貸契約書の中に「NHK受信料は居住者が支払うこと」と書かれており,これは明らかに放送法を逸脱。住宅供給会社はNHKとの受信契約を回避して居住者に押し付けているのが実情です。家具付き住宅の供給会社がすべてそうなのかは知りませんが。

 ある日,僕の住んでいたアパートにNHKの集金人が訪れ,この賃貸契約書(ホームページに掲載されていたサンプル)を見せて受信契約を迫ってきました。そこで,「これって本物の契約書ではなく,僕(の会社)と住宅会社との契約書ではないし,本物の賃貸契約書にどう書かれているかをNHKに開示しているわけではないので無意味!」と反論しましたが,この集金人さんは相当アタマが悪いらしく,僕の説明が理解できなかったようです。

 そもそも,法律で規定された契約義務者が,別の第三者にその義務を負わせる契約を結んだ場合に,その当事者間の契約の効力がNHKにまで及ぶという考え方はおかしいんではないでしょうか。これが通じるなら,たとえば僕が自宅にテレビを設置し,その受信契約義務を外国に住むAさんが負うような契約を僕とAさんの間で結べば,NHKは「はい,わかりました」と言って外国に住むAさんの所へ受信契約依頼に行ってくれるということになり,それはおかしすぎます。家具付き賃貸住宅で居住者に受信契約を迫るというのは,これと同じぐらいヘンなことだと思いますよ。

 それにしても,受信設備を設置した者に契約義務を定めた放送法というのは欠陥と感じます。とにかく「設置した者」っていう表現が曖昧すぎます。テレビを買った時に,家に運んで設置してくれたのが電気店の人だったら,その店員さんが「設置した者」なんでしょうか。また,家を引っ越した時に引っ越し業者がテレビを設置してくれたら,その引っ越し業者の人が「設置した者」なんでしょうか。

 それは言い過ぎとして,「テレビを購入した人」と解釈するのが自然でしょう。そうなると,たとえばアパートに下宿中の学生に親がテレビを買って下宿先に設置したような場合は,親が「設置した者」であり,受信契約義務は当然親が負うということですよね。下宿中の学生さんで,もしNHKに受信契約を迫られて困っている人がいたら,「私自身が設置したわけではないので放送法64条に基づく受信契約義務はない」と言って断ってみたらどうでしょうか。「じゃあ,誰が設置したの?」と聞かれても答える義務はないでしょう。それを自力で調べるのはNHKの仕事です。

 このケースと同様に,他人からテレビをプレゼントされたような場合には,プレゼントしてくれた人が受信契約義務を負うと解釈するのが自然でしょう。過去のブログに何度か書いているので詳細は省略しますが,受信料制度というのは非常に理不尽な制度です。そこで,この「プレゼント」という手段を上手く利用すれば,理不尽な受信契約を合法的に回避することが可能かも知れません(お金持ちの親に買ってもらうとか)。なお,贈与税の基礎控除は年間110万円なので,通常の大きさのテレビ1台ぐらいは贈与税の課税対象にはなりません。

 ということで,放送法64条の「設置した者が受信契約」というのは,NHKにとっては致命的な欠陥表現だと思います。この法律が制定された1950年に考えが及ばなかったのは止む無しとして,この文言がこれまで改正されなかったのは不思議です。もっとも,仮に「視聴する人が受信契約」としても,それはそれで無理なケースが多々あり,やはり放送法自体に無理があると言わざるを得ません。視聴したい人の自由意思で料金を支払うというのが自然だと思います。ディジタル化に伴って容易に個別にスクランブルをかけることが可能になっているのに,なんで「健全で明朗な有料化」を導入しないのか,不思議でなりません。

 なお,僕は法律の専門家ではないので,僕の法解釈はすべて素人判断によるものです。ご指摘やご助言があれば,ぜひお願いします。

過去の受信料関連ブログ:
  NHK受信料(2005年12月23日)
  受信料は必要?(2006年6月16日)
  受信料未払い訴訟(2010年3月21日)
  アナログ放送終了(2011年7月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

世界を歩かずに考えてみた!

 人気ブロガー ちきりんさんの最新の著作「世界を歩いて考えよう!」の書評コンテストが行われています(詳細は こちらのブログ)。で,せっかくなので,僕も応募してみようと思ってこのブログを書きました。ただ,「書評」っていうのも恐れ多いので,僕のブログはあくまで「読書感想文」ってことで。

Photo

 さて,僕は中国に行ったことがありますが,中国の大都会は表と裏とのギャップが大きく,表通りに近代的なビルが並んでいても,一歩裏通りへ入ると古い住宅がひしめいていて,まるで昭和30年代の日本にタイムスリップしたような感覚を覚えます。また,近年中国はクルマが急激に増え,街を歩くと明らかにクルマ優先社会になっているし,公害問題などを見ても,中国はかつて日本が歩んできた道を後追いしているなと感じます。

 そして,この本には書かれていませんが(ちきりんさんも訪れたことはないみたい)北朝鮮。思ったことを自由に発言できず,民衆が飢餓に苦しんでいても軍事に巨額の費用をかけるとんでもない国。しかも国の統治者が世襲で決まってしまうという異常な国ですが,これって,かつての(戦時中の)日本を彷彿させます(といっても僕が生れるよりも前の話ですが)。

 韓国もまた,いろんな意味で日本がかつて通った道を歩んでいると感じる人が多いようです。ちきりんさんの本にも「韓国へのタイムトリップ旅行」と題して,10年前に韓国へ訪れた際,「韓国での徹底した日本製品の排除ぶりを見て『これこそが日本が歩んできた道』と感じた」と書かれています。アジアの近隣諸国の多くは日本と同じ道を歩んでいるということでしょうか。

 そして今,日本よりも過激に変化してきた韓国を見て,ちきりんさんは「10年後,20年後に日本を訪れた韓国人が,こんどは『韓国も昔はこうだった!』と感じるのではないか」と述べ,「既に韓国に追い越された日本人が韓国を旅行して日本の未来の姿を見ることができる。これは決して哀しいことではなく,むしろ楽しいこと」と書かれています。なるほど納得です。凡人の僕は,韓国が日本の後追いをしていると感じても,韓国に日本の未来を見ることになりそうという発想はできませんでした。

 この本は,北極と南極以外の全世界を踏破したのではないかと思えるぐらい多くの地域を訪れたちきりんさんの豊富な経験がリアルに表現されていて,読む人は海外旅行の疑似体験ができるとともに,ちきりんさんのひと味違った考え方が随所に書かれていて,その感性に驚かされることがたくさんあります。また,最後の章の「旅をより楽しむために」には,旅先でのトラブル対処法など,ちきりんさんの経験に基づく旅のノウハウがいくつか掲載されていて,ちょっぴり実用的な本とも言えるかも知れません。

 この本を読んで,世界のあちこちを歩いて旅してみたくなったという人も多いと思いますが,僕の場合はまったく逆。日本の素晴らしさを再認識でき,僕に語学力と経済力がないことも相まって,リスクの高い外国旅行はしたくないなとますます思うようになりました。世界の観光名所を巡るだけなら,僕は「東武ワールドスクエア」に行くだけで十分です。

 日本という国は,特に政治のレベルが低いと僕は感じています。政府は相変わらず特定の利益者の代表であり,米国には頭が上がらず独立国家の体をなしていないと感じます。また,先日,エジプトの最高憲法裁判所が「選挙制度の一部が法の下の平等に反しており違憲で,議会の当選は無効」とする判決を出しましたが,このエジプトの判決の是非はともかく,たとえ違憲であっても「選挙無効」という単純明快な判決を出す勇気と度量を持たない日本の裁判所は,諸外国に比べてレベルが低すぎると感じます。

 このように,政治の面で僕はこの国に絶望していますが,それでも日本は大好きな国です。ちきりんさんも書かれているように,とにかく日本は清潔で衛生的。食べ物は安全で美味しいし,水道の蛇口をひねるとタダ同然で飲める水がふんだんに出るというのは幸せです。

 最近,某国の「公衆トイレのハエは2匹まで!」というニュースには笑わせてもらいましたが,日本の都会ではハエすら見ることがめったにありません。そして,日本のホテルやデパートのトイレはキレイで,必ずウォシュレットがあるし(これは僕にとっては超重要)。

 飼い主のマナーがいいからか,日本の都会では路上に犬の糞なんかめったに落ちていません。路上に動物の糞が散乱している国も多く,これが雨水に溶けて流れるのならまだいい方で,乾燥している地域だと,路上の糞は乾燥して粉々になって空中に飛散してしまいます。衛生的な環境で育った日本人だったら,この空気を吸っただけでお腹を壊しそうです。やはり日本は空気もキレイで衛生的だと僕は感じます。

 さらに,日本はサービスのレベルが高くて快適。列車は当たり前のようにダイヤどおりに発車・到着するし,飛行機で預けた手荷物はほぼ100%返ってくるし,コンビニのレジは,客が2人以上並んでいたらすぐに店員が飛んできてレジを開けてくれます。かつては評判の悪かった公務員の窓口対応も,最近は非常に良くなっていると感じます。まして,入れ墨を見せて住民を威嚇するような公務員は絶対にいません(笑)

 そして何よりも,治安がいいのはありがたいです。あれだけの大災害があっても,暴動一つ起きないのは,諸外国と比べたら驚異的と言えるでしょう。列車の座席に荷物を置いたまま席を離れても安心だし,ホテルの部屋に貴重品を残して外出しても盗難に遭うことはまずありません。僕が外国へ行った時は,ホテルの部屋の貴重品ボックスすら信用できなくて,貴著品は常に持ち歩いていました(心配しすぎ?)。

 さて,ちきりんさんは今や超有名なブロガーですが,本名や素顔を隠して出版したり講演会に出席したりするなど,とてもミステリアスな存在。素顔を出さないままこれだけ著名になるというのは極めて珍しいケースでしょう。もっとも,ご本人が意識的に隠しているというよりは,成り行き上こうなってしまって今さら公開できないのかなと想像していますが。

 ちきりんさんの素顔がお披露目される日がいずれ来るのか興味津々ですが,なんと,この本の中に,ちきりんさんの全身写真(ただし遠目)がワンカットだけ収録されています。ファンの方は必見です。是非お買い求め下さい(ネットで購入される方は ご本人のブログからどうぞ)。

 実像が隠されてきたためか,驚くべきことに,ちきりんさんを男性だと信じている読者が多いみたいです。いまだにちきりんさんを男性だと信じている方は,ぜひこの本の写真を見て確かめて下さい。真実が明らかにされますよ。ん? 着衣の写真なのでわからんって? 実はやっぱり男性だったのでしょうか。う~~ん,ミステリアス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

規制が多すぎ

 最近何かとお騒がせのスカイマークが,乗客向けの文書で「機内での苦情は一切受け付けません」と明記し,不満があれば「スカイマークのお客様相談センター」か「消費生活センター」に連絡するように記載していたことが物議を醸し,消費生活センターや消費者庁の抗議を受けて同社が謝罪して文書を回収したと報じられていました。

 何かの商品を買うと,その商品のパッケージに会社の苦情受け付け窓口の連絡先が書かれていますよね。これって,商品に対する苦情を消費生活センターや保健所(食品の場合)などの公的機関に連絡されたら,会社としては後処理が大変で何かと面倒なため,これを避けるために自社の苦情受付窓口を必ず設けているのかなと,僕は思っていました。

 その意味で,自社サービスに関する苦情をわざわざ公的機関に振るというのはとても勇気がいることで,このニュースはかえって好感が持てましたね。

 この乗客向け文書は,「機内での苦情お断り」だけでなく,他の項目もめっちゃ面白いです↓

Photo
 (朝日新聞Webより)

 「荷物の収納を手伝わない」「服装は自由」程度はいいとしても,「従来の航空会社のような丁寧な言葉遣いはしないかも」には笑えます。この文書には賛否両論あるようですが,「この程度は当たり前」みたいな国も多数あるわけで,わざわざ断っている点はむしろ良心的かも知れませんね。この文書がニュースになるというのは,サービス品質の高い日本ならではということでしょう。

 ちなみに,僕が航空会社に望むのは,「正確なダイヤ」と「最低限の安全確保」と,そして何よりも「預けた手荷物が確実に返ってくること」です。その意味で,スカイマークの文書に「お預かりした手荷物が返却できない可能性があります」みたいなことが書かれてなかったのには安心しました。

 僕は,航空会社の機内サービスは過剰といつも感じているし,特に個人負担で飛行機に乗る場合には,過剰なサービスよりも価格が安い方がありがたいです。そもそも,客室乗務員はドアの開閉をして非常時の対応ができる人が機内に一人程度いれば十分で,現在の乗務員数は不必要に多すぎると感じます。

 路線バスはほとんどワンマンカーだし,都会の満員の通勤電車でさえ運転士と車掌が一人ずつしか乗務していません。他の交通機関と比較して,航空機の乗務員はどう考えても多すぎると言えます。おそらくこれは,安全面を考慮した多くの法規制がかけられているんだろうと想像しますが。

 運賃が高くてもいいので十分なサービスを受けたいという人もいれば,余計なサービスや過剰な安全策は要らないのでなるべく運賃を安くして欲しいという人もいるわけで,法的規制をもっと緩めて,乗客が自己責任で航空会社を決める選択肢がもっとあっていいのにと思います。

 5月に関越自動車道で乗客7人が死亡する高速バス事故がありましたが,このバス会社の社長は,運輸局に36の法令違反を指摘されたことを明らかにした上で,「このうちの約20については認識していた」と説明していたとか。

 このバス事故は「かつての規制緩和政策の弊害」のように報じられていますが,安全に関わる重要な法令を故意に違反していたのなら許せないと思う反面,バス会社の社長が違反を認識できないような規制が多数あるというのは,どうでもいい規制をかけすぎている可能性もあります。

 このバス事故をきっかけに「国や自治体がもっと厳しく取り締まるべき」と言う人もいますが,逆に僕は無意味な法規制がまだまだ多すぎるのではないかと思います。国や自治体は,民間業者を法規制でがんじがらめにするのではなく,経営者や消費者をもっとオトナ扱いしてもいいんではないでしょうか。

 過去の関連ブログ:それでも過剰(2010年6月24日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

巨人の星

 アニメ「巨人の星」は,知る人ぞ知る,1960年代後半から1970年代にかけてテレビ放映されたスポ魂アニメです。なんたって,善良で無垢な少年少女をかなりの高確率で巨人ファンにしてしまうという,とても恐ろしい番組だったんです↓

Aaa051

 かくいう僕も,子供の頃はこのアニメ(&漫画)にけっこうハマったものです。最近,この「巨人の星」の主人公の星一家が,ケータイauのCMに出ていて,これがけっこう笑えます↓

Aaa055

Aaa095

Aaa098

 特に,家に固定電話すらなかった星親子がスマホを手にしているシーンは爆笑です。

 さて,この「巨人の星」,日テレ系のCS放送でただいま再放映中。懐かしくって毎回録画して見ていますが,当時夢中になったこのアニメも,今見るとやはり突っ込みどころが満載。たとえば,第16回の「早すぎた登板」と第17回の「宿命の対決」の一部を紹介しましょう↓

Aaa052

 いきなりですが,「登ばん」のルビが間違ってます。「とおばん」じゃなくて「とうばん」が正解です。よい子の皆さんは間違えないように気をつけましょう!

 この「早すぎた登板」は,父親に仕込まれた剛速球投手・星飛雄馬(「ひゅうま」で変換できませんでした)が,青雲高校に入学して初めての公式戦で天才バッター花形満と対戦するもの。新入部員で補欠選手の星飛雄馬が,花形満と対戦したいために「キャプテンの小宮投手を降板させて自分に交代させろ」と監督にダダをこねます・・・おいおいおい! これってあり得ないです↓

Aaa060

Aaa064

 試合が劣勢のため,伴PTA会長も「何とかしろ!」と監督を電話で恫喝↓

Aaa083

 このPTA会長の恫喝もあってか,星投手の初登板が実現します。ところで,この伴PTA会長は,星飛雄馬の相手捕手である伴宙太の父親なんですが,野球部とは直接関係ないくせに常に野球部に口出しして野球部をかき回すうっとうしい存在。これって,読売新聞社のある人を彷彿させて笑えます。

 さて,この試合で花形満を偵察に来ていたのが熊本の左門豊作↓

Aaa075

 偵察メモを書くのはいいけど,このメモが誤字だらけ。たとえばこれ↓

Aaa059

 「うわさどうり」でなく,正しい表記は「うわさどおり」です。よい子の皆さん,気をつけましょう。そして,僕が見つけた誤字がもう一つ↓

Aaa066

 星飛雄馬を初めて見た感想が「おそるべき選手がかくれいた」だと。1文字抜けてますよ。アニメの制作者は気がつけよ!って思います。

 それはともかく,いよいよ星飛雄馬と花形満の初めての対決が実現。結果はいかに?

Aaa070

 この二人の初対戦は,「ヘボキャッチャー」と花形にバカにされた伴捕手が怒って,故意に打撃妨害するという結果に↓

Aaa078

 このため,この勝負の結果はお預けで,花形は一塁に出塁。そして,花形は一塁を回ったところで急に二塁へ走り出して進塁するという行為に↓

Aaa080

Aaa081

 この結果,花形は二塁でセーフになりますが,これってヘンです。打撃妨害になった時点でボールデッド(プレーが中断した状態)となり,自由に進塁できないというのが本来の野球ルールです。

 この他にも,ルールの解釈間違いがあります。たとえば第24回「謎のへそ作戦」で,星一徹が青雲高校野球部の監督を務め,レギュラーメンバーと補欠メンバーで紅白戦をするシーン。補欠チームの伴宙太がホームランを打ち,星飛雄馬と話しながらホームに生還。伴はホームベースを踏み忘れます↓

Aaa089

 これを見たレギュラーチームの星監督が,戻ってきたボールを伴に渡せと指示↓

Aaa091

 捕手が伴にボールを渡した瞬間「タッチアウト!」のコール↓

Aaa093

Aaa094

 これもヘンです。ホームランでベースを踏まなかった場合は確かにアウトですが,返って来たボールを選手にタッチしてもダメです(ていうか,生還した選手がベンチに入ってしまったらどうすんねん!)。正しくは,プレー再開後にボールを持ってそのベースにタッチして審判にアピールすることでアウト(ホームランの無効)が成立します。実際に,かの長嶋茂雄氏が現役時代にこのポカをやってしまったことが有名です。それにしても,このアニメ(漫画)の原作者は,野球のルールを知らなさすぎます。

 まあ,細かい突っ込みはさておき,このアニメ,懐かしくって思い出が深く,僕としてはけっこう楽しめます。また,頑固な星一徹は今見るとなんとなくかっこよく,幼い飛雄馬をだんだんオトナに育てていく表現はそれなりに良くできているなと感じます。CSでの再放送はしばらく続くので,当分楽しめそうです。それに,今は分別あるオトナなので,このアニメを見て巨人ファンになってしまうような心配もないので(笑)

 なお,セリフが消されていて無音になるシーンが時々あり,なんて言っているのか気になってしようがなかったのでネットで調べたところ,どうやら「日雇い人夫」という表現が日雇労務者に対する差別用語としてカットされているようです。でも,星一徹を表現する上で「日雇い人夫」を消したら作品として成立しないような気がするので,ちょっとやりすぎではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »