« アイドリングストップ車 | トップページ | 今年もよろしく! »

2011年11月 9日 (水)

TPP

 TPP(Trans-Pacific Partnership),日本語では「環太平洋戦略的経済連携協定」って言うらしいけど(長すぎ!),参加すべきか参加すべきでないのか,僕にはよくわかりません。政府の試算でも,内閣府や経産省は参加すればGDPが増加して雇用も拡大すると言っているけど,農水省はまったく逆の評価。そもそも参加したところでルールが何も決まっていないのに,試算の根拠がまったく不透明で無意味。結局はそれぞれの立場で自分たちに有利な試算をしているだけでしょう。

 ただ,基本的な考えとして,今の日本のような鎖国的な産業政策がいつまでも続けられると考えるのは相当無理があり,貿易の自由化や規制緩和はいずれ避けて通れない問題でしょう。このため「蚊帳の外にならないうちにルール作りに参加すべき」という主張には一理あると思います。

 ただ,経団連などの産業界が参加に賛成しているといっても,どこまで深く考えて賛成なのか怪しいものです。たとえば公共事業のように,外国企業がまったく参加できずに国内企業が必要以上に保護されている実態には目をつむり,目先の利益のことしか考えていないように思えます。

 日本政府は参加する方向の結論を出すみたいですが,世界的視野に立って将来を見据えた上での結論とはとても思えない。悲しいことに,結局はアメリカから要請されたから参加すると言っているだけにしか見えません。アメリカに言われて参加するんだったら,タダで参加するのではなく,たとえば沖縄の米軍基地を県外に移転してもらうような話をするとか(単なる僕の思いつきですが),上手く交渉に利用すればいいのにって思います。まあ,そんな気の利いたことが日本政府にできるわけありませんが。

 それにしても,政府が参加に前向きなのに対して,民主党や自民党は党を二分する争い。そして,保守的(?)な共産党や社民党は一致団結して反対を表明・・・この構図って,なんだか既視感を覚えます。そう,あの郵政民営化問題です。自由化・規制緩和と通じるところもあるしね。ということは,かの小泉元首相みたいに「TPP参加の信を問う!」として解散総選挙に突入?・・・なわけないですよね。

|

« アイドリングストップ車 | トップページ | 今年もよろしく! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/53204810

この記事へのトラックバック一覧です: TPP:

« アイドリングストップ車 | トップページ | 今年もよろしく! »