« 資格取得 | トップページ | TPP »

2011年10月24日 (月)

アイドリングストップ車

 最近はガソリン車の燃費が大幅に向上し,ハイブリッド車に迫る勢いとか。特に,クルマを停止すると自動的にエンジンが停止するアイドリングストップ車が燃費向上に大きく寄与しているらしいです。

 信号待ちなどで,5秒以上停止する場合はエンジンをストップした方が燃費は向上すると言われています。でも,積極的に手動でエンジンを止める人ってほとんどいないでしょう。頻繁にエンジンを始動させるとバッテリー上がりが心配だし,ライトが点灯したりワイパーが動いたりしている時にエンジンを止めるのは不安だし,夏の暑い日などにエアコンは止めたくないし・・・ということで,自動でアイドリングが止まるクルマって「余計なお世話」という先入観がありました。そんな折,先日クルマを車検に出した際,代車として借りたのがたまたまアイドリングストップ車だったので,これを体験することができました。

 乗ってみた結果,「意外に良かった」というのが正直な感想です。このクルマ,信号待ちなどで停止すると,そのまますっとエンストしてしまうわけで,慣れるまではちょっと違和感がありますが,慣れると気にならなくなります。ただ,交差点の真ん中で右折待ちしている時にエンジンが止まってしまうのには,ちょっとビビリますが。

 アイドリングストップ状態から自動でエンジンが始動するタイミングも,違和感なくて良かったです。発進時にはブレーキを踏んでいた右足をアクセルに移すわけですが,足をブレーキから離すと瞬時にエンジンが始動するので,即座に発進できます。また,もし停止中にギアをニュートラルに入れていた場合には,ブレーキを離す前であっても,ギアをドライブに入れた瞬間にエンジンが始動します。車載コンピュータは,いろんな運転パターンを熟知してエンジンを自動始動していると言えます。

 信号待ちなどではギアをニュートラルに戻す人が多いと思いますが,アイドリングが自動で停止するならニュートラルに戻す必要性はないということですね。それに,後方から追突された場合の安全性を考えると,ニュートラルで待つよりもドライブで待つ方が,追突されても前方へ滑り出しにくいので安全かなと思っています。

 ということで,このアイドリングストップ車は「けっこう使える」という印象でした。ただ,体験したのはエアコンをあまり使わない10月なので,エアコンが必要な真夏でも本当に使えるものなのかは不明です。

 ところで,クルマの説明書を見ると,アイドリングストップが解除される条件として,先ほど書いたブレーキ操作やシフト操作以外に「バッテリー容量が低い時」などもあり,バッテリー上がりの心配はなさそうです。また,理由はわからないけど「標高2000m以上の時」なんてのもあり,解除条件は合計で22ケース。かなり複雑なロジックが組み込まれているようですが,ソフトのバグで突然エンストしたり暴走したりする恐れはないんでしょうか。コンピュータを搭載した最近のクルマって,高機能すぎてちょっと心配です。

|

« 資格取得 | トップページ | TPP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/53075306

この記事へのトラックバック一覧です: アイドリングストップ車:

« 資格取得 | トップページ | TPP »