« 不思議な習性 | トップページ | 台風襲来! »

2011年9月18日 (日)

山本作兵衛

 山本作兵衛・・・ほんの1年前まで,この人の名前はまったく知りませんでした。今年の5月に日本で初めてユネスコから「世界記憶遺産」登録を受けて一躍有名になった人ですが,その炭鉱画は一目見ただけで強烈な印象が残ります↓

Photo

 この山本作兵衛さんの画文集「炭鉱(ヤマ)に生きる」が7月に出版されていたので,最近買って読みました↓

新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録

 ちょうど,本日(9月18日)NHK・Eテレの「日曜美術館」でこの山本作兵衛さんの絵が紹介されていました。昔「NHK教育テレビ」と言われていたチャンネルを今は「Eテレ」と呼ぶみたいですが,この呼び方はめっちゃ気に入らない。なんたって,縦に線を一本追加したら「日テレ」になってしまうもん!(笑)

 それはともかく,日曜美術館で紹介されていた内容はゆるすぎます。この本に書かれていた内容はもっと生々しく強烈です。私製紙幣による賃金支給,泥水のような浴場,リンチによる見せしめ,坑内での死の恐怖 など,現代人の想像を遙かに絶する壮絶な世界です。ちょうど,脱北者の手記などで垣間見る「あの国」の生活を彷彿させます。これが日本の近代の経済成長を支えてきた石炭産業の実態なんですよね。

|

« 不思議な習性 | トップページ | 台風襲来! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/52766433

この記事へのトラックバック一覧です: 山本作兵衛:

« 不思議な習性 | トップページ | 台風襲来! »