« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

モノを持つリスク

 僕はこれまで賃貸住宅に長期で住んだ経験はありませんが,古い人間なので,やはり賃貸住宅というのは「あくまで仮住まい」であり「いずれは持ち家を」といった感覚がありました。そして,住んでいる地域が地方都市で一戸建てが手に入りやすかったこともあり,ローンを組んでマイホームを建て,そして幸いにもローン返済もあとわずかというところまで来ています。

 住宅に関して,賃貸と自己所有のどちらがいいかというのは永遠の課題でしょう。ライフスタイルや価値観は人それぞれだし,単純に費用的に「どっちがトクか」だけでは判断できない難しい問題ですが,賃貸の第一の欠点は,やはり「自由度の制約」でしょうか。部屋の模様替えは簡単にできないし,壁に穴を開けたりするのはもちろん,原則として釘一本打てないわけですから。それに,ペットを飼ったりすることもできません。もっとも,僕はペットを飼わない主義なので,この点は気になりませんが。

 賃貸に限らず集合住宅の場合には,近隣への騒音に気を使わなければならないのもけっこう大変です。部屋で楽器を演奏したりできないし,階下に部屋がある場合には夜遅くに洗濯ができなかったりとか。そして賃貸住宅で何よりも理不尽なのが保証人制度。最近は保証人不要の賃貸も増えているみたいですが,大のオトナが住まいを借りるのになんで第三者の保証人が必要なのか,僕には理解できません。この点でも賃貸住宅は敬遠したくなります。

 逆に,家を所有するリスクというのは「買い直し」が極めて困難ということでしょうか。転勤の問題とか,住んでみたら隣人がとんでもない変人だったとか,いろんなケースが考えられます。そして,それ以外に,これまではあまり考えたことがなかった「失うリスク」というのを痛切に感じるようになりました。

 3月の大震災で,自分が勤めている職場のビルは,倒壊こそしなかったものの,ヒビが入って耐震上の問題から使用不可となり,職場は何度も引っ越しを余儀なくされました。また,僕の住む地域の小学校も校舎が使用不能となり,他の小学校や中学校に児童を分散して授業を続けていると聞きます。

 僕の自宅は,震災によって壁にヒビが入ったりしたものの,とりあえず住み続けるのには支障ない程度ですみましたが,福島や宮城などでは,家屋だけでなく家財もクルマもすべての財産を一瞬のうちに津波で流されてしまった人も大勢いるわけで,天災によって一瞬で全財産を失うケースを目の当たりにすると,モノを所有するリスクというのを痛切に感じます。土地や家屋などの個人資産だけでなく,工場や生産設備を持つ経営者,田畑を持つ農家,漁船を持つ漁業従事者 などもリスクが大きい職業と言えます。

 一戸建てなら家屋を失っても土地だけは残るということはありますが(大津波に遭ったり土地が液状化現象になったりすると,それも怪しい),マンションなどの集合住宅の場合には,建物が倒壊したり全焼したりしたら住宅としての財産はほとんど何も残らないわけで,集合住宅を財産として所有するリスクは極めて高いと感じます。

 というわけで,天災によって失うリスクという一点に絞れば,不動産やクルマなどの高価なモノは極力所有せず借りるのがベストということでしょうか。もっとも,借りていたモノが天災によって返却できなくなった場合に借用者はどこまで免責になるのか,僕は詳しいことはよくわかっていませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

突然の引退

 いやー,びっくりしました。島田紳助さんの突然の引退・・・びっくりしたといっても,突然引退したからでもないし,暴力団員と関連があったからでもありません。まあ,芸能人と暴力団というのは持ちつ持たれつの関係だし,ましてダーティーなイメージのある紳助氏,暴力団員と付き合いがあったと聞いても驚きません。僕がこのニュースを知ったのは24日(水曜日)の朝のNHKのニュースなんですが,NHKがこの件を大きく取り上げて報道していたことに対して驚いたということです。

 NHKによく出てくる(NHK好みの?)お笑い芸人としては,タモリ氏や笑福亭鶴瓶氏などが思い浮かびます。ちなみに,鶴瓶は「つるべえ」じゃなくて「つるべ」だそうです。ATOKでは「つるべ」できちんと変換されますね。それはどーでもいいとして,NHKにほとんど出演しないお笑い芸人としては明石家さんま氏や島田紳助氏あたりが思い浮かびます。NHKに出ない芸人は,本人がNHKを嫌っているのか,NHK側が嫌っているのか,受信料を払っていないのか(笑),僕には理由がよくわかりませんが。

 ということで,本人が死亡したとか,本人が刑事事件の当事者だったとかならともかく,NHKが芸能人としてほとんど出演させていない島田紳助氏の芸能界引退を大々的にNHKがニュースで報じるというのは,とても違和感があり,驚いたというわけです。もしこの世に「NHKしか見ない人」が存在したら,このニュースを見て「島田紳助っていったい誰?」となるんでしょうね。あ,そういえば思い出しました。僕の亡き祖父はちょっと変わった人で(そして超ウヨクな人でしたが),絶対にテレビはNHKしか見なかったですね。

 先日のアナログ放送が終了する日にNHKが放送していた特番で「昭和30年代の思い出のテレビ番組」みたいな企画をやっていましたが,当時の人気ナンバーワンの番組は街頭テレビで有名なプロレス中継ということでした。プロレスなんかまったく無視して絶対に放送しないNHKが,プロレス中継の人気という事実を放送しなければならないというのも皮肉なもので,今回の件と似ているなと感じました。

 ところで,この紳助氏,「こんな程度でも暴力団と関係があったら芸能活動は引退なんです」みたいな発言をしていましたが,これからこの手の話題が自分自身にどんどん出てくるのを予感して「やばい」と思って先手を打って引退したということでしょうか。

 それにしても,紳助氏のテレビでの発言が原因で右翼との間でトラブルになったというのがどんな発言だったのか,ちょっと気になります。右翼の反発ということなので,やはり皇室関係の話題でしょうか・・・で,ネットで調べてみると,わかりました。やっぱり皇室関係でした。といっても,皇室を批判したとかそういったものではなく,あまりにも品のない単なるギャグなので,ここでは内容は割愛します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

やっと退陣?

 特例公債法案と再生可能エネルギー特別措置法案が今国会で成立する見通しが立ったことにより,菅総理自身が月内にも退陣する意向を明らかにし,与党も野党もマスコミも大喜びみたいですね。あの大震災後,菅総理に対しては毎日のように「やめろやめろ」の大合唱。菅さんはよく5ヶ月も我慢したものです。

 それにしても,なんで菅総理にやめて欲しいという声がこれほど大きいのか,僕にはよくわかりません。元々菅内閣にはあまり期待していなかったし,震災後の対応にまずい点が多々あったのも承知していますが,こんなの今の政治家なら誰がやっても同じようなもんでしょう。麻生内閣だったらもっと適格な対応ができたと考えている人が多いんでしょうか。よくわかりません。

 まあ,ここ何年か,日本の総理大臣の任期は約1年と決まっているし,そろそろやめて他の人にポストを回して欲しいというのは理解できますが,内閣ポストとはまったく関係のない野党までが菅内閣退陣を迫るなど,新内閣誕生後に野党は何をどのようにしたいと考えているのか,よく理解できません。

 あくまで僕の想像ですが,浜岡原発を突然停止させたり,再生可能エネルギー買い取り法案を出したりするなど,菅総理が原発縮小の方向に舵を切ったのが大きな原因ではないでしょうか。自民党をはじめ政治家の多くは原発推進派であり,政府も電力会社もメーカーも自治体も原発のある地域住民も,世の中には原発が縮小されたら困るという人がごまんといるのが事実です。世の中が反原発の方向に流れる前に菅さんにはやめてもらい,原発を拡大・推進する人に政権を取って欲しいと思っているのではないでしょうか。

 原発の問題については僕も書きたいことが山ほどあるので機会を改めて書きますが,一般の有権者が菅総理に対してどの程度退陣して欲しいと思っているのか,また,次期総理には誰になって欲しいと思っているのかは興味あるところです。たとえば5日前に放送されたNHKの世論調査によると(調査対象は1,706人で,1,052人から回答を得たとか),今月末までに総理を退陣すべきという意見が45%,年末までに退陣すべきが28%,来年以降が14%だったとか↓

Nhk

 この数字を見る限り,多くの人は菅さんには早くやめて欲しいと思っているということでしょう。ただ,「次の総理にふさわしい人は?」という調査結果は以下のとおり↓

Nhk1

Nhk2

 前原誠司氏がダントツ(?)の5.6%で,自民党では谷垣総裁をはるかに押さえて石破茂氏がダントツの4.2%。いくら無罪が確実とはいえ刑事被告人の小沢一郎氏が第三位。いかに人材が乏しいかということでしょう。

 数字が小さいとはいえ,小泉元総理の息子の新人議員やあの安倍元総理が入るなど,調査対象者もまじめに答えているとは思えませんが,それにしても,民主党の次期代表選に立候補を表明している(=次期総理大臣になる確率の高い)野田氏や馬淵氏が,ジョークで回答されたような人と同レベルの支持率とは悲しくなります。まあ,政治家の実力と人気は別物だから,きちんと仕事してもらえばいいわけですが。

 この調査結果では菅内閣の退陣時期を「来年以降でいい」と言っている人が14%いるので,「次期総理にふさわしい人」の誰よりも支持率が高いことになりますね。結局は,今月の菅内閣退陣後には人気のないぱっとしない人が新総理大臣に選ばれ,内閣支持率も大きくは回復せず,民主党あたりは「こんな筈じゃなかった」みたいになるのが,なんとなく見えてきました。

 そして,1年も経ったら,結局何も変わらなくて「誰がやってもおんなじじゃん!」となるのでしょう。例年のことながら,すごい既視感を覚えます。毎回同じことを繰り返して学習しないのが政治家・マスコミ・そして有権者ってことでしょうか。

 あと,新内閣が誕生すると,とたんにいろんなゴシップが出てきてゴタゴタするものです。政治家のアラ探しの得意なマスコミは,首班指名より前,できれば代表選の結果が出る前に見つけたネタを公開しておいて欲しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

震災を体験して

 さて,今さらですが,東日本大震災の体験報告です。

 自分の住んでいるところ(茨城県北部)は近くに活断層がないこともあり,大きな地震は絶対に来ないと漫然と信じていました。実際に震度6強の地震が発生し,その被害を受けたことよりも,自分の町でも大地震が起こることを知ったことの方がショックでした。

 震災当日,僕は出張で富山県にいました。3月11日に富山で地震のニュースを聞き,仕事を中止して翌々日の13日に茨城へ戻って来たんですが,地震発生日には被災地にいなかったため,必要な物資を富山で購入することができ,また,出張には茨城からクルマで来ていたため,鉄道が不通でも戻るための交通手段に困らなかったのもラッキーだったと言えます。

 被災地へ戻る前日には,富山市内のホームセンターやスーパーで備品や食料品などを買いに行ったわけですが,どこの店でも物資があふれていて何でも自由に手に入る状態。片や被災地では,電気もガスも水道も止まり,必要な物がほとんど手に入らない状態。これから自分が被災地に戻ろうとしている時,何事もなかったようにみんなが平和に暮らしている地域とのギャップが大きく,すごく不思議な感じがしました。

 そして茨城へ戻る途中,被災地に近づくに連れ,徐々にモノが手に入りづらくなり,ガソリンスタンドの行列がだんだん増え,閉鎖している店舗が増え,道路の混雑がどんどんひどくなり,・・・というアナログな変化がとても印象的でした。

 ということで,必要な物資がそれなりに準備できたので,被災地の自宅へ戻っても生活にはあまり困らなかったわけですが,被災地で「便利だった!」と僕が感じた災害グッズをご紹介。

1.携帯ガスコンロ(とボンベ)
 災害の程度次第ですが,インフラの中でも電気は比較的早く復旧するようです。我が家でも震災の翌々日には復旧しました。今は何かとお騒がせ中の電力会社ですが,停電復旧の迅速さは驚異的ですばらしいと感じます。逆に都市ガスは安全確認が大変で復旧に相当時間がかかりました。このため,最低限の調理や湯沸かしなどをするために,携帯ガスコンロは便利です。

2.ポリタンク
 ポリバケツって登録商標らしいけど,ポリタンクは一般名詞でしょうか。それはともかく,非常時に水を入れるための必需品です。給水のために長時間待ってペットボトルにしか補給できないというのは非効率的すぎます。災害が発生してからではポリタンクは絶対に手に入らないので常備しておきたいものです。
 ところで,ポリタンクには水を入れて常備しておくか,きれいに洗って乾かして保管しておくか,どちらがいいんでしょうね。水を入れておいた場合は定期的に入れ替える必要があり,ちょっと面倒かも知れません。
 ついでに,風呂桶のお湯は入浴後すぐに捨てずに残しておいた方がいいですね。我が家は災害に備えて昔からず~っとそうしていました。おかげで今回の断水時,トイレを流す水には全然困らなかったです。

3.携帯ガソリン缶
 今回の震災では,インフラが復旧してモノが手に入るようになった後でも,ガソリン不足には長期間悩まされました。容量20リットルの携帯ガソリン缶が市販されていますので,買ってガソリンを備蓄しておくといざという時に役立つと思います。ただし,消防法により,家庭でのガソリン保管は20リットル程度だったと記憶しています。また,古くならないうちに定期的に缶の中身を入れ替える必要があります。

4.灯油ストーブ
 電気の要らないタイプの昔ながらの灯油ストーブは,停電時でも使用できるので便利です。もっとも灯油自体がない時は役に立ちませんが。災害に備えて灯油ストーブをわざわざ買ったりする必要はないと思いますが,もし家にあれば大事に保管しておくといいかも。

5.ウォータージャグ
 ウォータージャグって言うんでしょうか。タンクに飲料水などを入れておき,蛇口をひねると中の水が出てくるもので,アウトドア用商品として売られていますね。手を洗いたい時,水があってもペットボトルやバケツでは両手を使って洗えないので不便。このウォータージャグがあると便利です。災害時にこれが必要って,神経質すぎ?

6.携帯ウォシュレット
 究極の神経質な人向け商品です。災害時は僕にとって超必需品です。普通の人はそんなもん要らんって? 下記のとおり本家のTOTOから発売されています↓

http://www.toto.co.jp/products/toilet/washlet/travel.htm

 ということで,僕のオススメの災害用品を紹介しましたが,いくら災害に備えて準備していても,一瞬で津波に流されてしまうかも知れないし,避難する時に何かを持って出るような余裕さえないこともあります。つまり,災害への備えが有効かどうかは運次第。備えがまったく役に立たないケースがあるという覚悟が必要です。

 それにしても,台風のようにある程度予測されて事前に準備できる災害とは異なり,大地震というのは何の予告もなしにいきなり問答無用でやってくる恐ろしい災害です。そして被災したら一瞬のうちに別世界に飛ばされたような状況に陥ります。3月の大震災は昼間に発生しましたが,もしこれが真夜中だったら,停電によって真っ暗闇の別世界に突然放り出されるわけで,想像するだけでも恐ろしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »