« 冬の金沢 | トップページ | アナログ放送終了 »

2011年2月 5日 (土)

超嬉しいニュース!

 八百長問題に大揺れの大相撲ですが,このニュースは僕にとっては超嬉しいビッグニュースなんです。過去のブログに何度も書いてきたように,僕は大相撲には八百長があると何十年も前から信じていますが,NHKをはじめとする多くのメディアはこれをタブー視し,見て見ぬふりをしてきました。また,八百長疑惑を報じた週刊誌が敗訴するなど,物的証拠がないために「八百長があると信じている派」の僕はこれまでずっと肩身の狭い思いをしてきました。

 ここに来て初めて,メール履歴という物的証拠が出てきたことで,八百長が絶対に否定できない事実として白日の下にさらされたわけで,このニュースは僕にとっては溜飲が下がる思いです。「国技」としてもてはやし,長年視聴者をだまし続けたNHKには「受信料を返せ!」と言いたい気分です。もっとも,近年僕は受信料を払っていませんが。

 この問題に対して,「信じていたのに許せない」「ほんとに八百長があったとは驚き」なんていうコメントをする人がメディアで報じられていますが,大相撲に八百長が全然無いと信じていたなんて,よほどおめでたい人か,世間知らずの人か,純真無垢な人としか思えません。もっとも,本心ではあると思っていても,立場上否定せざるを得ない人がいることは理解しますが。

 そもそも,八百長という事実があった場合に隠そうとする人がいるのは当然として,そんな事実がないのに「ある」と言い張る人がいるのは不自然。その意味で,「八百長はある」という人が複数人現れた時点で「クロ」と推測するのはごく自然なことでしょう。

 それにしても,単なる星の売り買いだけでなく,勝ち方・負け方まで細かくメールで打合せをしていたとは驚きです。メールってほんと便利なものですね。逆に,捜査機関がその気になれば,メールはいくら消しても消すことはできないわけで,ある意味恐ろしいツールだと言えます。

 さて,今後大相撲はどうすべきか・・・普通に考えれば,こうなった以上,相撲協会は解体するしかないでしょう。相撲協会がもし大相撲という興行を続けたいなら,プロレスのように「本気でないショー」に徹するか,スポーツでなくあくまで「文化」として続けるしか,生き残る道はないと思いますよ。

 過去の関連記事:ヤラセと八百長問題(2007年1月24日)

|

« 冬の金沢 | トップページ | アナログ放送終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/50786312

この記事へのトラックバック一覧です: 超嬉しいニュース!:

« 冬の金沢 | トップページ | アナログ放送終了 »