« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月24日 (月)

冬の金沢

 約1週間前に富山へ出張した時,週末を利用して金沢まで行ってきました。金沢へは4年前にも訪れているので今回が2回目です。前回は夏だったので,今回は金沢の雪景色を撮りたかったんですが,期待していたほど雪は多くありませんでした。それでもさすがに兼六園の雪景色は綺麗です↓

1

2

 金沢では,この兼六園が観光スポットの目玉ですが,これ以外にも見所がたくさんあります。兼六園だけ見て帰るなんてもったいない観光地だと思いますよ。たとえば下の写真は茶屋街。僕はもちろん外から眺めるだけですが。

Photo
  ひがし茶屋街

Photo_3
  にし茶屋街

Photo_4
  主計町(かずえまち)茶屋街

 この主計町茶屋街の路地裏には,風情のある小さな坂が二つあります。

Photo_5
  あかり坂

Photo_6
  暗がり坂

 また,金沢には多数の文化施設があって,兼六園に隣接した位置に県立美術館・県立歴史博物館・金沢21世紀美術館などがあります。中でも超有名なのは金沢21世紀美術館。素晴らしい美術館なんですが,現代アートが苦手な人にはちょっとキツいかも。

 これらの大型文化施設以外に,市内には多数の小さな文化施設が点在していて,それぞれ味があって素晴らしい施設です。これら15ヶ所の共通観覧券(500円の1DAYパスポートなど)を利用するのがお得ですよ↓
http://www.kanazawa-museum.jp/index.htm

 観光客が少ない穴場的な施設も多く,静かに見ることができて癒されます。この中で,特に僕が気に入ったのが「金沢蓄音器館」↓
http://www.kanazawa-museum.jp/chikuonki/index.htm

 僕は映画のシーンなどで蓄音器を見たり音を聞いたりしたことはありますが,実物を見た記憶はありません。まして蓄音器の音を生で聞いたこともありません。ところが,この施設では毎日3回(11時・14時・16時)蓄音器の実演が実施されているんです。

 で,実際に本物の蓄音器の音を聞いてみて,とにかくびっくりしました。電気は使わず,動力はレコード盤を回すためのゼンマイを人が軽く巻くだけ。それなのに驚くほど大きい音が出るんです。レコード盤面上で針がわずかに振動する波を,電気を一切使わずに機械的に拡大するだけで,もの凄い音量の音楽が鳴るんですよ。そして音質も,僕がイメージしていた音に比べて遙かにクリアで美しいんです。めっちゃ感激しました。特に「ツィゴイネルワイゼン」はやっぱりSP盤で聞くのが一番です・・・って,鈴木清順監督の映画「ツィゴイネルワイゼン」を思い出しただけですが。

 レコードというのは演奏するたびにすり減っていくわけで,今や手に入らないSPレコードを生で聴けるというのは貴重なのかも知れません。ということで,金沢に多くある小規模文化施設の中では,この「金沢蓄音器館」が僕の一押しです。ぜひ蓄音器の実演時刻に合わせてお訪ね下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

やっぱりこの話題から

 1ヶ月以上ブログ更新が滞ってしまいましたが,2011年最初のブログです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。相変わらず超忙しいですが,今年はせめて週に1回ぐらいはブログを書き続けたいところです。さて,電子マネー・オタクの僕としては,やっぱりこの話題から。

 昨年末,ソフトバンクBBはiPhone4で電子マネー機能を使えるようにするためのシールを2月以降に発売すると発表。シールは3種類で,電子マネー「WAON」「nanaco」「Edy」に対応し,おサイフケータイでおなじみのICチップ「Felica」が組み込まれ,iPhone4の本体背面に貼り付けられるサイズ(約55.4mm×112.0mm,重さ約14g)になっていて,価格はシール1枚で2,980円とか↓

Photo

 ただし,iPhone4とは回路的に何もつながっていないシールのため,iPhoneの画面からチャージしたり残高が確認できたりするわけではなく,店舗などでチャージするする必要があるそうです。詳細はこちらのホームページ↓

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2010/20101227_02/index.html

 ドコモやauから電子マネー機能を搭載したスマートフォンが発表されていることへの対抗策らしいですが,たった一つの電子マネー機能をケータイに貼り付けるだけで2,980円とは,ちょっと高すぎですよね。それに,携帯画面からチャージや残高確認ができないのは利便性がイマイチです。ていうか,ケータイとはつながらないオフラインのシールであれば,必ずしもケータイ裏面に貼り付けることにこだわらなくてもいいのにと思いますよ。

 ちなみに,IC携帯に使われているFelicaチップのサイズは,小さいものだと わずか「11mm×19.5mm(厚さ2.85mm,重さ0.43g)」だそうです↓

Felicas802

 このように,チップ自体は小さいので,シールを極限まで小さく軽くして,ケータイに限らずどこにでも貼り付けられるようなものを開発すればよかったのにと思います。そうすれば,たとえばペンダントの裏側やリストバンドなどの装飾品に貼ったりとか,腕時計のベルトに貼ったりとか,色々と面白い使い方ができそうです。親指用の指サックに貼っておいて,指一本を差し出して代金を支払うなんてのもスマートかも。僕だったら,サイフに貼っておいて,サイフを出して現金で払うと見せかけて電子マネーで支払う・・・なんていうイタズラをしたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »