« 冷房普及率 | トップページ | エコドライブ »

2010年9月10日 (金)

そんなにやりたい?

 民主党代表選の街頭演説会が9日に札幌市であったそうです。自民党政権時代から感じていたことですが,平日の昼間に現職の総理大臣が党の街頭演説会をやることには違和感を覚えます。いったい総理大臣の公務はどうなっているんでしょうか? また,小沢氏のように大臣を兼務していない国会議員にしても,公職選挙法で認められている選挙活動に該当しない党首の選挙活動を平日に昼間にやっていいかというのは大いに疑問ですよ。

 それはともかく,これまでの記者会見や演説会などのニュースをちらっと見た感想ですが,菅氏の演説はさすがに威勢がいい。でも,威勢がいいだけで中身がイマイチという感想ですね。結局は菅氏が総理を続投することになっても,これまでと何も変わらないだろうなと感じます。

 一方の小沢氏ですが,小沢氏がこれだけペラペラしゃべるシーンはこれまでほとんど見たことがなかったので,正直びっくりです。それに,言っていることが比較的マトモで,なんとなく世の中を変えてくれそうな期待感はあります。ただ,普天間問題が解決できるかのような発言をしたのに,翌日記者に問いただされて「具体策はない」と答えるなど,あの鳩山政権時代のデシャヴ感が漂っているのがちょっと心配ですね。もっとも,大多数の国民の本音は普天間問題なんて重要政策ではないということのようですが。

 ということで,どっちもどっちかなという感想ですが,僕としては一度小沢氏にやってもらってお手並みを拝見したいという気持ちはあります。ただ,もし小沢氏が選ばれても,結局はカネの問題で野党やメディアにつぶされて短命に終わるような予感がします。小沢氏本人が言っているように,素人の検察審査会メンバーでなくプロの検察の判断で現実に訴追されていないので何ら問題ないというのは理にかなっていますが,どうもメディアは小沢氏にダークなイメージを植え付けたがっているように思えます。そして,もし小沢氏が選ばれて短命に終わったような場合,その後で菅氏はまたまた立候補してくるんでしょうね。たぶん。

 党代表や総理大臣に限らず,会社の社長にしても,スポーツチームの監督にしても,組織を統轄したり組織のメンバーを管理・指導したりするというのは,本当に大変な仕事だと思います。僕なんかには絶対できないし,やりたいとも思いません。でも,この代表選でわかるように,こういう立場に立ちたい! という人が必ず現れてくるもので,だからこそあらゆる組織が成り立つわけで,こういう「やりたい人」がいるというのは本当にありがたいものです。マジで尊敬します。

 かくいう僕も,仕事の上ではプロジェクト・マネージャのような立場に立つ(立たされる)機会が多いですが,プロジェクトをまとめるのって本当に大変です。できればやりたくないのが本音です。部門間の調整をしたり,人間関係の問題を解決したり,予算の心配をしたり,納期の心配をしたり,ほとんどそれに明け暮れています。カネの心配もなく期限の心配もなく,みんながマネージャの言うことに素直に従ってくれるという夢のようなプロジェクトなんて,絶対にありませんね。

|

« 冷房普及率 | トップページ | エコドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/49408645

この記事へのトラックバック一覧です: そんなにやりたい?:

« 冷房普及率 | トップページ | エコドライブ »