« 2人の死刑を執行 | トップページ | 箕面へ行ってきた »

2010年8月 7日 (土)

行方不明の高齢者

 所在の確認できない高齢者が多数にのぼっているそうですが,このニュースを聞いて,人間の所在を国や自治体が正確に把握することに限界があることをあらためて認識し,とても興味深かったです。

 高齢者が勝手に行方をくらますケースや,高齢の親と連絡が取れずに放置しておく人がけっこういるという報道には驚きましたが,それはそれとして,今のシステムは,人の生死について積極的に届け出る人が必ずいるというのが前提のシステム。つまり,高齢者に限らず,戸籍とか住民票とかいうのは,結局は人の善意によって成り立っているということですよね。また,あれだけ巨額の費用をかけて実施されている国勢調査が,このようなケースに対して全然機能していないという点には憤りを感じます。

 この問題に対して「行政の怠慢」みたいなことを言う人もいますが,それはちょっと違うような気がします。また,「だから近所づきあいが大事」みたいな意見にも違和感を覚えます。人には「役人に管理されたくない」「他人に干渉されたくない」という本音があり,この問題はその必然の結果だと思いますよ。

 それにしても,世界一の長寿国といわれている日本の平均寿命が実はデタラメだったというオチには笑えます。「戸籍なんてしょせんこの程度の精度のもの」と割り切ることが必要なんでしょう。もちろん,年金などの支給は本人が生存していることが前提であり,本人が健在であることを何らかの形で客観的に示すことができなければ支給を打ち切るような対策は,当然必要だと思います。

|

« 2人の死刑を執行 | トップページ | 箕面へ行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/49087587

この記事へのトラックバック一覧です: 行方不明の高齢者:

« 2人の死刑を執行 | トップページ | 箕面へ行ってきた »