« 裁判員裁判で無罪判決 | トップページ | 少なすぎる選択肢 »

2010年7月 7日 (水)

デートか残業か

 今年春に「日本生産性本部」の研修に参加した新入社員2,663人を対象に実施した「デートの約束がある時に残業を命じられたら」の質問に対し,約85%が「残業する」と答えたそうです。1972年の調査開始以来,「残業派」の比率はバブル崩壊直後の1991年に60%程度にまで低下し,その後は増加傾向が続いているとか。

 新入社員に対する「デートか残業か」という調査結果は昔からよく耳にしますが,どうでもいいっていうか,ほんとつまらない不愉快な質問をするものだと思います。デートと残業のどっちが大事かなんてケースバイケースで,その時の仕事の重要度によって異なるし,デートの場合にもその「重要度」はさまざま。簡単に答えられるものではないでしょう。回答結果を集計して経済情勢と関連づけたりするなんてナンセンスだと思います。

 そもそもこんな質問は,誰が聞くかによって答えが大きく変わってくるものです。会社の上司が質問したら「残業重視」の回答になるし,デート相手に聞かれたら当然「デート重視」の回答になるでしょう。この質問は日本生産性本部(経済産業省所管の公益財団法人らしい)が研修に参加した新入社員に聞いたとのことで,当然この研修参加者は会社などから派遣されているわけで,回答は「残業派」が多くなることは容易に想像できます。この集計結果はほとんど意味ないと思いますよ。

 ちなみに僕は,常に「デート重視」です。ん?

|

« 裁判員裁判で無罪判決 | トップページ | 少なすぎる選択肢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/48821023

この記事へのトラックバック一覧です: デートか残業か:

« 裁判員裁判で無罪判決 | トップページ | 少なすぎる選択肢 »