« 党名の略称 | トップページ | マイク失言 »

2010年4月29日 (木)

電話は苦手

 最近は,仕事上の連絡・指示などのやりとりは,ほとんどメールですませています。とにかく,メールはやりとりした内容がすべてパソコンに残るので便利。メールで伝達した場合には「聞き間違い」「言い間違い」などはほとんどなく,言いたい内容がほぼ間違いなく伝わり,テキストデータとして残るので,あとから簡単に検索することもできます。電話だと,相手から聞いた内容をメモする必要があり,メールに慣れてしまうと「なんで相手が連絡してきた内容をこっちで記録せんならんねん!」って思います。記録に残すべき大事な内容はメールや文書などで連絡すべきで,電話で言って相手にメモをとらせるというのは,結局こちらが入力すべき文章を相手に入力させているのと同じで,とても失礼なことではないかと思います。

 メールは,複数の人に同じ内容を同時に伝達できる点も便利ですね。10人の社員に会議開催を連絡する場合に,全員に電話をかけるなんていうのはナンセンスでしょう。メールが普及する前は紙に書いた開催通知書を配布したりしたものですが,全員が近くにいるわけではないので,文書の配布というのは時間がかかりすぎます。

 また,電話と違って,メールのような文字でのやりとりの場合には,言いたい内容を事前に十分推敲できるし,受け取った内容は時間をかけてじっくり検討できるというというのも,頭の回転の遅い僕には好都合です。電話だと,話術に優れた人のペースに乗せられそうで,イヤですね。

 それと,メールの場合は,いつ送っても,相手が忙しい時に割り込むわけではないのも親切。電話がかかってきた場合には,居留守でもしない限りは,どんなに忙しくても対応が必要となってしまいます。自分の都合で読むタイミングを選べるメールというのは,ありがたいものです。また,電話をかける声がやたらデカいおじさんが会社にいますが,職場を静かにする意味でも,電話は必要最小限にしてなるべくメールですませて欲しいものですね。

 とはいっても,すぐに相手に確実に伝えたい場合や,直接会話しながら相談したい場合や,口頭でないと上手く説明できないといったような場合など,電話の方が便利なケースも多々あります。でも,電話した時に限って相手が話し中だったり席を外していたりするものです。そんな時に「電話下さい」と伝言すると,こんどはこちらが席を外している時に限って電話が来たりします。そうならないためには,伝言を残した後はトイレにも行かずに電話を待つ必要があるわけで,電話って,ロスタイムが多くて面倒で,ほんと疲れます。

 ということで,僕はなるべく電話を使いたくないわけですが,年配者ほど「メールだけですませるな」と言う人が多いようです。また,技術系の人はメールですませる傾向があり,営業系の人は電話を多用する傾向があるように感じます。メールした後でご丁寧にも「メール送ったので見て下さい」と電話してくるのはたいてい営業職の人です。メールをきちんと見ているのか心配なのかも知れませんね。そういう心配をされないために,メールを受信したら,とりあえずメールを確認した旨の返信をしておくといいでしょう。

 なお,「面識の無い人にいきなりメールを送るのは失礼であり電話でも連絡すべき」と言う人がいます。知らない人からいきなりメールが来ても僕は「失礼なヤツだ」とは全然思いませんが,そう感じる人がいる限り,特に社外の人などに対しては電話で一言添えるなどの気配りが必要かも知れませんね。

|

« 党名の略称 | トップページ | マイク失言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/48219401

この記事へのトラックバック一覧です: 電話は苦手:

« 党名の略称 | トップページ | マイク失言 »