« 選択的夫婦別姓 | トップページ | PiTaPa »

2010年2月27日 (土)

違和感あるニュース

 最近の話題から,僕が違和感を覚えたものをいくつか。

 まず,国会で審議が始まった高校無償化法案について,朝鮮学校を無償化対象から除外する動きがあり,これに対して国連人種差別撤廃委員会が疑義を唱えるなど,波紋が広がっているみたいです。除外するかどうかは「教育内容が判断基準」として,拉致問題とは無関係であることを政府は強調しているものの,この話の発端は拉致問題担当大臣からの要求だったようです。理由をどうこじつけても,拉致問題が絡んでいることは明らかでしょう。

 拉致問題と高校無償化を関連づけることには違和感を覚えますが,そもそも高校無償化の目的は何だったんでしょう。無償化の目的が明確であれば,外国人向け高校を対象とするかどうかの答えは自ずと出てくるような気がしますが・・・

 次に,不発弾による民間人の被害が深刻な「クラスター爆弾」の使用や製造を全面的に禁止する条約の締結国が30ヶ国に達したため,この条約が8月に発効することを国連が発表したという話題。クラスター爆弾というのは,大型の弾体の中に複数の子弾を搭載した集束爆弾で,被弾時の影響が悲惨で非人道的なために国際条約で禁止しようというものです。でも,爆弾を「人道的な爆弾」と「非人道的な爆弾」に分類することには大いに違和感を覚えます。人道的な爆弾って,いったい世の中に存在するものなんでしょうか。

 この条約の発効自体は喜ばしいことかも知れませんが,米国・ロシア・イスラエルなどの,クラスター爆弾を大量に保有・製造している国はこの条約を締結していないとのことで,この条約発効が世界平和にどれだけ寄与するかは大いに疑問です。なお,日本は昨年この条約を締結しており,条約発効後8年以内に自衛隊は保有するクラスター爆弾をすべて廃棄しなければならないそうです。それにしても,防衛目的のはずの自衛隊がクラスター爆弾のような爆弾を保有しているということに,僕はすごく違和感を覚えました。

 最後にバンクーバー五輪の話題。日本のメディアが日本人選手の話題を中心に取り上げるのはいいとしても,日本人選手の結果しか報じないメディアって,いったいどうなっているんでしょうね。昔のオリンピックはこんな極端な報道はなかったはずで,開催回を重ねる度にこの傾向はひどくなっていると感じます。

 選手が装備するスポーツ用具の製造国やコーチの国籍は「何でもあり」なのに,選手本人の国籍のみによって国別に分けて対戦するというオリンピックの方式に賛成できない僕としては,日本人選手の結果以外はほとんど報じない報道にはとても違和感を覚えます。

 ところで,東京都の石原知事は,バンクーバー五輪の日本選手の活躍に対する国内の反応について,「銅メダルを取って狂喜する,こんな馬鹿な国はないよ」と報道陣に述べたとか。「銅メダルぐらいで喜ばずに金メダルが取れるように頑張れ」と言いたかったのか,日本人選手の活躍だけを喜ぶ国民をバカにしたのか,日本人選手に対する過剰な報道を批判したのか,都知事の真意はよくわかりませんが,好意的に解釈して,メディアの報道内容に対する批判であって欲しいですね。もっとも,東京五輪誘致にあれだけ無駄遣いをした都知事が,そんなマトモな考えを持っているとしたら,それこそ違和感を覚えますが。

|

« 選択的夫婦別姓 | トップページ | PiTaPa »

コメント

高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導に基づいて行われており、明らかに北朝鮮の学校である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
高校無償化は民主党の得意技である人のカネ(税金)ばら撒きによる集票策の一環。

投稿: 腐敗していた民主党 | 2010年2月28日 (日) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/47681258

この記事へのトラックバック一覧です: 違和感あるニュース:

« 選択的夫婦別姓 | トップページ | PiTaPa »