« 国会議員の逮捕 | トップページ | 創作四字熟語 »

2010年1月21日 (木)

政教分離訴訟

 北海道砂川市の市有地の神社への無償提供について,憲法で定めた政教分離原則に反しているかどうかが争われていた裁判で,最高裁大法廷は無償提供を「違憲」とする判断。ただし,神社の撤去を命じると氏子らの「信教の自由」を侵害するとも指摘し,違憲状態を解消できる他の手段の有無を検討する必要があるとして,審理を札幌高裁に差し戻したとか。

 この裁判で争われた神社は,砂川市にある空知太(そらちぶと)神社。同市に住む住人が「敷地の無償提供は信教の自由を保障した憲法20条と,公の財産を宗教団体のために使うことを禁じた憲法89条に違反している」として神社の撤去を求めていたもので,一審・二審とも原告側の主張が認められたため,市側が上告していたとのこと。

 下の写真がこの空知太神社↓

Photo_2
 (asahi.comより転載)

 明らかに普通の神社であり,これが市有地だと言われたらたしかに違和感を覚えます。そして日本国憲法89条の条文は「公金その他の公の財産は,宗教上の組織若しくは団体の使用,便益若しくは維持のため,又は公の支配に属しない慈善,教育若しくは博愛の事業に対し,これを支出し,又はその利用に供してはならない」となっており,この文面を素直に解釈すれば,神社への市有地の無償提供は明らかに憲法違反です。一審・二審とも敗訴しながら上告審まで争った市側の対応は理解に苦しみます。

 それにしてもこの判決,違憲だと認めながら神社の撤去は認めないという,なんとも中途半端な判決。選挙区の一票の価値に最大2倍強の格差が生じた昨年8月の衆院選を違憲と判断しながら,選挙無効の請求については棄却した,昨年12月の大阪高裁の中途半端な判決を思い出します。裁判所というのは,せっかく真っ当な判断をしながら,なんでもう一歩踏み込んだ判決を出すことができないんでしょうね。ほんと不思議です。

 ところで,公有地上に神社が建てられている例は全国のあちこちにあるらしいですが,この空知太神社のケースは明らかに違憲だとしても,観光目的などのように,宗教活動以外の目的で利用される価値が高い施設について,どこまでこの憲法判断を厳格に適用すべきかというのは,けっこう悩ましい問題でしょうね。これは神社に限らない問題で,たとえば有名なところでは,弾圧を受けて殉教したキリシタンをたたえる「日本二十六聖人記念館」は長崎市の市有地にあり,市が無償で宗教法人に提供しているらしいです。こういう有名な観光施設でも,もし違憲訴訟になったとしたら,まず勝てないということなんでしょうね。

|

« 国会議員の逮捕 | トップページ | 創作四字熟語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/47356981

この記事へのトラックバック一覧です: 政教分離訴訟:

« 国会議員の逮捕 | トップページ | 創作四字熟語 »