« アバター | トップページ | 国勢調査の年 »

2010年1月 1日 (金)

新年を迎えて(2010年)

 ブログを初めてから5回目の新年を迎えましたが,ブログを始めた頃は,3日坊主の僕がここまで続けられるとは思っていませんでした。最近はちょっとさぼり気味ですが,これからもマイペースでブログ更新を続けていきますので,本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて,昨年の元日のブログで「2009年の総選挙の結果,政権交代はない」と予測したのは大ハズレでしたが,今年も懲りずに政治に関して予測してみたいと思います。ちなみに,年末ジャンボも大ハズレでした。

 新政権が誕生してから約3ヶ月半が経過し,内閣支持率がどんどん低下しているみたいですが,どんな政権でも発足当初の支持率は高くてだんだん下がっていくのがお決まり。この程度の支持率低下は毎度のことなので僕は驚きませんが,鳩山内閣の支持率低下の主な原因は,「各大臣が好き勝手に発言してまとまらない」「決めるべきことをさっさと決めない」「結局は自民党政権下の政策とほとんど変わらない」といったところでしょうか。

 まだ政権発足3ヶ月半とはいえ,新政権誕生で「変化」を期待した人にとってはたしかに「期待外れ」と感じる点が多いと思いますが,だからといって「やっぱり自民党でなきゃ!」という流れにはなってないところが自民党にとっても頭の痛いところでしょうね。

 「政権交代しても自民党政権とおんなじじゃん!」と感じた人の支持が単純に自民党へ流れるとは思えないので,結局は今年の参院選でも民主党が圧勝して参院の単独過半数を確保し,社民党・国民新党との連立が解消される方向になるのではないかと予測します。

 なお,参院選までに総理が交代すると予測する人もいるかも知れませんが,これまで自民党政権下での総理の短期交代を批判してきた民主党としては,そう簡単には交代できないでしょう。そして,参院選で勝利した勢いに乗って,鳩山政権はそれなりの長期政権になるような予感がしています。

|

« アバター | トップページ | 国勢調査の年 »

コメント

おめでとうございます。私などよりずっとマメに、そしてポリシーのあるブログを続けてらっしゃるかばさん。今年も読ませていただきます。私ももうちょっとマメにがんばります。

投稿: rico | 2010年1月 3日 (日) 17時13分

 ricoさん,明けましておめでとうございます。
 こんなブログですが,今年もマイペースで書いていきますので,よろしくお願いします。
 新年最初のコメントありがとうございました。

投稿: かば | 2010年1月 3日 (日) 22時15分

鳩山内閣への批判は止めましょう。改革を応援すべきです。米国CIAの「鳩山内閣を揺さぶり従わせる」陰湿な謀略工作に荷担する者は、日本人ではありません。この程度の謀略に騙されては、国が守れる筈もありません。
今年、大スキャンダルとして騒ぐべきは、文科省官僚の愚民化政策です。
 不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。こんな学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者となり、4万人の自殺者が出るのは当然です。
教育現場から、愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。破綻した教育の実態、世界の教育改革から逆行した改悪、時代錯誤した取り組みの異様な実態が赤裸々にされています。
この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、国家衰退を作った罪は、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。
これを大スキャンダルとしない者は、愚民化された愚民です。

投稿: 大和 | 2010年1月 4日 (月) 11時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/47176170

この記事へのトラックバック一覧です: 新年を迎えて(2010年):

« アバター | トップページ | 国勢調査の年 »