« トイレ擬音装置 | トップページ | リオに決定! »

2009年10月 1日 (木)

開催都市予想

 2016年夏季オリンピックの開催都市は,明日(10月2日)コペンハーゲンで開かれるIOC総会で決定するそうです。候補地は東京・シカゴ・マドリード・リオデジャネイロの4都市。1次選考で脱落した都市と1次選考を通過した都市を比べると,通過した4都市は,いずれも世界的に著名な都市。オリンピック開催地は,結局はネームバリューで決まってしまうのかと勘ぐりたくなります。こういう選考経過を見ると,OsakaやNagoyaでは,将来にわたってオリンピック開催はないのかと思えます。日本で開催されるとしたら,東京と京都ぐらいしかないような気がします。

 それはともかく,2016年オリンピックの僕の開催都市予想は,ずばり「シカゴ」ですね。あくまでカンで根拠はありませんが,あまのじゃくの僕としては,あえて本命のリオデジャネイロを外してみました。それに,「東京だけは落選してほしい」という僕の願望も入れた上での予想です。時々東京へ出張に行ったり出張時に東京を通過したりする立場の僕としては,鉄道の混雑・道路の渋滞・ホテルの満室など,オリンピックによってこれ以上東京が混雑して欲しくないという思いの方が強いです。それと,もし東京が開催地に選ばれたりしたら,あの都知事がますます天狗になりそうで心配。その意味からも東京には落選して欲しいですね・・・う~~ん,やな性格。

 それと,東京は財政面での評価が高いと言われており,僕としてはその点も非常に不満です。日本政府による財政保証は,もともと麻生前総理が石原都知事に懇願されて,閣議決定を経ずに独断で決めたと言われています。東京オリンピック招致が民主党の政権公約でどうなっていたのかは知りませんが,麻生前総理が独断で決めた財政保証を引き継いで,コペンハーゲンで招致演説をするという鳩山総理も,なんだか許せません。日本の総理はそんなことしてる場合じゃないと思いますよ。皇太子まで動員しようとした都知事に対して,「五輪招致は政治色が強いため参加できない」と断わった宮内庁の方が,よほど立派に見えました。特にシカゴの場合は財政面でマイナス評価らしいので,オバマ大統領が招致演説をするアメリカでさえ,国家は財政的にバックアップしないということで,政府が安易に財政支援を公言するのは日本ぐらいってことなんでしょうか。

 それにしても,都議選の与党敗北を,自分の責任でなく国政与党のせいにしたり,東京オリンピックに対する世論支持率が低いのをマスコミのせいにしたりする都知事のことなので,もし鳩山総理がIOC総会に行かずに東京が落選したとしたら,都知事は落選の責任を民主党政権に押しつけるのは見え見え。そうは言わせないようにと,IOC総会への出席を決めた鳩山総理の方が一枚上手だったりするのかも知れませんね。

 過去の関連記事:
  2016年オリンピック(2008年6月8日)
  東京 VS シカゴ(2009年2月14日)

|

« トイレ擬音装置 | トップページ | リオに決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/46365867

この記事へのトラックバック一覧です: 開催都市予想:

« トイレ擬音装置 | トップページ | リオに決定! »