« おかしな選挙制度 | トップページ | 利用明細のチェック »

2009年9月 8日 (火)

クリアした!

 7月に発売された「ドラクエ9」(ドラゴンクエストIX「星空の守り人」)をようやくクリアしました。いい歳したオッサンが? って思われるかも知れませんが,いやー,けっこうハマりましたよ。ということで,これまでの感想などを。

 今回のドラクエは携帯ゲーム機のニンテンドーDS対応。これには賛否両論あったようで,やはり「据え置き型ゲーム機でやりたい!」という声も多かったようですね。で,僕も,当初は「大きな画面でやりたい」と思っていたんですが,実際にやってみると,DSのドラクエはとても快適でした。まずは,いつでもどこでも,寝っ転がってできるという点が,モノグサな僕には最適でした。それに,いい歳したオッサンがテレビ画面にかじりついてゲームしてるのはみっともないものですが,携帯ゲーム機だとこっそり隠れてできますもんね(笑)

 そして何よりも,上下2画面あるため操作性が抜群に良かったですね。ニンテンドーDSはRPGに最適のゲーム機だと感じました。フィールドを歩いている時はフィールドのマップが,村の中では村の全体マップが,ダンジョンの中ではダンジョンのマップが,それぞれ上画面に表示されます。これは,方向オンチの僕にはありがたいし,ダンジョンの中で地図をメモるような面倒なことは一切不要でした。ちなみに,戦闘シーンになると,下画面にステータスが表示され,上画面には3Dアニメーションで戦闘シーンが表示されます。このアニメーションの臨場感はなかなか良かったし,敗れたモンスターが倒れる時の動きもよくできています。

 ただ,画面が小さいのはやはり難点。文字はなんとか読めますが,漢字にふられたルビは潰れて読めません。漢字の読めない低学年生や麻生さんには,このゲームはちょっと厳しいかもね。また,セーブが1個しかできないのもイマイチ。いつでもどこでも中断できる機能があるので,セーブしてしまっていいかどうか迷った場合には,セーブせずに「中断」して終わらせるのがいいかも。いずれにしても,セーブが1個なので「家族で共有して同時進行」みたいな使い方はできません。

 RPGというのは,結局は,レールに乗って決められたストーリーの上を歩いているだけなんですが,そんなゲームの中で,いかにプレーヤーの独自性を出せるかというのは重要な要素でしょう。ドラクエ9の場合,プレーヤーと仲間の性別・名前・容姿などが自由に作れる点は,なかなか良かったです。ちなみに僕は,主人公の男性以外はすべて女性にして,好きな女性の名前をつけて楽しませてもらいました(笑)

 RPGの楽しみ方は人それぞれで,素早く次のステップへ進んで短時間でクリアしてしまう人もいれば,なるべくゆっくり楽しみながら,徹底的にレベルを上げて,ゴールドをいっぱい獲得して完全武装してから中間BOSSとの対戦に臨むという,慎重な人もいるでしょう。僕の場合は完璧に後者で,標準到達レベルが10のところをレベル13ぐらいに上げて,その場所で手に入る最強の装備をしないと気がすまないという,臆病で神経質なタイプです。このため,中間BOSSに対しては必ず圧勝です。RPGというのは,プレーヤーの性格を反映してるというか,人生の縮図みたいで,面白いものです。それにしても,ゲーム発売後1週間もしたら,中古ソフトが販売されていたり,ネットに攻略チャートがアップされてたりなど,いったいどんなスピードで攻略してる人がいるねん! と,僕にとっては驚きです。

 やたらパズル性が高くて難解なRPGもありますが,このドラクエ9に関しては,全般的に難易度も低く,僕のようなオッサンでも適度に楽しめたゲームです。また,遭遇する前のモンスターがフィールド上に見えるので,嫌いなモンスターを避けて歩いたり,好みのモンスターを選んで戦闘したりできるのもありがたかったです。

 あと,各種の効果音は相変わらず素晴らしいです。おなじみの「かいしんのいちげき」の効果音は爽快だし,タンスの引き出しや扉を開ける音や,ツボを割る音や宝箱を開ける音など,前作よりも一段と磨きがかかって,すごくリアルですね。

 このゲームは3DタイプのRPGですが,フィールド上の視点は南から見た一方向で固定。また,村の中やダンジョン内では,左右45度までしか回転できません。フル3Dタイプでない点には不満があるものの,操作を難解にしないためにはこういう割り切りもアリかと思います。

 僕は数日前に本編をクリアしましたが,クリアした時の達成感とともに,クリア後の脱力感というか寂しさというのは,RPGには付き物。ところが,ドラクエ9の場合は,本編をクリアしてからの楽しみが色々あるみたいです。本編クリア後にあるイベントを達成すると,箱船を自由に操縦して全世界を飛び回ることができ,クリア後に初めて行ける場所がいくつもあるらしい。また「宝の地図」で何箇所もの宝探しができます。また,ラストBOSSとは何度も戦闘を繰り返すことができ,その都度ラストBOSSの経験値獲得とエンディングが楽しめます。ということで,僕の旅はまだまだ続きそうです。

 過去の関連記事:テレビゲーム(2007年1月2日)

|

« おかしな選挙制度 | トップページ | 利用明細のチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/46159389

この記事へのトラックバック一覧です: クリアした!:

« おかしな選挙制度 | トップページ | 利用明細のチェック »