« 開票速報 | トップページ | まずければ返金 »

2009年7月16日 (木)

サイモン&ガーファンクル

 55歳の石田純一さんが22歳年下の東尾理子さんと結婚するという芸能ニュースが話題になっていました。東尾理子さんは33歳・・・若い! う~~ん,羨ましい。よーし,僕も頑張る!(何を?)

 それにしても,東尾理子さんの父親(東尾修氏)と石田純一さんは4歳の差,石田純一さんの息子さん(いしだ壱成氏)は東尾理子さんの1歳年上とか。いったいどんな家庭になるんでしょうねー。「プレイボーイの血を引いた息子が妻と浮気」なんてことにならないか,ちょっと心配になります。

 まあ,それはどーでもいいとして,最近の芸能ニュースとしては,「サイモン&ガーファンクル」のコンサートが13日に京セラドーム大阪で開かれたという話題の方が,僕にとっては興味を引きました。

Photo
 (asahi.comより転載)

 僕の青春時代の思い出の音楽は,マイケル・ジャクソンではなく,やはりビートルズやサイモン&ガーファンクルですね。S&GのCDは今でも時々聴きますが,あの美しいハーモニーやはり最高で,懐かしくて泣けます。ところで,当時はみんな「サイモンガーファンクル」と呼んでいた記憶しています。最近は「サイモン アンド ガーファンクル」と言う人が多いみたいですが,この呼び方は僕にはちょっと違和感あります・・・って,どーでもいいことかも知れませんが。

 そういえば,S&Gの名曲に「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」という曲がありますが,これって「あすにかけるはし」? それとも「あしたにかけるはし」?・・・僕は子どもの頃からずーっと「あすにかけるはし」だと思い込んでいましたが,まったく別の曲で倉木麻衣さんの「明日へ架ける橋(あしたへかけるはし)」というのを聴いた時,S&Gの曲もひょっとして「あしたにかけるはし」が正解だったのかと,その自信は揺らぎました。でもどっちが正解なのか,確かめる術がありません。外国語の楽曲の邦題をどう発音するのが正しいかなんて,翻訳して邦題を決めた人でない限り,絶対にわからないですよね。ということで,S&Gの「明日に架ける橋」をどう発音するかというのは,僕にとって永遠の謎なんです。ひょっとして,「みょうにちにかけるはし」でした なんていうオチがあるかも。

|

« 開票速報 | トップページ | まずければ返金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/45646285

この記事へのトラックバック一覧です: サイモン&ガーファンクル:

« 開票速報 | トップページ | まずければ返金 »