« 暴力団の正義感? | トップページ | 裁判員制度スタート »

2009年5月21日 (木)

総選挙の投票率

 自民党の古賀誠選挙対策委員長が,民放テレビ番組の中で,次の総選挙について,「投票率はあまり高くないほうがいい。高いと自民党にプラスということもあったが,最近は怖い」と述べ,投票率が高いと自民党に不利になるとの認識を示したらしい。これに対して,共産党の志位委員長は「末期的な発言だ。有権者や国民に対する冒涜だ」と批判し,社民党の福島党首も「こんなことを言う議員のいる自民党政治は主権者の力で近いうちに倒されるだろう」と指摘したとか。また,麻生首相は,古賀氏の失言を打ち消す意味もあってか,「投票率は高いほうがいい」と反論したらしい。

 古賀氏の「投票率は高くないほうがいい」との発言は,野党から厳しく批判を受けているように,有権者から広く支持を集めることが責務の政党の幹部としては,たしかに無責任な発言といえるでしょう。また,単に自分の政党に有利だからという理由で「あまり投票に行かないで欲しい」みたいな発言は,身勝手といえます。

 ただ,このブログで過去にも書いたように,投票率が低いということは,マジメに毎回必ず投票に行く人の票が主体となるため,ヘンに盛り上がってめったに投票に行かない人の票が増えて投票率が高くなる場合よりも,よほど民意を正確に表わしているというのが僕の持論です。また,投票率が低いということは,投票に行った人にとっては,相対的に自分の「1票の重み」が増すわけで,個人的にはありがたいことです。

 ということで,古賀氏のような立場の人が「投票率が低い方がいい」というのは極めて不謹慎だと思いますが,一個人の立場としては,投票率は低い方がありがたいですね。世の中の多くの人が投票率を上げろ上げろと言う理由が,僕にはよく理解できません。

 過去の関連記事:
  投票率はどうなる?(2007年7月29日)
  投票率は低いほどいい!(2005年11月24日)

|

« 暴力団の正義感? | トップページ | 裁判員制度スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/45086080

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙の投票率:

« 暴力団の正義感? | トップページ | 裁判員制度スタート »