« 文学作品 | トップページ | 漢字の表記 »

2009年5月15日 (金)

どっちでもいいけど

 かつて辞任表明して辞意撤回するなどの「お騒がせ」があった民主党の小沢代表ですが,今度の辞任はホンモノだったようですね。辞任の理由は要するに「総選挙に勝つため」ということらしいですが,これって昨年の福田総理の突然の辞任理由と結局同じなんですよね。やれやれ。もっとも,福田氏の場合は,公職である総理大臣の辞任であり,内閣交代に伴う国政への影響や臨時で発生する諸費用が税負担であることなどを考えると,一政党の代表辞任に比べてはるかに罪深かったと言えますが。

 民主党の新代表を決める選挙は,明日16日に告示および投開票される予定で,立候補表明しているのは鳩山由紀夫幹事長と岡田克也副代表という,相変わらずの新鮮みのない顔ぶれ。僕としては,超右寄りの前原氏だけはちょっと怖くてカンベンして欲しかったので,鳩山氏と岡田氏ならどちらでもいいというか,どっちもイヤというか,まあどうぞ勝手にやって下さい・・・と,従来ならそんな感想でしたが,今回の場合は,代表になった人が次期の総理大臣になる可能性もあるので,民主党代表選といっても,これまでほどは無関心ではいられないですね。

 ちなみに両候補を簡単に比較すると,岡田氏は小泉元総理の政策に近い市場経済主義者と言われているらしく,近い将来の消費税増税派とか。一方の鳩山氏は官僚政治からの脱却を目指した小沢一郎氏の路線を継承するとともに,無駄遣いを削減することで増税には慎重な考えとか。それにしても,岡田氏は前回の総選挙で大敗して代表を引責辞任したのに,総選挙を直前に控えたこのタイミングで,またまた代表選に立候補するというセンスはなかなかのものです。

 僕は自民党政治には愛想を尽かしているものの,かといって,仮に民主党政権が誕生しても大きく変わることはほとんど期待していないわけですが,それでも,「官僚政治からの脱却」とか「予算の抜本的な組み替え」というのは,やれるものならやってみて欲しいという思いはあります。その意味で,この二人のどちらがいいかと聞かれれば,鳩山氏の方がマシかな~というところです。ま,官僚抜きでは予算も法律も作れないはずなので,「官僚政治からの脱却」というのは結局無理だと思いますけどね。

 それはともかく,自民党総裁選の場合は,長期間派手に実施し,メディアをフルに活用して政策を宣伝していたのに対し,民主党代表選は超短期間でしかも投票資格が国会議員だけとは,党の政策を宣伝する絶好のチャンスなのに,もったいないことをするものです。党の宣伝という点に関しては,やはり自民党と比べるとセンスが悪すぎますね。

 過去の関連記事:
  民主党の代表選(2006年9月1日)
  民主党代表選挙(2008年8月24日)
  総裁選の報道(2008年9月7日)

|

« 文学作品 | トップページ | 漢字の表記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/45023473

この記事へのトラックバック一覧です: どっちでもいいけど:

« 文学作品 | トップページ | 漢字の表記 »