« 昼下りの情事 | トップページ | JRもフリーパスを! »

2009年5月 5日 (火)

5月6日は何の日?

 ゴールデンウィークもあと1日ですが,今年は5月6日がなんで休日なのか,実はよくわかってなかったので,念のためにきちんと調べました。

 「国民の祝日に関する法律」の第3条第2項によると,「『国民の祝日』が日曜日にあたる場合,その直後の『国民の祝日でない日』を休日とする」という規定があり,この日は一般に「振替休日」と呼ばれています。つまり,5月3日の日曜日が「憲法記念日」と重なり,翌日の4日は「みどりの日」,翌々日の5日が「こどもの日」のため,その次の6日が「5月3日の振替休日」になるというもの。

 ちなみに,2006年までは「重なった翌日の月曜日が休日」という規定だったため,もし2007年の法改正がなかったら今年の5月6日は休日にならなかったというわけです。さらに,「国民の祝日に関する法律」の第3条第3項には「『国民の祝日』と次の『国民の祝日』の間が1日しかなく,その日が『国民の祝日』でない場合,その日を休日とする」との規定があり,この日は一般に「国民の休日」と呼ばれているそうです。2006年までは毎年5月4日が自動的に「国民の休日」となっていましたが,2007年以降の5月4日は「みどりの日」という祝日になっています。

 ところで,今年の9月は,21日(月曜)が「敬老の日」で23日(水曜)が「秋分の日」のため,この第3項が適用されて22日(火曜)が「国民の休日」となります。このため,週休2日の事業所の場合,9月19日から23日まで5連休になるんですね。非常に珍しいケースですが,こうなるのは,21日が第3月曜日になるケースだけなので7年に1度の確率。さらに,秋分の日は9月23日の場合と24日の場合があるので,さらに確率は低いということですね。ちなみに,僕の会社の場合,今年度はワークシェアリング適用とかで勤務時間が減り,毎月第3金曜日が休みなんです。このため,9/18(金)から9/23(水)まで6連休になります。ばんざ~~い!・・・って,何歳になっても休みが増えるというのは嬉しいものです。

 土日や祝日に休めない職業の人には大変申し訳ないですが,僕の会社の場合は個人意志で大型連休を取得するのが難しい環境のため,国民全体の休日が増えるというのはありがたいものです。公的機関の週休2日が定着したため,カレンダー上も土曜日を赤色にして,土曜日と祝日が重なった場合には翌月曜日を振替休日にするように法改正してほしいぐらいの勢いですね。

 それと,年末年始の12月31日から1月3日までは,役所も銀行も休みで実質的に祝日扱いなのに,法律上は元日の1月1日だけが祝日というのもすっきりしません。このため,1月1日が日曜日の場合には,1月2日が振替休日になるという,全然意味ないことになってしまいます。この際法律を変えて,12月31日から1月3日までの4日間をすべて正式な祝日にすればいいのにと思います。そうすれば,来年(2010年)は1月4日も振替休日になるんですけどね。

|

« 昼下りの情事 | トップページ | JRもフリーパスを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/44912003

この記事へのトラックバック一覧です: 5月6日は何の日?:

« 昼下りの情事 | トップページ | JRもフリーパスを! »