« 高速1000円に挑戦! | トップページ | 追加経済対策 »

2009年4月17日 (金)

またまた九州へ

 出張でまた九州へ行って来ました。空港でちょっと気になったのは,出発地の空港で預けた手荷物を到着地で受け取る際,昔は引換証の番号と手荷物の番号を係員が一つ一つ照合していたんですが,最近は係員は照合せず旅客まかせで,係員は引換証を受け取るだけになったんですね(ANAの場合)。こんなんで,紛失事故や盗難事件が本当に発生しないのか,ちょっと気になるところです。日本の空港も,そのうちどこかの国みたいに手荷物紛失が頻発するようになるんじゃないかと,ちょっと心配ですね。

 ところで,JR九州の車両で見つけた面白いマークがこれ↓

Photo

 「床に座らないでください」マークです。こんなマーク,他のJRや私鉄では見たことないです。九州では床に座るヘンな人が多いんでしょうか。

 それはともかく,下の写真はJR日豊本線の車窓から撮った写真。走っている列車からの写真なので,あまりキレイに撮れませんでしたが,日豊本線は,宮崎県付近では海岸沿いを走るため,車窓から間近に海の景色が楽しめます。

1

2

 そして,下の写真は宮崎県都農(つの)町のリニアモーターカー実験線の跡。使われなくなった高架が何年も残ったままです。このまま風化して廃墟となって行くんでしょうか。

1_2

2_3

 さて,リニアモーターカーつながりで,千葉県知事に当選した森田健作氏は,成田空港と羽田空港の間にリニアを通すことを公約に掲げていたらしいですね。リニアというのは,いまだに実験線を延長するとかいう話ばかりで,実用化の見通しがさっぱりわかりません。こんなリニアを公約にしていたというのには笑えますが,そもそも,羽田と成田を短時間で直結するというのは,関東以外の地方から羽田経由で国際線に乗り継ぐ旅客の利便性のためでしょう。千葉県民には何もメリットないと思われますが,なんでこれが千葉県知事の公約になるのか,僕にはさっぱり理解できません。

 それはともかく,この知事選をめぐり,市民団体が森田知事を刑事告発したというニュースがありました。自民党に所属しながら「無所属」で選挙活動をしたことは公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の疑いがあるとのことで,あわせて,2005年・2006年に献金が禁じられていた外国人や外国法人の持ち株比率が50%を超える企業から寄付を受けていたことが政治資金規正法違反にあたるとの主張らしいです。

 県外の人間にとっては千葉県知事選のことはあまり興味がなかったし,そもそも県外の知事選のことはほとんど報道されていなかったので,あの森田健作氏が「完全無所属」で立候補していたとは知りませんでした。この人は,1992年の参議院議員選挙では社会党や民社党(当時)などの推薦を受けて立候補し,「昔は自民党支持でした!」としきりに叫んでいたのを覚えています。そしてその後,民社党と会派を組み,民社党解党前の1994年には自民党に移ったらしい。この時に「やっぱり自民党支持でした!」と叫んだかどうかは知りませんが(笑)

 なかなか理解に苦しむ行動をとる政治家ですが,いずれにしても,今はどう見ても「ゴチゴチの自民党」ですよね。今回告発した市民団体の人というのは,マジで森田氏が無所属だと思っていて「騙された」とでも言うんでしょうか。よくわかりません。ていうか,森田氏なんかに絶対投票していない人が告発しているように思えるので,この刑事告発は,選挙に負けた陣営の単なる「腹いせ」のようにも見えます。そもそも,たとえどこかの政党の党員であっても,党の公認がなければ形式上は「無所属」と見なすのが慣例でしょう。政治資金規正法違反の件はよくわかりませんが,公職選挙法違反に関しては,市民団体側に分が悪いような気がします。

 ということで,今回刑事告発した市民団体というのは,なんとなく「怪しげ」な気もしますが,それはそれとして,やっぱり僕は,森田氏のようにハチャメチャで一貫性のない人はそれ以上に怪しく,政治家としてどうも好きになれません。まあ,千葉県の有権者が選んだ結果なので,外野がとやかく言う問題ではありませんが。

 過去の関連記事:リニアモーターカー(2006年6月30日)

|

« 高速1000円に挑戦! | トップページ | 追加経済対策 »

コメント

こんにちは。飛行場の荷物の半券チケット確認って国際線では全然行われてないですよね。外国もですが、成田でもやってなくて勝手に皆自分のを持ってでます。これ、なんで国内線だけ引換証を係員が確認するのかすごく不思議です。

外人の多い空港(成田とか)でそんなことやると外国人に「なんで日本だけそんなことやるんだ?」と文句を言われるからでしょうか?

ちきりんは日本の国内線に乗るのは年に5,6回と少ないのですが、いつもとても不思議です。ではでは

投稿: ちきりん | 2009年4月18日 (土) 22時13分

 こんにちは。
 引換証の番号がノーチェックだと,もし当事者が間違ったり故意に違う荷物を持って行ったりした場合に防ぎようがないので,係員がチェックするのが当然だと思ってました。国際線ではチェックしてなかったとは知りませんでした。
 でも,もし間違っても,残った荷物の番号から,誰が間違ったかを追跡できるので,あんまり神経質にならなくてもいいのかも知れませんね。

投稿: かば | 2009年4月18日 (土) 22時31分

こんにちは。
もともと国内線では半券チェックがされてたんですねー、私は逆にそれを知りませんでした!また何と面倒なことを!って思ったのですが、国際線で何のチェックもせずに、みな勝手に持って出ていくのも不思議な話ですね、よく考えてみれば。そんなところだけ皆の良心に任せるの?とも取れますし。
因みに、私が使っていた九州の某空港(JALを使ってました)では、預け荷物は巨大回転寿司を模したお寿司の形のオブジェ(海老とか)と一緒にレーンを回っており、自分の荷物を勝手にピックアップして、出口に備え付けてある商店街のくじ引きみたいな箱に勝手に半券を入れて出てってね、というシステムでした。(預け荷物が極少の場合は、無造作にフロアに放置されてたのをピックアップ→同じように勝手に半券を入れて出ていきます)
引き換えどうこうよりも、巨大回転寿司に突っ込みどころ満載でしたけれど(苦笑)

投稿: kate* | 2009年4月19日 (日) 01時19分

 こんにちは。
 ANAの場合,少なくとも半年ぐらいまでは番号チェックをやっていたと記憶しています。なので,ノーチェックはすごく気になりますが,人が半券を回収して荷物の個数も確認するので,好き勝手に持って行くというスタイルではないですね。
 僕は荷物が多いと書類が入ったバッグも預けることがあるので,回収箱に入れるなど,完全に各人の良心にまかせるのはやはり心配です。
 ところで,巨大回転寿司の荷物レーンは,シャリじゃない,シャレが利いていて素敵ですね。ワサビも入ってましたか?(笑)

投稿: かば | 2009年4月19日 (日) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/44703044

この記事へのトラックバック一覧です: またまた九州へ:

« 高速1000円に挑戦! | トップページ | 追加経済対策 »