« 漫画の登場人物 | トップページ | わかりにくい高速料金 »

2009年3月28日 (土)

破壊措置命令

 北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2」とみられる機体の発射準備を進めていることを受け,政府は27日に「安全保障会議」を開き,自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊措置命令」を発令することを決定し,これを受けて防衛相は自衛隊に対して破壊措置命令を発令。これにより,迎撃用の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載済のイージス艦2隻を日本海に,別のイージス艦1隻を太平洋に配備。また,迎撃用の地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)を,首都圏とミサイルが上空を通過するとみられる東北地方の計5カ所に配備するとか。

 北朝鮮が「人工衛星」だと言っているのに,なんで他国がミサイルだと決めつけているのか,理由はイマイチはっきりわかりませんが,ミサイルというのはたぶん本当なんでしょう。でも,この「ミサイル」がもし日本の領空を通過した場合,本当に迎撃できるんでしょうか。

 たとえば28日の朝日新聞によると,海上自衛隊の過去2回のSM3試験では1回失敗。米海軍の場合はこの6年間に15回試験して12回成功。PAC3も試験を重ねていて成功しており,両者の組合わせで迎撃率は8割以上らしい。ただし,これらの試験はあらかじめ発射時刻がわかっていたり試験規模も小さかったりして,鵜呑みにはできないとか。また,SM3で迎撃できるミサイルの最高速度は約500km/hで,最高速度が600~1,000km/hに達するとされるテポドン2は迎撃できないとのことで,なんとも心もとないです。というか,自衛隊の迎撃のレベルがこの程度というのには驚きです。

 実際の戦争ならともかく,事前に発射時刻がわかっている訓練では100%迎撃できないと話になりません。自衛隊の任務というのは他国からの攻撃に対して防衛すること。巨額の防衛費を使いながら,自衛隊はいったい今まで何を整備してきたのかと,腹立たしくなります。防衛費の使い方を間違っているとしか思えません。他国からのミサイルの迎撃すらまともにできないような自衛隊なんか不要だと思いますよ。

 ということで,今回万一迎撃が必要になったとしても,僕の予想では,たぶん迎撃できないと思いますね。あ,もっとも,先日のブログでWBCの結果予想を大きく外した僕の予想なので,この予想の的中確率は,ミサイルの迎撃確率よりも低いかも知れませんが。

 それにしても,今回の場合,「ミサイル」発射が事前に予告されていて,それに基づいた破壊措置命令の発令と迎撃の準備ということなので,言ってみれば「訓練」と極めて酷似したケースですよね。本来の戦争というのは,どこかの国が,予告無しにいきなりミサイルを発射してくる可能性があり,それから数分以内に迎撃する必要があるでしょう。今回のケースのように,北朝鮮の発表に基づいて破壊措置命令を発令し,それから必要な装備を各地に配備するなんて,なんだかのんびりしすぎです。

 イザという時には,いちいち「安全保障会議」の決定を待ったり,破壊措置命令を待ったりする余裕なんかないはずです。迎撃確率もさることながら,命令が出るまでに時間がかかるシステムになっているというのは,超心配ですね。

 過去の関連記事:
  防衛施設庁の「談合」(2006年2月3日)
  ミサイル発射(2006年7月6日)
  復活ゴジラ(2009年1月25日)

|

« 漫画の登場人物 | トップページ | わかりにくい高速料金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/44493252

この記事へのトラックバック一覧です: 破壊措置命令:

« 漫画の登場人物 | トップページ | わかりにくい高速料金 »