« ブログ炎上 | トップページ | どうやって書いているか »

2009年2月 7日 (土)

気楽な立場

 麻生総理の「郵政民営化には反対だった」の発言が物議をかもしているようです。要するに麻生氏は,「(旧郵政省を管轄する)総務相当時,郵政民営化には反対で,当初は解散の詔書にサインしなかったが,最終的には小泉内閣の閣僚の立場を優先して郵政解散に同意した」ということ。そんな事実があったことすら僕の記憶にはありませんでした。ていうか,当時の麻生氏はタダの一閣僚。その程度の言動が注目されるほどの立場の人ではなかったということでしょう。

 今回の麻生氏の発言に対しては,自民党内からも批判の声が噴出しているみたいですが,もともと小泉内閣時代にそういう言動をしている人なので,「郵政民営化に反対だった」と発言したからといって,何を今さら大騒ぎしてるの? と思います。それを問題視するのなら,なんで麻生氏を総裁に選んだの? と言いたくなります。もっとも,言い方とか言うタイミングの悪さとかという点で,麻生氏は相変わらずセンス悪いなあとは思いますが。

 そもそも閣僚に限らず,一人一人の議員というのは,それぞれがきちんとした思考能力を持った立派な大人であり,党所属の議員全員が同じ考えを持つなんてことはありえません。でも,政党などの組織の一員であれば,自分の意思だけでなく,最終的には組織の決定に従って行動するのは当然のことでしょう。その意味で,当時の麻生氏の「郵政民営化には反対だったが閣僚の立場を優先した」というのは何も間違っていないと思いますよ。

 むしろ,郵政民営化反対の信念を貫いて離党までして独自選挙を戦ったのに,投票してくれた有権者の意向を無視して,当選後に郵政民営化賛成に寝返って復党するような議員の方が,よほどハレンチで許せないと僕は思います。

 ということで,党員とか党の公認候補とかの場合は,たとえ自分の考えと異なっていても最終的には党の決定に従わざるを得ないのは当然であり,ある意味つらい立場だと言えます。でも,そうでなければ,有権者も安心してその人(党)に投票なんかできないと思いますよ。

 それに比べて,党員でもなんでもない一般人は気楽なものです。政治家が何を言おうが,各政党がどんな主張をしようが,そんなのに一切拘束されず,自分自身の判断で好き勝手なことを言えますからね。僕自身も,いつも独自の判断で言いたいことを自由にブログに書くことを信条にしており,お気楽な立場というのはホントありがたいものです。

|

« ブログ炎上 | トップページ | どうやって書いているか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43988068

この記事へのトラックバック一覧です: 気楽な立場:

« ブログ炎上 | トップページ | どうやって書いているか »