« モバイルSuicaへ移行 | トップページ | 公表の基準 »

2009年2月19日 (木)

なにわ筋線

 昨日のモバイルSuicaの記事で「Suicaおたくですね」っていうお褒めのコメントをいただいたので(ん? 褒めてない?),調子に乗ってもう1件。僕のブログでは仕事のことは基本的に書かないようにしているので,書こうかちょっと迷いましたが,まあ差し支えない範囲なので,ちょこっとだけ。

 仕事の関係で,新宿にあるJR東日本の本社ビルを初めて訪れました。セキュリティ面から,最近はどこの会社も社屋内への入室者に対するチェックが厳しくなっているようですが,JR東の本社ビルの入場ゲートは,JR各駅の自動改札とまったく同じような外観になっていて面白かったです。しかもゲートにざすのは,まさにSuicaと同じデザインの専用ICカード。社員の人はSuica形社員証を常時携帯し,この社員証を自動改札機にかざします。そして外来者に対しては同タイプのカードが貸与されるので,そのカードをかざして入場します。ということで,せっかくなので,セルフで記念撮影↓

Guestcard_3

 まさにSuicaそのものなんです。自分の持っているモバイルSuicaをゲートにかざしたらどう反応するのか試したかったけど,警備員のおじさんが目を光らせていたのでやめました。それにしても,JR線で通勤してきたJR社員さんは,電車を降りてSuicaで改札を出たと思ったら,またすぐにSuicaで改札内に入場というわけなんですね。なんか悲しい。

 さて,話はまったく変わりますが,電車つながりで関西の「なにわ筋線」の話題。1980年代に計画されてから長年凍結されていた新線「なにわ筋線」について,国土交通省は近くJR西日本・南海電気鉄道・大阪府・大阪市によるトップ会議を開き,建設に向けて再始動するとか。この「なにわ筋線」は,JR新大阪駅から梅田北ヤードの新駅と京阪電鉄中之島駅を経由して大阪市内を南下し,分岐してJR難波駅と南海汐見橋駅につながる10.2キロの路線で,大阪の中心部から関西空港へのアクセスが1時間程度から30分程度にまで短縮されるそうです↓

Photo
  (asahi.comより転載)

 関空と京阪神地区を結ぶ鉄道としては,JRの「はるか」と南海の「ラピート」が有名ですね。「はるか」は京都へ直通なので僕はなんかいか利用しましたが,なんかいは1回も利用してません(ややこしいっ!)。

 「はるか」で直通の場合,京都~関空間の所要時間は75~78分かかります。この「なにわ筋線」が開通すると,京阪や阪急との接続が可能になるので,元京都人としてはちょっぴり期待できるものの,乗り換えが必要なので,所要時間が「はるか」よりも短縮できるかは疑問です。京阪や阪急に直接乗り入れて関空~京都間を直通運転できれば理想なんですが,レールの幅が違うのでこれは絶対に不可能です。

 ちなみに,ご存じの方はご存じのとおり,列車のレールの幅には何種類かあり,国内で多く採用されているのは「標準軌」と呼ばれる広めの軌道と「狭軌」と呼ばれる狭い軌道。「標準軌」が採用されているのは,JR新幹線と首都圏の一部の私鉄/地下鉄と近畿圏の大部分の大手私鉄と地下鉄など。「狭軌」が採用されているのは,JR在来線と首都圏の大部分の私鉄/地下鉄と近畿圏の一部の私鉄(南海など)。つまり,首都圏ではJR~私鉄~地下鉄の乗り入れが豊富ですが,近畿圏での乗り入れは私鉄~地下鉄が主体で,JRと南海は孤立状態ということです。

|

« モバイルSuicaへ移行 | トップページ | 公表の基準 »

コメント

昨日、今日と大変面白く読ませてもらっています!

入館証、すごく粋ですねえ!!(粋ってなんだ…)悲しいどころか、ちょっとは楽しく出勤出来るかもって思いましたよ!(笑)かばさん、次回のアポの際には、勇気をふりしぼって、「あまりにも駅の改札をソックリなので、うっかり間違えました!」って、小学生並みのバレバレの嘘をついて、モバイルSuicaをかざしてみてください(笑)

私はまだviewカードなどにも入会しておらず、EASYモバイルSuica会員なので、関西ではモバイルSuicaにチャージ出来なくて不便です。モバイルSuicaがPITAPAエリアでも使えるようになったらviewカードに入るなり、(以前教えて頂いた)VIEWカードと提携している会費無料のクレジットカードに入会したいと思ってます。だけど、相互乗り入れはまだまだ先みたいですね。IcocaとPITAPAは乗り入れしているのですが、PITAPAはポストペイ方式なので、カードの残金など気にしなくてもいいのですが、JR西でPITAPAを使う場合は(ポストペイ方式のPITAPAなのに)残金がチャージされていないと改札を通れないんだそうです。大阪で働いていた時、鶴橋の駅なんかで、うっかり近鉄の改札にJスルーカードを通してハジかれたりしていた私は、ICになっても同じようにハジかれたりしそうです…。列車の乗り入れを含め、関西圏はJRと私鉄の相互利用が不便な気がします。その点、首都圏のSuicaとPASMOはとても便利そうに見えるので、うらやましいです。

…長々失礼しました!

投稿: kate* | 2009年2月19日 (木) 22時53分

 こんにちは。
 たしかに,その方面のオタクにとっては,JR本社への出勤はかえって楽しいでしょうね。それに,ひょっとしたら,JR本社の始業ベルは,列車の発車チャイム音になってたりするかも知れませんよ。

> あまりにも駅の改札をソックリなので、うっかり間違えました!
 はいはい,次回訪問した時は,モバイルをかざしてみます。でも,誤動作してチャージ残高を差し引かれたりしないか,ちょっと心配です。

 EASYモバイルSuicaは,JR東エリアでも,駅の券売機ではチャージできず,一部のコンビニでしかチャージできなかったと思います。最近はJR西の駅コンビニでSuicaが使えるようになっていますが,そこではチャージできないんでしょうか。
 ICOCAとPiTaPaの連携はイマイチみたいですね。その点SuicaとPASMOに関しては,全然違和感なく連携できますよ。ぜひJR東エリアへ移民しましょう!
 話は変わりますが,京都から関空へは,「はるか」や「なにわ筋線」よりも,あのバス会社の方が便利でしょうか(笑)

投稿: かば | 2009年2月19日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/44106931

この記事へのトラックバック一覧です: なにわ筋線:

« モバイルSuicaへ移行 | トップページ | 公表の基準 »