« 最後のゴジラ | トップページ | 副業の解禁 »

2009年2月 4日 (水)

なんかおかしい

 最近の話題から「なんかおかしい」と感じたのをいくつか。

 まず,今話題になっている,官僚の天下りと渡りのあっせん禁止について。政府は,のらりくらりとかわしながらも,結局麻生総理は,省庁あっせんを年内で廃止することを明言したらしいですが,これはあくまで「政府によるあっせん」を廃止すると言っただけで,天下りや渡りそのものを廃止するということではないですよね。

 結局は,政府がいくらあっせんをやめても,それぞれの公益法人が自主的に決める人事や,官僚が自主的に退官するのを妨げられるものではないでしょう。なのに,「あっせん」を廃止しただけで,なんで天下りや渡りがなくなるかのような話に結びつくのか,僕にはよくわかりません。ていうか,メディアもそこを混同して報道しているように思えます。

 本質的には,そういった天下り先に潤沢なカネが流れているということが問題ではないでしょうか。その手の公益法人が本当に必要で,本当に意味ある業務をしているのかを見直すことの方が重要だと思います。ていうか,それ以前に,その公益法人に委託されている業務に関して,公正な競争入札によってきちんと委託先が決められているかというのは,極めて怪しいと思いますよ。その根本的なところを見直せば,問題となっている天下りや渡りは必然的に消滅するのではないかと思いますが,どうでしょうか。

 次に,日本郵政の宿泊・保養施設「かんぽの宿」の売却問題。結局これは,評価額に対して極めて安値で売却されたことと,その決定の過程が不透明なことが問題視されているようです。たしかに,入札が公正に行われたかは不透明だし,「転売してボロ儲けした不動産業者は実は幽霊会社だった」みたいな話もあったりして,めちゃくちゃ怪しい話だとは思いますが,それはそれできちんと調べてもらうとしても,この施設を日本郵政が持ち続けることの功罪について,きちんと報じられていないのが歯がゆいです。

 持ち続けていても赤字が続くのであれば,「タダでもいいので一刻も早く手放したい」となる可能性がありますよね。そうなると,施設の売却に関して,公明正大に再度入札を実施したとしても,もし一括売却だったら結局は同じような結果になるのかも知れませんね。僕にはよくわかりません。

 もう一つ。またまた定額給付金の問題ですが,もし景気対策を目的とするなら,現金支給よりも使用期限付きの商品券のような方式にした方が,多少なりとも経済効果があるのではないかと思います。使用期限のない現金支給で,しかも金融機関への振込みというのは,いかにも「すぐに使わなくてもいい」「家計の補填にして下さい」と言っているようなものですね。

 それに,振込みにするということは,銀行などの金融機関に莫大な手数料収入が入り,かつ金融機関の預貯金残高も一時的に一気に増大するわけで,金融機関だけがウハウハとなるのかも。結局この給付金は,金融機関救済の側面もあるのかと勘ぐりたくなります。そういうことがあまり報じられないというのも,なんだか不思議ですね。

|

« 最後のゴジラ | トップページ | 副業の解禁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43957443

この記事へのトラックバック一覧です: なんかおかしい:

« 最後のゴジラ | トップページ | 副業の解禁 »