« おくりびと | トップページ | 甲府の水 »

2009年2月27日 (金)

少子化対策は必要?

 内閣府は「少子化対策に関する特別世論調査」の結果を発表。それによると,少子化対策で特に期待する政策を複数回答で尋ねたところ,「妊娠・出産の支援」と答えた人は54.6%で,2004年9月の前回調査の27.0%から倍増した・・・といったニュースが報じられていました。(毎日jpより抜粋)

 僕は,少子化がなぜ問題なのか,そして,なぜ人口を増やすことが必要なのかがイマイチ理解できていないので,「期待する政策」なんて聞かれても答えられませんね。しょーもない世論調査をするなあと思いつつも,内閣府ホームページの調査結果をちょっと覗いてみました。こちら↓

http://www8.cao.go.jp/survey/tokubetu/h20/h20-syousika.pdf

 それによると,「出生率について我が国の将来に危機感を感じるか?」の質問に対しては,
  49.9%:大変危機感を感じている
  33.1%:多少危機感を感じている
   4.9%:あまり危機感を感じていない
   1.3%:全く危機感を感じていない
  10.2%:どちらともいえない
   0.6%:わからない
という結果。ちなみに僕は「全く危機感を感じていない」という少数派の回答になります。ところで,「危機感を感じる」というのは「違和感を感じる」と同様の「重ねことば」です。内閣府,しっかりして下さいね。

 そして,僕が最も知りたかった「少子化が与えるマイナスの影響(複数回答)」という質問もありました。その結果は,
  76.1%:年金や医療費の負担など,社会保障に与える影響
  62.4%:労働力人口の減少など,経済活力に与える影響
  41.3%:過疎化の一層の進行など,社会の活力に与える影響
  39.6%:子育てに対する負担など,家庭生活に与える影響
  29.5%:同年代の子の減少など,子どもの成長に与える影響
  24.6%:学校の減少など,身近な日常生活に与える影響
といった回答でした。

 この「マイナスの影響」については,「社会保障に与える影響」を挙げた人がトップでしたが,今の医療保険や年金などの社会保障は,ネズミ講と同じように,人口が永久に増え続けることを前提としたしくみであり,相当無理があるシステムと言えます。にもかかわらず,社会保障に与える影響が大きいという理由で少子化に危機感を感じるというのは,なんとなく高齢者のエゴのようなものを感じますね。そもそも,いくら若い世代の人口が増えても,保険料をきちんと払える正社員が増えない限りは,この問題の解決にはならないでしょう。

 「労働力人口の減少」が上位にあるのにも笑えます。有効求人倍率が0.67倍(厚生労働省が本日公表した2009年1月のデータ)と言われるほど失業問題が深刻であり,言い換えれば現実の労働力人口は過剰気味ということ。その意味では,少子化(人口減少)はむしろ歓迎すべきことのようにも思えますが,どうなんでしょうか。

 もし人口が増加した場合には,食糧難や地球環境の破壊といった問題も生じ,そのために「一人っ子政策」を実施している中国のような国もあるわけで,人口を増やすべきか減らすべきかは一長一短あり,人それぞれの考えがあって然るべき。なのに,なんで日本では政府もメディアも声を揃えて「少子化対策は絶対必要!」のような論調になるのか,イマイチ理解できません。

 社会保障が,人口が永久に増え続けることを前提としたしくみであるのと同じように,会社の組織も,社員が永久に増え続けるのを前提としていたような時代がありましたね。部長の下に課長が5人いて,各々の課長の下に大勢の平社員がいて,それにもかかわらず,ある年令になると年功序列で昇格するというピラミッド型の組織。こういうのって,社員が永久に増え続けないと維持できない形態の典型でしょう。

 でも今では,全社員のうちの約半数が管理職という会社もあるし,課長3人に部下1人・・・なんていう会社もありそうで怖いです。1人の社員に対して上長が何人もいたら,指揮命令内容が毎日変わって,その社員は大変でしょうね。このように上長が毎日コロコロ変わるのを「上長不安定」とでも言うんでしょうか(笑)

 過去の関連記事:少子化対策(2007年2月7日)

|

« おくりびと | トップページ | 甲府の水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/44195665

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策は必要?:

» 高齢出産の芸能人 [高齢出産の芸能人]
高齢出産の芸能人を参考にしてあなたも年齢関係なく出産できる体作りをしましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 21時23分

» 妊娠中のママと赤ちゃんの10か月 [妊娠初期症状の疑問解決]
妊娠初期症状でいろいろとわからないことが多くて悩むママは多いですねそもそも妊娠期間の全体を把握していないとわかりにくいことがありますのでまず妊娠中の10か月を初期・中期・後期に分けて説明していきます妊娠の初期というのは…1か月〜4か月(0週〜15週)の... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 01時14分

» 経済ニュース [経済@情報局]
経済・企業・経営の最新ニュースリンクブログ [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 13時51分

« おくりびと | トップページ | 甲府の水 »