« 百貨店とコンビニ | トップページ | 安い定食 »

2009年1月22日 (木)

平和な国

 アメリカのオバマ新大統領の就任式があったワシントンには,全米から約200万人の国民が集まったとか。この日の就任パレードで,オバマ氏はクルマを降りて少し歩いたそうですが,どのあたりで歩くかは当日まで完全な極秘で,入念な準備と厳重な警備の中,事前に決められた部分だけを歩いたと言われています。

 片やわが日本では,たとえ誰が総理大臣になっても,「一目見たい」と言って全国から何百万の人が集まるなんてことは,絶対にありえないでしょう。そして,オバマ大統領就任式があったちょうど同じ日の朝,麻生総理は,首相公邸へ引っ越し後初のウオーキングを実施したと報じられていました↓

Photo
 (asahi.comより転載)

 ウオーキング中に麻生総理とすれ違った人の中には,それが麻生氏だとは気づかなかった人もいるみたいです。たしかに,この格好でサングラスをして歩いたら「ちょっと怪しいオヤジ」にしか見えないし,誰だかわかりませんね。それにしても,アチラの国では大統領がちょっと外を歩いただけで大騒ぎ。対照的にコチラの国では,総理大臣が無防備で(防弾チョッキぐらいはしている?)公道を歩くのも自由だし,しかもそれが総理だと気づかない人もいるってことですね。日本ってほんと平和な国で,涙が出ます。

 でも,アメリカでは,新大統領就任宣誓に立ち会った最高裁長官が,米憲法に規定された「宣誓の言葉」の語順を間違え,オバマ氏もそのまま復唱してしまったため,「オバマ氏は本当に米大統領になったのか?」との議論が浮上。そこで,念のために宣誓をやり直すことになったというニュースもありました。いやはや,アメリカも意外と平和な国なんですね。

|

« 百貨店とコンビニ | トップページ | 安い定食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43822965

この記事へのトラックバック一覧です: 平和な国:

« 百貨店とコンビニ | トップページ | 安い定食 »