« 復活ゴジラ | トップページ | 高速道路値下げ »

2009年1月26日 (月)

蚕の思い出

 昨日のゴジラの記事で,「モスラが繭を作るシーンを見て蚕を思い出した」と書きましたが,今日は,僕の蚕に関する思い出について。

 僕のパソコンで「かいこ」と入力すると,やはり「解雇」と変換され,最初は「蚕」とは変換されません。それぐらい蚕というのは遠い昔の存在になってしまったようですが,僕が子どもの頃(たしか小学4年生だった),学校で蚕を飼う実習をしていて,各家庭にも何匹か幼虫を持ち帰って育てていたことがありました。

 蚕の餌は,ご存じのとおり桑の葉っぱ。桑というのは蚕の餌となるのが主目的の植物で,桑畑の地図記号も有名ですね(アルファベットの「Y」の右下に「-」をつけたような記号)。水田や茶畑と並んで専用の地図記号があるぐらいに,桑畑というのは,かつての日本中のあちこちで見られた光景なんでしょう。今の子どもは桑畑の地図記号なんか知っているんでしょうか。ていうか,桑畑なんか見たこともない子どもが大半なんでしょうね。

 蚕の幼虫を家庭に持ち帰って,餌となる桑の葉をどうやって手に入れていたのか,記憶が定かではありませんが,当時は京都の町中でも簡単に調達できたんでしょうね。そういえば,京都には「蚕ノ社(かいこのやしろ)」という神社が今でもあり(市内を走る京福電鉄の駅名としても有名),織物の始祖がこの神社に祀られているらしいです。

 僕は虫が大の苦手でしたが,蚕の幼虫だけは可愛くて好きだったし,触ることもできました。そしてある日,僕が育てていた幼虫が,みんな揃って繭を作り始めた時の驚きと喜びは今でも忘れられません。完成した白い繭は超美しく,これを茹でて絹糸にしてしまう(当然,中のサナギは死んでしまう)のって残酷だなあと思ったものです。

 もちろん僕は繭を茹でたりしてないので,成虫になってある日突然繭から出てきました。そして成虫は,何も食べずにひたすら卵を産み続け(成虫になったら桑の葉は食べません),生み終えたらそのまま死んでしまいました。もちろんモスラのように空を飛んだりはしません。蚕の成虫というのは,蛾や蝶のように大空を舞うことはなく,種を残すためだけに成虫になるみたいです。なんだか哀れです。

 そういえば,今では考えられないことですが,かつてある大学には養蚕を研究する学科がありました。それくらい,養蚕業が日本の繊維産業の一端を支えていた時代があったんですね。ということで,都会に育った僕にとっても,蚕というのは身近な存在で,とても懐かしい思い出として記憶に残っています。・・・「懐古趣味」って?

|

« 復活ゴジラ | トップページ | 高速道路値下げ »

コメント

連日失礼しまーす。
私も小学校4年生の頃、蚕を育ててました!(私のPCでも「解雇」と変換されました…)もしかして、何かそういう伝統があるのでしょうか…。桑の木は、通学路に一本しかなくて、下校時には他の子に取られまいと猛ダッシュで桑の木に向かっていた記憶があります。
「懐古趣味」のところ、電車の中でケータイで読んでいたんですが、噴き出してしまいましたー。も、もしや、この「懐古趣味」を書くためだけにこのエントリを選ばはったんだろうかと思ったのですがどうでしょう(笑)

投稿: kate* | 2009年1月27日 (火) 23時42分

 へ~~! 若いkate*さんの時代でも蚕を育てていたんですか。それは驚きです。まさか「科学の付録」じゃないですよね。しかも京都市内の通学路に桑の木があったとは。養蚕業が完全に衰退したのはそれよりも後ってことで,意外と新しいんですね。
 この記事を書いたのは,映画でモスラを見て思い出したからですよ~。「懐古趣味」は日本語変換で偶然出てきただけです。「懐古趣味」にしようか「回顧」を使おうか,迷いましたけど(笑)

投稿: かば | 2009年1月28日 (水) 00時39分

私も小学2年のときに、蚕を育てましたよ~! 残念ながら、私の場合は、それで虫が苦手になってしまいましたが。大人になった今、私よりもっと大人の人と話をすると、けっこう蚕にまつわる話が出てきます。あと、麻の話なども聞きます。いかに大変な作業だったかということも。日本の手仕事、すばらしかったのだなあと思います。

投稿: Rico | 2009年1月28日 (水) 09時27分

 しばらくです~。
 ある年代以上の人にとっては蚕は身近で,いろんな思い出があるんでしょうね。
 かつて養蚕は日本の一大産業だったと思いますが,人手頼みの産業というのは,結局は人件費高騰と人手不足で廃れていくんでしょうね。悲しいことです。

投稿: かば | 2009年1月28日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43867209

この記事へのトラックバック一覧です: 蚕の思い出:

« 復活ゴジラ | トップページ | 高速道路値下げ »