« 阪急西宮ガーデンズ | トップページ | 給食費に連帯保証人 »

2008年12月 3日 (水)

選考方法に疑問

 来年5月に始まる裁判員制度に向けて,全国で候補者となった約29万5,000人に最高裁から通知が発送されたとか。職業上の制約などで裁判員になれない人や辞退が認められた人を除く候補者から,事件ごとに数十人がくじで選ばれ,来年5月以降に改めて通知を受けることになるらしいです。

 通知が来たという人のいろんな感想や戸惑いなどがさっそく報道されていました。たとえば神奈川県在住の男性(65歳)の場合,「家に通知が届いたが,通知を受けたのは福祉施設に入所する義母(87歳)で,認知症があり,耳もほとんど聞こえない。自分は裁判員をやってみたかったし,33歳の息子もやりたがっていたが,『辞退』と回答するしかない。もったいない」なんていう,笑えない事例もあったそうです(asahi.comより)。

 「選ばれた」という事実をマスコミにペラペラ話していいものなのかよくわかりませんが,それにしても,87歳の認知症の人が選ばれるなど,年令制限(上限)がないというのには驚きました。

 それはともかく,辞退が認められる場合と認められない場合の判断基準がけっこう不明朗です。報道によると,各地の模擬選任で辞退が認められた例は,以下のようなケース。
(1)大学で大事な授業を教える必要がある
(2)客に車を納車しなければならない
(3)漁に出なければいけない
(4)従業員に人事制度改定の説明をできる人がほかにいない
(5)経営している八百屋の特売日である
(6)直前に迫った結婚式の打ち合わせがある
(7)ママさんバレーのエース選手で,重要な大会が裁判日と重なる

 逆に,認められなかった例は以下のケース。
(1)仕事が忙しい
(2)社内会議の予定を変更できない
(3)他の人に仕事をまかせたが,やはり不安
(4)仕事のノルマ達成が厳しい
(5)専門学校で授業を教えなければいけない
(6)学校の運動会の打ち合わせが裁判日と重なる
(7)語学留学の準備で多忙

 認められるケースと認められないケースで,いったい何がどう違うねん? と思います。判断基準がよくわかりませんが,それよりも何よりも,「やりたくない人になんで無理やりやらせるのか?」「そもそも,司法の素人がなんで裁判に参加しなければならないのか?」という根本的な疑問が解消できていないと思います。

 ちなみに僕は,国家権力に人事権を握られている裁判官以外の一般人にこそ正しい判断ができるケースがあると信じているので,冤罪を防止するという観点で,裁判員制度は有効であると思っています。判決は裁判官と裁判員の多数決で決まるそうですが,「被告に不利益な判決に限っては裁判官の1人以上の同意が必要」つまり「被告に利益になる判決の場合は裁判官の同意は不要」というのも,裁判員制度が冤罪防止に役立つという点で,理にかなっているでしょう。

 問題なのは,辞退できる条件が不明確でかつ厳しすぎる点。辞退できる条件を大幅に緩和し,単に「やりたくない」「荷が重い」などの理由でも辞退を認め,やりたい人だけにやってもらえばいいのではないかと思います。そして,対象者を無作為に選んで意思を確認するという手間のかかることをせずに,最初からやりたい人を募って登録制にすればいいのにと思います。ちなみに僕は「ぜひやってみたい派」です。

 「司法になんで素人の参加が必要か?」というのはたしかに疑問ですが,考えてみたら,立法や行政の場合,国会議員や自治体の首長などは選挙で当選さえすれば素人にでもなれるわけで,司法に関しても素人に門戸を開くのは自然なことなのかも知れません。だからこそ多くの諸外国でも陪審員制度が存在しているのでしょう。ちなみに,日本では一般人向けに最高裁判事の国民審査という制度がありますが,これはお世辞にもマトモに機能しているとは言えません。

 ただ,いくら素人参加が可能とはいえ,立法・行政・司法ともに,必要最低限の知識や能力があるかをテストする資格制にした方がいいような気がします。裁判員になる人が認知症だったら困るし,かの横山ノック氏みたいに漢字が読めない知事では心配です。そして,国会議員や総理大臣に対しは,法律知識の検定はもちろん,漢字の読み取りテストもぜひ実施しましょう!(笑)

 過去の関連記事:
  最高裁判事の国民審査って?(2005年11月10日)
  裁判員制度(2006年5月11日)
  異なる評決(2006年12月18日)
  それでもボクはやってない(2007年1月21日)
  12人の優しい日本人(2008年6月17日)

|

« 阪急西宮ガーデンズ | トップページ | 給食費に連帯保証人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43304872

この記事へのトラックバック一覧です: 選考方法に疑問:

« 阪急西宮ガーデンズ | トップページ | 給食費に連帯保証人 »