« 東宝の特撮映画 | トップページ | 私は貝になりたい »

2008年12月21日 (日)

1万円札は必要?

 最近は,電車に乗る時やコンビニで買物する時は,ほとんど電子マネーを利用しています。そして,よく利用する近所のスーパーは,会員カード兼用のクレジットでの支払い。会社で注文する弁当や社員食堂もクレジット払い。クルマのガソリンもクレジット払いで高速道路料金はETC。JRの長距離切符や航空券もクレジット払い。1万円以上の高額の買物はほとんどがクレジット払い・・・ということで,僕の場合は現金自体を使う機会が激減しています。現金を使うのは,電子マネーに対応していない飲み物自販機とか,ファストフードやレストランでの支払いとか,出張先で利用するタクシーぐらいですね。

 そうなると,現金が必要となるケースで必要になるのはほとんどが千円札か小銭。たくさんの1万円札をいつも持ち歩いているわけではありませんが,1万円札というのは僕にとってはとても邪魔な存在です。特にタクシーに乗る場合,乗車料金がたいていワンメーターから千数百円程度なので,タクシー料金の支払いに1万円札を利用すると,まず間違いなく運転手に拒否されるか,拒否されない場合でも嫌味の一つを言われるのが普通です。コンビニやスーパーの場合には,少額の買物で1万円札を出しても,店員にイヤな顔をされることはないわけで,タクシー業界というのはいつになってもサービス精神に欠けている運転手が多いと言えるんではないでしょうか。

 また,飲み会などで割り勘するような場合も,千円札を多く持っていた方が何かと便利。たとえば「一人6,000円」なんていう割り勘の場合,1万円札しか持っていない人が多いとちょっと混乱します。こういう時には千円札6枚を差し出すと喜ばれますよ。

 ということで,僕はなるべく紙幣は1万円札でなく千円札で持つように心がけていますが,銀行ATMなどで現金を引き出した場合は,無条件で1万円札が出てきます。僕としては,たとえば5万円を引き出す場合,すべて千円札で50枚欲しいぐらいの勢いなんですが,1万円札5枚が出てくるのが当たり前になっているATMというのは許せません。引き出し時に紙幣の種別を指定できるATMがあってもいいのにと思います。

 もちろん引き出し後に両替すればいいわけですが,銀行の両替機は午後3時までだったり,最近は両替手数料が取られる話があったり(これは小銭だけ?)するので,たとえば5万円を引き出したい場合には,僕はわざと引き出し額を「4万9千円」にするなどして,千円札を増やすようにしています。

 また,高額紙幣が使える自販機(券売機など)がある場合には,少額の支払いでたとえ小銭を持っていても,必ず1万円札を利用して,手持ちの1万円札を早めにくずしておくような工夫をしています。少額の支払いで1万円札を利用しても一切文句を言わない自販機というのは,ありがたいものです。

 そして,手に入れた紙幣は,なるべくキレイな順に並べて財布に入れ,折り目の激しく付いた古い紙幣から順に使用するようにしています。これは,汚い紙幣をなるべく持ちたくないという理由以外に,自販機利用時に古い紙幣は認識しない可能性があるので,なるべくキレイな紙幣を手許に残しておきたいという理由からです。ちょっと神経質すぎるかも知れませんね。

|

« 東宝の特撮映画 | トップページ | 私は貝になりたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43479495

この記事へのトラックバック一覧です: 1万円札は必要?:

« 東宝の特撮映画 | トップページ | 私は貝になりたい »