« 味覚は人それぞれ | トップページ | 紅葉の京都 »

2008年11月26日 (水)

固定電話減少

 寒くなってきましが,京都市内の紅葉は見ごろを迎え,先日の3連休の京都は観光客で賑わい,紅葉の名所として知られる東福寺には,23日だけで3万5,000人もの観光客が訪れたとか。ここまで人が集まると,紅葉を見に行くのか人を見に行くのかわからん状態ですが,それでも,今週末は僕も京都で紅葉見学の予定。楽しみです。その後は出張のため,しばらくはブログの更新が滞るかも知れません。

 さて,10日ほど前のニュースですが,携帯電話やIP電話の普及におされて減少が続く固定電話の今年9月末時点の契約数が,4,935万9千件と初めて5,000万件を割ったとか。1年前より7.4%減っており,1年間の減少幅としても過去最大となったそうです。

 ここまで減少すると,NTTさんはさぞかし大変なんだろうなと思いきや,NTT自体がもはや固定電話に重きを置いていないと思われます。たとえばNTT東日本のホームページを見てみると,フレッツ光の情報で溢れていて,固定電話の料金やサービスに関する情報を見ようと思っても,いったいどこに載ってるの? という状態です。

 我が家にも固定電話はありますが,NTT以外の業者のADSLとIP電話を使用している関係上,NTTの固定電話はほとんど使っていません。もはやNTT固定電話は役目を終えたと言う気がします。ただ,NTT電話番号をあちこちに届けている関係上,NTT番号がなくなって「050」で始まるIP電話番号だけになったらちょっと不便かな という気がしていて,解約手続きも面倒なため,惰性でNTT固定電話の契約を続けているのが実情です。

 最近は固定電話にかかってくるのは携帯番号を教えていない親戚・知人とセールス電話だけ。長年使って愛着のある固定電話番号を捨てるのはちょっと寂しいですが,知人に携帯番号を告知した上で,思い切って固定電話を解約してIP電話だけにするのは,電話基本料金節約とともにセールス電話も撃退できるので,非常に魅力です。ということで,僕もNTT固定電話解約に傾いているところです。

 過去の関連記事:
  電話の昔と今(2006年6月13日)
  NTTに排除命令(2008年7月18日)

|

« 味覚は人それぞれ | トップページ | 紅葉の京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43236832

この記事へのトラックバック一覧です: 固定電話減少:

« 味覚は人それぞれ | トップページ | 紅葉の京都 »