« 外見で判断 | トップページ | こうして核兵器は持ち込まれた »

2008年11月10日 (月)

日本シリーズ終了

 日本シリーズ第7戦でライオンズがジャイアンツに勝ち,埼玉西武ライオンズが日本一になりました。昨年はリーグ優勝したジャイアンツがクライマックス・シリーズ(CS)で敗れたためにナベツネ氏が騒いでCSのルールが変更されたりしましたが,今年の日本シリーズでジャイアンツが敗れたことにより,またナベツネ氏が騒いで日本シリーズのルールが変更になったりしないか,ちょっと心配なところです(笑)

 今年の日本シリーズは全般的に「ホームランで決まる」という大味な試合が多かった中,第7戦の8回表のライオンズの攻撃は見事でした。2対1でジャイアンツがリードしていた8回,先頭の片岡選手がデッドボールで出塁し,次打者の初球に二塁へ盗塁。送りバントで1アウト三塁となった後,中島選手のサードゴロの間に三塁走者がホームインして2対2の同点に追いついたシーンです。足を生かしてあっという間にノーヒットで同点・・・こういう地味な渋い点の取り方は大好きで,僕はホームランよりも興奮します。

 それにしても,日本シリーズMVPを獲得したライオンズの岸投手の快投は素晴らしかったです。昔と違って最近のプロ野球は,完投した投手は最低でも中4日の登板となるのが普通ですが,岸投手は9回完封した後に中2日の第6戦にロングリリーフを0点で完了。この快投は見事でした。昨年の日本シリーズの中日・山井投手の「あわやパーフェクト達成か」というシーン以来の興奮です。これには,かつて西鉄ライオンズの稲尾投手がむちゃくちゃな登板間隔で日本シリーズで大活躍したような「古き良き時代」の日本シリーズを彷彿させてくれました。といっても,僕はかつての稲尾投手をリアルタイムで見たわけではありませんが。

 ということで日本シリーズが終了し,アジアシリーズには優勝したライオンズが出場することに。日本・韓国・台湾・中国のたった4チームでしかやらないアジアシリーズがどれくらい意味ある大会なのかはよく知りませんが,ライオンズには頑張って欲しいものです。ていうか,各国で優勝してアジアシリーズに出場する4チームのうち3チーム(日本・台湾・中国)が「ライオンズ」らしい。面白いです。

 ところで,来年実施されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督人選問題は,最終的に巨人監督の原辰徳氏に落ち着いたようですが,決定に至るまでのゴタゴタには笑わせられました。

 現役監督が以外から選ぶ方針がイチロー選手のコメントでコロッと変わったり,要請を受けた人がみんな固辞するのに誰からも要請されない東北楽天の野村監督が「やってもいい」と発言したり,王さんは「日本シリーズで優勝した監督がいい」と言っていたのに急に日本シリーズ前に決めたり,コミッショナーの言うこともコロコロ変わったりして,わけわからん状態でしたね。

 そもそも,候補に挙がっていた王さんや星野さんが選ぶ立場にもなっているなど,WBC体制検討会議のメンバー構成もどうなっているのかよくわかりません。

 このようなゴタゴタの中,WBC監督にはジャイアンツの原監督が要請されて引き受けることが決定。原さんという人は,誰も引き受けたがらない仕事をいやがらずに引き受ける立派な人なのか,頼まれたら何でも引き受けるおめでたい人なのか,それとも親会社の意向には逆らえない気の毒な立場の人なのか,僕にはよくわかりませんが,今回の原氏のWBC監督就任は,あれだけナベツネ氏にボロクソに言われてジャイアンツ監督を辞めたのに,要請されてあっさり2回目のジャイアンツ監督を引き受けた時となんとなくダブるような気がしました。

 いずれにしても,次回のWBCはぜひ良い成績を残して欲しいものです。せっかく引き受けたのに,惨めな成績でナベツネ氏にボロクソに言われたのではあまりにも気の毒ですからね。原氏の監督としての技量がどの程度なのかは僕にはわかりませんが,ドラフト会議を見る限りは「くじ運」は良さそうだし,強運は持っているかも知れません。

|

« 外見で判断 | トップページ | こうして核兵器は持ち込まれた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/43066450

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ終了:

« 外見で判断 | トップページ | こうして核兵器は持ち込まれた »