« 時が滲む朝 | トップページ | ちょっといい映画 »

2008年10月19日 (日)

明治村

 出張で名古屋近辺に滞在中です。今日は休みだったので,愛知県犬山市にある「明治村」に行って来ました。名古屋から犬山市までは名鉄で約30分,そして犬山駅前から明治村まではバスで約20分。しかも,休日なのにバスが1時間に2~3本しかなく,ちょっと不便でしたね。

 その犬山駅前の,明治村行きのバス停がこれ↓

Photo

 「犬山中央病院」「犬山ニュータウン」「長者町団地」という犬山市内の超ローカルな行先と並んで,なんと「京都駅八条口」行きが! 距離感がなんとも怪しい,ワープな雰囲気のするバス停です。でも,「京都行き高速バス」と書かずにごく普通に「京都駅八条口」と書いてあるところがなんとも素敵です。

 ということで,何かと京都に縁のある明治村ですが,この明治村には,既に廃止となった京都市電が走っています↓

Photo_2

 線路の幅の広いかつての市電でなく,その一世代前の,線路の幅が狭い方のチンチン電車。かつて国鉄京都駅前~北野天満宮を運行していた路線で,日本国内で初めて営業した電気鉄道だそうです。僕はたぶん子供の頃に乗ったことがあるはずですが,記憶にはありません。

 そして,京都にちなんだ建物として「聖ザビエル天主堂」↓

Photo_3

 京都の河原町三条にある教会の建物ですが,かなり昔に教会の土地の一部がホテルとなり,この建物は撤去されて今は明治村で復元保存されているというわけです。したがって,この建物も子供の頃に何度も見ているはず。でも,僕の記憶では,こんなに真っ白でなくてもう少し黄色っぽい色でした。子供の時の記憶ってアテにならないものです。

 明治村は「博物館明治村」というのが正式名称だそうです。ここには約70の明治時代の建造物が保存されていますが,「博物館」という名のとおり,建物だけでなく,建物内にはいろんな展示物などもあり,明治時代を経験していなくても「懐かしさ」が感じられるし,見ていて飽きません。そして,村全体の建物の配置や景観なども,なかなかよくできているなと感心しました。

 「長崎居留地二十五番館」という建物の中には,あの軍艦島の模型(廃墟になる前の姿)や,人が住んでいた頃の軍艦島の写真が展示されていましたよ↓

Photo_4

Photo_5

 明治時代の監獄(雑居房)の中にも入ってみました。一度監獄の中に入ってみたかったんです(笑) 貴重な体験かも。牢の中からの写真がこれ↓

Photo_6

|

« 時が滲む朝 | トップページ | ちょっといい映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/42842050

この記事へのトラックバック一覧です: 明治村:

« 時が滲む朝 | トップページ | ちょっといい映画 »