« 明治村 | トップページ | ライオンズ優勝! »

2008年10月22日 (水)

ちょっといい映画

 最近のCS放送などで見た「ちょっといい映画」をいくつか紹介します。【ネタバレあり】

1.「善き人のためのソナタ」(2006年 ドイツ)
  監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
  出演:ウルリッヒ・ミューエ,マルティナ・ゲデック 他

 舞台は壁崩壊前の東ベルリン。反体制の疑いのある劇作家とその同棲相手を監視するために,国家保安省がアパートに盗聴器を仕掛けて徹底した監視を開始する。しかし,これを盗聴・監視していた大尉は,盗聴内容を通して次第にこの反体制作家の行動に共鳴していくというストーリー。

 旧東ドイツの息が詰まるような監視社会の描写は見事で,恐ろしい国だったと思います。言いたいことはなんでも自由に語れる社会というのは本当にありがたいものです。かつての東側諸国,今の北朝鮮,そして戦前の日本などには,僕は絶対生まれたくなかったですね。

 この大尉が心変わりしたきっかけは,劇作家がアパートで弾いた「善き人のためのソナタ」というピアノ曲を聞いたこと という設定になっていますが,映画での演奏シーンはごく短時間で,僕が聞いた限りでは何のヘンテツもない普通のピアノ曲。この曲を聴いて心変わりするというのはイマイチ理解できませんでした。というより,実際に音や映像でそのものズバリを表現しなければならない映画というのは,小説と違って描写がかえって難しく,酷なものだと思います。

 それはともかく,映画のラストの1~2カットには思わずじ~んとなりました。ひさびさに泣けた映画です。

2.「阿弥陀堂だより」(2002年公開)
  監督:小泉堯史
  出演:寺尾聰,樋口可南子,田村高廣,香川京子 他

 東京から田舎に移住してきた熟年夫婦の晩年を描いた映画。妻は医師で,転居先の無医村で医者として働くという設定。

 医者の妻が医者でない夫に患者の容態をペラペラしゃべってはダメじゃん? と突っ込みたくなりましたが,それはご愛敬としても,なんだか違和感を覚える映画でした。映画が終わって気づいたのですが,この映画には「悪い人」が一人も出てこなかった。こんな映画は珍しく,これが違和感の原因だったと思います。その意味で,ちょっと不思議な感じのする映画でした。

 村での生活が平穏無事で,登場人物が全員いい人で,理想的な仲のいい夫婦で,・・・リアルな世界ではありえませんが,映画だったら成立するんですね。ちょっとくすぐったくなる映画でしたが,たまにはこういう映画をのんびり見るのも疲れなくていいかと思います。ということで,「いい映画」というよりも「いい人ばかりの映画」でした。

3.「クローズドノート」(2007年公開)
  監督:行定勲
  出演:沢尻エリカ,伊勢谷友介,竹内結子,永作博美 他

 沢尻エリカさんの不機嫌な舞台挨拶が有名になった,あの映画です。アパートに引っ越してきた女子大生が,前の住人が置き忘れたノートを読み進めていくという,ちょっとミステリアスでタイムトラベル的なストーリー。

 この映画の年代設定がいつかははっきりしませんが,京都の街のきれいな風景と,古いデザインの冷蔵庫やスクーターや万年筆を売る古風な店など,ノスタルジックな雰囲気が満載で,僕はけっこう楽しめました。道路標識が昔のデザインになってなかった点は突っ込みたくなりましたが,それはともかく,あまり期待していなかった映画だけにちょっとトクした気分です。

4.「ルート225」(2005年公開)
  監督:中村義洋
  出演:多部未華子,岩田力 他

 学校の帰り道に元の世界とは少し違っている「パラレルワールド」に迷い込んでしまった中学生の少女と弟が,元の世界へ戻るために悪戦苦闘するというファンタジー。

 映画というのは,その結末に対して,当然こうなるという「期待感」を観客は持っていて,ほとんどの観客が同じ結末を期待しているのではないかと思います。安易な表現で言うなら「ハッピーエンド」とも言うんでしょうか。

 この映画の結末も,当然こうなるという期待感があり,そのラストへ向かう盛り上げ方は非常に上手いです。ところが,その期待とはちょっと違って・・・という,結末の意外性が素晴らしいです。かといって「悲劇の結末」というわけでもなく,例えれば,水戸黄門がラストであの印籠を見せずに自力で相手をやっつけたみたいな,ちょっとひねったハッピーエンドとでも言うべきでしょうか。

 それにしても,14歳の女子中学生を演じた多部未華子さんが,なかなかいい味を出していたと思います。僕はSFっぽい映画が好きという理由で,あまり期待せずに見た映画ですが,これも期待以上に良かったです。

|

« 明治村 | トップページ | ライオンズ優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/42866136

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっといい映画:

« 明治村 | トップページ | ライオンズ優勝! »