« 携帯の料金体系 | トップページ | 未来技術遺産 »

2008年10月 5日 (日)

どげんかせんと

 最近はわけわからんニュースが多くて突っ込みどころ満載のため,何を書いたらいいのか迷いますが,先日宮崎県庁へ出張した際,幸か不幸か,本庁の入口で東国原(「ひがしこくばる」から変換できん!)知事が出てくるところにばったり出くわしました。一瞬目が合った(ような気がした)ので,知事に向けてギャグを一発かましたかったところですが,咄嗟のことでこちらは準備不足。ちょっと悔しかったですが,せっかくの「ご縁」なので,本日は,東国原知事の国政への転身が噂されている件について突っ込んでみたいと思います。

 報道によると,東国原知事は,次の総選挙への立候補をとりやめた宮崎1区の中山前国交相の後継として自民党執行部が擁立を検討していることについて,「自民党が候補を立てられなかったりすると,選択肢は民主党と共産党しかない。宮崎県にとってはどうか」などと述べ,国政転身に意欲を示したらしい。また,「地方切り捨ての格差社会にしたのは,国政であり,自民党。自民党をどげんかせんといかん」とも。

 地元宮崎県では東国原知事には絶大な支持と人気があるらしいですが,宮崎県人でない外野の僕には,なんでこの人に人気があるのかはまったくわかりません。それはともかく,東国原氏は,もともと無所属で政党の推薦無しに知事選に臨み,各政党の推薦候補を破って当選した人。にもかかわらず,その人の擁立を検討してるという自民党は「地元人気頼み」なのは見え見え。この無節操さは論外としても,知事本人の発言もけっこう節操ないと感じます。「国政が悪いのは自民党のせい」と言いながら,一方では「自民党が候補を立てられないのはまずい」,つまり「自分が自民の公認候補またはそれに代わる候補で立候補したい」とも取れる発言はなんだか支離滅裂です。

 知事は総選挙に立候補するに際しては県民世論などを見極めた上で判断する考えも示しているようですが,いずれにしても,任期途中で投げ出すような人はあまり信用できません。「人気」よりも「任期」を全うすることが第一だと思います。

|

« 携帯の料金体系 | トップページ | 未来技術遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/42694376

この記事へのトラックバック一覧です: どげんかせんと:

« 携帯の料金体系 | トップページ | 未来技術遺産 »