« 日本以外全部沈没 | トップページ | 刑事訴訟法改正 »

2008年8月26日 (火)

北京オリンピック終了

 北京オリンピックが終了したので,オリンピックに対する僕なりの感想を。独断と偏見に満ちた感想ですが,ご了承下さい。

 さて,サッカー・柔道・重量挙げ・レスリングなどのように,昔はなかった女子の競技がずいぶん増えたものですが,それはそれでいいとしても,ぱっと見ただけでは女性だとわからない選手が多いのには圧倒されます。柔道なんて,柔道着の下にシャツを着てなかったら女性だとわからない選手とか,「どこが『なでしこ』やねん!」と突っ込みを入れたくなるようなサッカー選手とか,女子バドミントンの準々決勝でオグシオに勝った中国選手なんて,外見はどう見てもオッサンでしたよ。

 その中国選手とは対象的に,オグシオの潮田玲子選手なんて,めっちゃ女らしくてオヤジ好み。スポーツは外見よりも実力が第一とはいえ,オヤジとしてはやはり美人選手には弱いです。だからといって,美人選手は引退したら芸能界入りしようなんてことは考えない方がいいですよ。スポーツをしている姿が美しい女性が,普通の服を着たらどこにでもいる,ぱっとしないおねえさんといっしょ・・・という失敗例はよくあります。

 話は変わって,格闘技に関して。柔道やレスリングなどの格闘技って,いかに客観的に公正に判定するのか,ホント難しいものだと思います。その試行錯誤の結果が今の奇々怪々なルールなのかも知れませんが,反則1本の差で勝敗が決まったり,いかにして反則を取られないようにと,選手が審判の顔色を伺いながらプレーしたりする柔道って,なんか違うよなーと思います。勝っても負けても「一本」で決まるとホント気持ちいいものです。この反則ポイントは審判の主観に依るところが大きく,どうも客観性に難があります。いずれはフェンシングみたいに,電気的・科学的に判断するような時代が来るかも知れませんね。

 このフェンシングって,素人目には,結局は腕の長さで決まるじゃん! って思えたりしますが,それを言ったら競泳なんかも同じかも。競泳の場合,100メートル=約60秒とすると,1メートルあたり0.6秒。つまり,10センチの身長差は0.06秒ですね。ということは,単純計算で,身長が10センチ高ければ0.06秒有利ということになり,0.01秒を争う競泳では,この差は大きい。そう考えると,外国選手に比べて小柄な北島選手の世界記録や金メダルというのは見事です。

 北島選手といえば,スピード社の水着「レーザー・レーサー」の着用が何かと話題になっていましたが,たかが水着でそんなに差が出るものなんでしょうか。特に男子選手の場合はほとんどが下半身だけの水着。下半身にしか着けない水着でタイムが大幅に短縮できるなんて,僕にはどうも信じられません。各選手の水着メーカーとの契約がどうなっているのかは知りませんが,オリンピック直前に着用する水着を変更するなんて,よくやるよなーと思います。特に,この水着を着て200メートルバタフライで銅メダルを獲得した松田選手はミズノの社員とか。う~~ん,もし僕がミズノの社員だったら,ぜったいそんなことする勇気はないですね。

 いずれにしても,スポーツというのは,選手個人の力だけでなく,指導する人の指導力・組織力や,水着などのウェアや用具の性能まで含めた総合力の争い。用具は外国製を含めたベストなものを選択するのは当然だし,外国から優秀な指導者を招くケースも多く,国際化は当然の流れでしょう。にもかかわらず,「選手の国籍」で分けて国別に争うというオリンピックのスタイルは,今どきちょっと無理があるような気がします。このため,シンクロで優勝した中国チームの日本人コーチに対して,ネットで「裏切り者」というとんでもない書込みをする人が出てくるのでしょう。一方で「平和の祭典」といいながら,他方ではナショナリズムを煽るようなシステムになっているのが今のオリンピック。そろそろこのやり方から脱却してもいいのではないでしょうか。

 メディアがいつも発表している「国別メダル数」なんて,ナショナリズムを煽っているだけとしか思えませんが,そもそも,一人で何個もメダルを取れる競技もあれば,球技のようにチームで1個しか取れない競技もあり,団体競技の場合にチーム人数分の「獲得ダル個数」をかけて数えることもしていません。このように,「重み」がまったく異なる複数競技のメダル個数を単純に合計することに,そもそも意味がないと思いますよ。

 それにしても,ロケットを打ち上げて人工降雨を起こして天候を調整するとは,さすがに中国はやることのスケールがケタ外れです。この人工降雨に関しては,日本ではまだ実用段階ではないこともあり,本当に実現可能なのかはよくわかりませんが,人間が地球自然を人為的に操作することに対してはある種の不快感を伴います。空中へ散布した物質による環境への影響も心配です。もしこれが実用になったとしても,水不足の解消など,必要最低限の使用に限定すべきであり,たかがオリンピックごときに使用するのはやめて欲しい気がします。でもまあ,もし実用になれば,個人的には,花粉が飛ぶ時期に,花粉飛散防止対策として1日おきに雨を降らすような用途に使用して欲しい気もします。わがまま言ってすみません。

 過去の関連記事:性別検査(2006年12月27日)

|

« 日本以外全部沈没 | トップページ | 刑事訴訟法改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/42283937

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック終了:

« 日本以外全部沈没 | トップページ | 刑事訴訟法改正 »