« エスカレーター事故 | トップページ | オリンピック開幕 »

2008年8月 5日 (火)

気になる表示

 土曜日の深夜,CSで放送していたアニメ映画「イノセンス」を見ました。近未来を舞台にしたSFアニメなんですが,予備知識がなかったこともあり,僕はイマイチ理解できなかったので,感想などは省略。印象に残ったのは,最近のCGアニメ技術の凄さと,出ていた女性の声が「風の谷のナウシカ」のクシャナ殿下の声とおんなじや! って気づいたことと(後で調べたら,榊原良子さんという声優でした),そしてもう一つ,映画の終了後に「この映画には不適切な表現がありましたが,オリジナルの意図を尊重し,そのまま放送させていただきました」みたいな,おなじみのテロップが表示されたこと。

 古い映画だと,今は使われなくなった「差別用語」が使われていた場合にこのようなテロップをよく見るし,「ああ,あのセリフやね」と,どの箇所を指しているのかわかったりしますが,このアニメの「不適切な表現」がどの箇所を指していたのかは,僕にはわかりませんでした。この映画は2004年制作と新しく,新しい映画でもこういうケースがあるのかと,意外に思いましたが,気づかない人もあるぐらいだし,何もわざわざテロップで断わらなくてもいいのにと思います。

 というか,このケースはもちろん,たとえ「差別用語」を使った古い映画であっても,オリジナル作品を尊重してそのまま放送するのは当然の義務。わざわざ断わらなくてもいいのにと思います。むしろ,事情があってオリジナルを改変した場合にこそ断わるべきでしょう(もちろん,オリジナルの改変には著作者の許可が必要だと思いますが)。ということで,映画放送などで毎度おなじみの「この映画には不適切な表現が・・・」の表示は,どんな場合でも不要じゃないかと,ちょっと気になりました。

 話は変わりますが,7月のある日以降,NHK総合とNHK教育の地上波アナログ放送では,画面の右上に「アナログ」の表示が出るようになりました。3年後のアナログ放送終了を前に,受信機を早く地デジ対応に切り換えろと,視聴者をせっつかすのが目的でしょう。僕が子どもの頃,カラー放送が普及し始めて,カラー放送の画面の片隅に「カラー」という文字が表示されていたのを思い出しました。でも,この表示は数秒間だけ出てすぐに消えましたよ。今回の「アナログ」表示は,当時の「カラー」表示よりも薄くて目立たないようにはなっていますが,放送中は常に出ているので,なんだかうっとうしいと感じる人が多いかも知れませんね。ということで,ちょっと気になる表示でした。

|

« エスカレーター事故 | トップページ | オリンピック開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/42077502

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる表示:

« エスカレーター事故 | トップページ | オリンピック開幕 »