« 振り込め詐欺 | トップページ | 戦争と人間 »

2008年7月11日 (金)

不倫騒動

 山本モナさんと読売ジャイアンツの二岡選手との不倫騒動がマスコミを賑わしています。どういう事実があったのか知りませんが(知りたくもないですが),誰と誰がエッチしたとか不倫したとか,そんなの当人の勝手じゃん! って僕は思います。ワイドショーやスポーツ紙で連日取り上げるほど,この話題に興味ある人がそんなに多いんでしょうかねー。僕はふだんNHKや全国紙などを批判していますが,こういう話題を全く取り上げない点だけは共感できます(と言っておきながら自分のブログで取り上げるってのも気が引けますが)。

 読売のナベツネ氏は,報道陣に「君らだってやってんだろ。同じようなもんじゃねえか」と,二岡選手を擁護する発言をしたそうですが,それは言い過ぎとしても,不倫というのは法律に違反する行為でもなんでもなく,当人たちの価値観・倫理観の問題であり,当事者間で解決するべき問題でしょう。他人様が当人たちをとやかく言う類の話ではないと思います。まあ,世の中には,「不倫なんてとんでもない!」とか「風俗に行く人なんて許せない!」とかいう人もたくさんいると思います。それはそれで人それぞれの道徳観であり尊重しますが,その道徳観を他人に押しつけなくてもいいでしょう。

 と,ここまで書いて,以前にも似たような記事を書いたことを思い出しました。探してみると,ありました↓

   有名人は辛いね(2006年10月13日)

 確認してみると,なんと,この昔の記事も山本モナさんの不倫の話題でした。う~~ん,恐るべし山本モナ! それにしても,前回も今回も,新しいキャスターの仕事を始めた直後のスキャンダル。ちょっと陰謀めいたニオイがしないでもないです。つまり,本人はいつもどおりの行動をしているのに,この絶妙のタイミングを狙って取り上げられた・・・みたいな。

 片や二岡選手。僕はこの選手の顔も知らないし,どの程度の実力のある選手なのかは知りませんが,今回の騒ぎを受けて,読売ジャイアンツの滝鼻オーナーは「やっぱり巨人らしい選手を一軍で活躍させないといけない。日曜のデーゲームには家族連れや子供がくるだろう。巨人の思想的には合わない」と発言し,二岡選手の一軍への昇格が見送られたとか。僕の感覚では,芸能人やスポーツ選手というのは,一般人に比べて恋愛関係が「乱れている」という印象を持っていましたが,読売ジャイアンツに限ってはそうではないらしい。ジャイアンツの「不倫するような選手は子どもの前でプレーするのにふさわしくない」という立派な姿勢には脱帽しました。素晴らしいです。

 それにしても,山本モナさんの「お酒を飲むためにラブホに入った」との弁解には笑えます。ラブホにそういう利用方法があるとは知りませんでしたよ(笑)

|

« 振り込め詐欺 | トップページ | 戦争と人間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/41806869

この記事へのトラックバック一覧です: 不倫騒動:

« 振り込め詐欺 | トップページ | 戦争と人間 »