« こんな政治制度に | トップページ | 防災無線の誤警報 »

2008年6月28日 (土)

テロ支援国家指定解除

 僕は国際問題というのはイマイチ苦手です。このため,今話題になっている北朝鮮の「テロ支援国家指定解除」に関して,僕には理解できないことがいっぱいです。

 そもそも,この「テロ支援国家指定」というのは,アメリカが自国の意に沿わない国を非難するためにそう呼んでいるだけ・・・という程度の知識しか僕にはありませんでした。アメリカが他国をどう表現しようが,ある意味ではアメリカの勝手。「テロ支援国家指定解除」がこれほど大きな話題になるとは思いませんでした。

 「6者協議」の意味と重要性についても,僕にはよくわかりません。原発などの平和利用を含めて,北朝鮮の核開発を特別に危険視している理由がイマイチ理解できない。しかも,この協議に参加している北朝鮮以外の5ヵ国というのは,国内の米軍基地に核兵器を配備しているはずの日本を含め,現に原発や核兵器を多数保有している国々です。自分んちは保有していいけど北朝鮮が保有するのはけしからん! と,胸を張って言えるんでしょうか。

 それはともかく,北朝鮮の核活動への申告書を見ただけで,一転してこの「テロ支援国家指定」を解除するというアメリカの動きはイマイチ理解できません。退任前に外交成果をアピールしたいブッシュ大統領の意向などとも言われていますが。

 現在は使っていない施設(冷却塔)を爆破しただけで「核の無能力化へ前進」と判断するのも短絡的だと思いますが,それにしても,核施設を爆破なんかしてホントにだいじょうぶなんでしょうか。専門的なことはよくわかりませんが,もっと安全な方法で静かに除却すべきのような気がします。この爆破費用はアメリカが負担したらしく,アメリカが費用負担してまでそこまでやるというのは,やはり裏に何かありそうな気がします。

 ブッシュ大統領は,声明の中で「北朝鮮による日本人の拉致を決して忘れない」と言及していますが,まあこれは日本に対するリップサービスでしょう。忘れないからといっても,拉致問題に関してアメリカが何か行動するとは思えないし,日本はもともとアメリカに何かを期待すべきではなかったでしょう。

 それでも,拉致被害者家族を含む多くの日本人にとっては,アメリカのテロ支援国家指定は,北朝鮮との交渉における「圧力」としての効果を期待していたと言われているだけに,「指定解除は許せない」と考える人も多いでしょう。なのに福田総理は,アメリカに理解を示した上で,「指定解除が拉致問題へ影響を与えることはない」と擁護する発言。ホンネでなくてもいいので,せめて「指定解除は残念」ぐらいのコメントを出せばいいのに,それすら言わない。不思議な国です。

|

« こんな政治制度に | トップページ | 防災無線の誤警報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/41676117

この記事へのトラックバック一覧です: テロ支援国家指定解除:

« こんな政治制度に | トップページ | 防災無線の誤警報 »