« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

テロ支援国家指定解除

 僕は国際問題というのはイマイチ苦手です。このため,今話題になっている北朝鮮の「テロ支援国家指定解除」に関して,僕には理解できないことがいっぱいです。

 そもそも,この「テロ支援国家指定」というのは,アメリカが自国の意に沿わない国を非難するためにそう呼んでいるだけ・・・という程度の知識しか僕にはありませんでした。アメリカが他国をどう表現しようが,ある意味ではアメリカの勝手。「テロ支援国家指定解除」がこれほど大きな話題になるとは思いませんでした。

 「6者協議」の意味と重要性についても,僕にはよくわかりません。原発などの平和利用を含めて,北朝鮮の核開発を特別に危険視している理由がイマイチ理解できない。しかも,この協議に参加している北朝鮮以外の5ヵ国というのは,国内の米軍基地に核兵器を配備しているはずの日本を含め,現に原発や核兵器を多数保有している国々です。自分んちは保有していいけど北朝鮮が保有するのはけしからん! と,胸を張って言えるんでしょうか。

 それはともかく,北朝鮮の核活動への申告書を見ただけで,一転してこの「テロ支援国家指定」を解除するというアメリカの動きはイマイチ理解できません。退任前に外交成果をアピールしたいブッシュ大統領の意向などとも言われていますが。

 現在は使っていない施設(冷却塔)を爆破しただけで「核の無能力化へ前進」と判断するのも短絡的だと思いますが,それにしても,核施設を爆破なんかしてホントにだいじょうぶなんでしょうか。専門的なことはよくわかりませんが,もっと安全な方法で静かに除却すべきのような気がします。この爆破費用はアメリカが負担したらしく,アメリカが費用負担してまでそこまでやるというのは,やはり裏に何かありそうな気がします。

 ブッシュ大統領は,声明の中で「北朝鮮による日本人の拉致を決して忘れない」と言及していますが,まあこれは日本に対するリップサービスでしょう。忘れないからといっても,拉致問題に関してアメリカが何か行動するとは思えないし,日本はもともとアメリカに何かを期待すべきではなかったでしょう。

 それでも,拉致被害者家族を含む多くの日本人にとっては,アメリカのテロ支援国家指定は,北朝鮮との交渉における「圧力」としての効果を期待していたと言われているだけに,「指定解除は許せない」と考える人も多いでしょう。なのに福田総理は,アメリカに理解を示した上で,「指定解除が拉致問題へ影響を与えることはない」と擁護する発言。ホンネでなくてもいいので,せめて「指定解除は残念」ぐらいのコメントを出せばいいのに,それすら言わない。不思議な国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

こんな政治制度に

 通常国会が21日で閉会し,秋の臨時国会は8月下旬に召集されるらしいですが,国会の閉会中って,議員さんたちはいったいどんな仕事をしているんでしょうね。まさかずっと休んでいるわけではないと思いますが,それでもちょっぴり羨ましいです。

 ところで,解散総選挙は当分ないとは思いますが,「ねじれ国会」のためか,政界再編の噂がずっとくすぶっています。でも,解散してから選挙までの間に再編するならともかく,現職の国会議員が所属政党を変わるというのは,その人や政党に投票した有権者をバカにした行為です。その基本的なところをわかっていない議員がいるみたいで,ちょっと心配。在職中に所属政党を変わるような議員に対しては,議員資格を剥奪すべきです。

 ということで,今の政治制度で,僕がぜひルール化して欲しいと思っていることを書かせていただきます。なお,大統領制のこと,一院制のこと,選挙制度(比例代表制)のことなどは過去に何度か書いているので,それ以外のことについて書きます。

 まずは,この「所属政党が変わったら失職」という点。これは,政党名による比例代表で選ばれた人はもちろん,政党の公認候補として選ばれた人も対象にすべきです。不祥事などで党籍を除名された場合のように,公認候補だった人が無所属に変更となる場合も失職とします。無所属候補が当選後にどこかの政党と統一会派を組んだり,無所属候補どうしが集まって会派を結成したりするのは,ぎりぎりセーフでしょうか。

 次に,国会議員に立候補する人に対しては,資格要件を厳しくすべきだと思います。一つは,資格試験制度を設けること。司法試験ほど難しい試験でなくていいですが,立法行為に最低限必要な知識と能力があることを客観的に示すのは必要でしょう。そして,さんざんテレビで名前を売ってから選挙に出てくる不心得者を排除するために,「過去5年以内にバラエティー番組に出た人は立候補禁止」みたいな条件も付けたいところです(あくまで 例です)。

 あと,健康状態も立候補要件にしたいです。当選したのにずっと入院中で,在職中に一度も登院しないなんて人には引退してもらいましょう。病気に限らず,勤務状態が悪かった人は,次の選挙では立候補できないような制限を設けることも必要だと思います。

 さらに,公約に対する「縛り」も設けて欲しい。公約違反の行動が明確になった場合には失職するぐらいのルールがあってもいいと思います。ついでに,前職議員に対しては,実際にどんな仕事をして,各法案に賛成したのか反対したのかなどの実績を,勤務状態とともにきちんと有権者に公表するようにして欲しいものです。

 そして,他の公務員と同様に,定年制は絶対必要です。年令が他の公務員より高くてもいいという合理的理由は無いので,立候補できるのは60歳未満としましょう。その代わり,被選挙権の年令は成人年令(20歳)まで引き下げてもいいと思います。それと,「実刑以上の刑が確定したら失職」ぐらいの懲戒規定もあって然るべきでしょうね。

 最後に,有権者としても,投票するという行為に自覚と責任を持つべきだと思います。「選挙権を資格制にせよ」とまでは言いませんが,ポイント制にするなどして,きちんと毎回投票に行く人とそうでない人の「1票」に,重みの差をつけるぐらいのことをしてもいいのではないかと思います。また,投票ポイントの低い人は立候補できないようなルールがあってもいいと思いますよ(投票経験がないのに昨年の参院選で当選した丸○議員みたいに)。

 過去の関連記事:
  一院制議連が発足(2008年5月16日)
  びっくり仰天(2007年11月3日)
  大統領制(2006年4月2日)
  選挙制度(2006年1月7日)
  国会議員の仕事って何?(2005年11月16日)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年6月20日 (金)

ダビング10

 ダビング10・・・デジタル放送の番組をハードディスク内蔵型レコーダーに録画した後,DVDなどに10回までコピーできる仕組みのことです。6月2日の解禁日を前に,携帯音楽プレーヤーなどを補償金の対象に含める案にメーカー側が反発し,延期となっていましたが,7月5日をめどに解禁される見通しとのこと。著作権料の一種となる補償金を求めていた著作権団体側が,補償金問題とダビング10の開始を切り離すとの考えで歩み寄ったために実現するらしい。

 現在のハードディスク内蔵型レコーダーは,ダビングが1回しかできず,ダビングすると本体から情報が消えてしまいます。このため,もしダビングに失敗すると取り返しがつかなくなる点がユーザーには不満でした。いずれ10回までダビング可能になる話があり,これが決定したら僕もハードディスク内蔵型レコーダーを買おうと思っていましたよ。コピー失敗時を考慮したものなら10回は多すぎると思えるし,「10回まで」とした根拠はイマイチわかりませんが,いずれにしても,バックアップを取ったら消えてしまうという理不尽な制約が緩和されたのはありがたいですね。

 それにしても,よくわからないのは,個人で楽しむためのコピーはもともと法的に認められており,ソフトを流す方(デジタル放送や映画DVDなど)にはコピーガードがかかっているにもかかわらず,なんで録画機やDVDメディアなどに対して,一律に著作権料を負担させるのでしょう。著作権保護対象外の正当な行為に対してまで著作権料を支払っているということであり,ちょっと理不尽だと思います。著作権料を一律に負担させるというアナログ的な発想ではなく,デジタルの特徴を生かして,個別にきちんと適正な著作権料を徴収するような仕組みを作るべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

12人の優しい日本人

 今日もまた映画の感想を。「12人の優しい日本人」(1991年公開,中原俊監督)・・・17年前に公開された映画ですが,つい最近CS放送で見ました。

 陪審員制度を描いた「12人の怒れる男」のパロディのような映画で,「もし日本に陪審員制度があったら」という仮定のもとに,ある殺人事件の裁判のために集まった12人の陪審員が,白熱した議論の末に評決に至るというストーリー。日本で裁判員制度の導入が決まる はるか前に作られた映画ですが,いわば裁判員制度を予言したような映画。裁判員制度の導入を約1年後に控え,色々と考えさせられる内容でした。

 ほぼ無罪で決まり! という雰囲気で始まったものの,陪審員の一人が有罪を唱えたことによって議論が展開する という導入は,まさに「12人の怒れる男」の逆を行くパターンですが,それにしても,被告が「若くて美人」というだけの理由で,ほぼ全員が無罪を主張するのは滑稽だしありえない。でも,笑ってられないなと感じます。世の中には,明らかに「若い」とか「美人」とかいう理由しか考えられないような人が選挙に当選したりします。選挙なんて単なる人気投票みたいなものですが,一般人が参加する裁判員制度も,一歩間違えば人気投票になってしまう危険性をはらんでいると思います。

 議論の中で,目撃者の信憑性が問題となった点はオリジナル版「12人の・・・」とよく似ていますが,オリジナル版は無罪を主張する陪審員がだんだん増えていったのに対し,この映画は二転三転する展開。内容的にはかなり無理のある展開だと感じました。陪審員として出演していた人は,オーバーアクションぎみでキャラが濃すぎた点もちょっと気になりましたが,なかなかの名役者ぞろいで,それぞれの個性が上手く表現されていたのには感心しました。

 過去の関連記事:裁判員制度(2006年5月11日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

省エネ効果

 京都市は地球温暖化対策の一環として,市内にあるコンビニに深夜の閉店を求める方針を固めたらしい。深夜の消灯によって夜の町並みの景観を改善する狙いもあるとか。なお,コンビニの深夜閉店の前例としては,長野県軽井沢町が1976年以降,午後11時から翌朝6時まで営業自粛を求め,大半の店がこれに従っているらしいです。

 僕としては,他の店が閉店している時間帯にコンビニが開いていて助かった経験があるので,このニュースにはちょっと複雑な気持ちです。普通のスーパーなどが閉店している早朝や深夜にこそ,コンビニの存在価値があると思います。そうは言っても,すべての店舗が終夜営業する必要性は低いし,深夜営業は経営的にも効率が悪いでしょう。それに,年中無休で終夜営業というのは,オーナーや従業員にとって過酷との話も聞きます。その意味で,省エネ効果はともかく,必ずしも全店が終夜営業する必要はないと思いますね。もっとも,自治体が深夜閉店を求めるというのは,ちょっと「余計なお世話」かなという気がしますが。

 ところで,毎日新聞が,夕刊販売部数の低落により,北海道地区での夕刊を廃止するという話題がありました。僕は育ったのが都市部だったので,新聞といえば朝夕刊セットが当たり前で,それが当然だと思っていました。今住んでいる地域は朝夕刊セットと統合版(朝刊のみ)の混在地域ですが,ここへ引っ越した当初,夕刊配達員不足のため統合版しか配達してもらえないと聞き,非常に不満でした。でも,何年も経って慣れてしまえば,夕刊なしでもまったく気にならなくなりました。

 各新聞社は朝刊と夕刊を日々発行し,しかも1日に何度も版を更新するのに多大なパワーとコストをかけているみたいですが,そこまでしなくても,どのみちニュースのスピードはテレビ/ラジオやネットには絶対かないません。発行は朝刊だけにして版数ももっと減らすことで価格が大幅に下がるのであれば,多少新聞の記事が古くなったとしても,その方が読者にとってはありがたいと思いますよ。もし夕刊がなくなれば,夕刊の制作・配送・戸別配達などがすべて不要となり,省エネ効果も大きいでしょう。これを機に,他紙もぜひ夕刊の廃止を検討して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

映画の感想

 最近見た映画の感想を2つほど。

1.「紀元前1万年」(2008年公開)
    監督:ローランド・エメリッヒ
    出演:ミスティーヴン・ストレイト,カミーラ・ベル

 人類がマンモスと共存していた紀元前1万年を舞台に,囚われの身となった女性を救うために冒険を繰り広げるというアドベンチャー物語。

 紀元前1万年の社会がどうなっていて,人間がどんな生活をしていたのかという,タイムトラベル的な興味で見た映画ですが,いくら大昔の衣装を着ても,出演者の顔立ちが明らかに現代人で,それはないだろうって思いました。それに,結局は「愛する人のために」という,ただの恋愛物語で,テーマがイマイチ単純。このストーリーなら,何も紀元前1万年の設定でなくてもいいのにと思いましたね。

 ピラミッドの建設シーンやマンモスが暴れるシーンなど,さすがに最近のCGは素晴らしいと感じましたが,この映画の見どころはそれぐらいでしょうか。一昔前なら,こんな実写のシーンを撮影するには莫大な制作費がかかったと思いますが,今やどんなシーンでもCGでできてしまいます。アニメと実写映画の境界って何なのかと,考えさせられました。

2.「デジャヴ」(2006年公開)
    監督:トニー・スコット
    出演:デンゼル・ワシントン,ポーラ・パットン

 フェリー爆破事件の捜査官が,過去にさかのぼって特定エリアを自由に見ることができるという映像装置を使って,事件発生以前の時間を追体験しながら真相を解明していくというストーリー。

 これはCS放送で見ました。僕が好きなタイムトラベルもののSF映画ですが,過去にさかのぼる場合は,タイムパラドックス(タイムトラベルに伴って現代にまで影響を与えてしまう矛盾)の問題が発生するのは毎度のこと。この映画も多少矛盾があったものの,この手の映画にしては比較的すっきりした方だったかなと思います。

 人間が見ているものはすべて光が反射した結果であり,光が届く時間だけ遅れて見えます。つまり,人間が見ているものはすべて過去のものということ。この映像装置はその原理を応用したということらしい。データ処理の高速化と記憶容量の大容量化により,近い将来は本当にこんな装置が実現可能になるのかもと感じさせられました。

 それにしても,この映画のタイトル「デジャヴ」の意味は,「既視感」と訳されるように,実際は体験していないのに既にどこかで体験したかのように感じる錯覚のこと。この映画の内容は,デジャヴではなくてタイムトラベルそのものじゃん! って思って見ていましたが,映画の最後の最後で,「デジャヴ」ってこういうことだったのかと感心させられました。その点で,けっこうセンスいい映画だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

携帯のディスプレイ

 今ではほとんどの携帯が2つ折りタイプですが,一昔前の2つ折りじゃない携帯も,今の携帯も,必ずディスプレイ(画面)が上でテンキーが下と決まっていますね。この携帯で通話をする際は,口元は携帯から離しても,耳元は携帯にぴったり当てるため(当てないとはっきり聞こえない),ディスプレイ部分が肌に当たって曇ったり汚れたりします。このため,通話が終わると必ずクリーナーやハンカチでディスプレイを拭く人は多いんじゃないでしょうか。

 そこで,通話をしても絶対ディスプレイが汚れないように,テンキーが上でディスプレイが下にあるような携帯があってもいいのにと思いますが,不思議なことに,そんなデザインの携帯はありませんね。一見使いにくそうですが,慣れれば問題ないと思いますよ。僕はディスプレイが曇るのが超気色悪いので,もし上下逆になった携帯があれば,真っ先に買うかも知れません。

 ところで,日本でも7月11日から発売されることになった米アップル社の携帯「iPhone」↓

Photo

 テンキーがなく,すべての操作をタッチパネルで操作するらしいです。タッチパネルといってもディスプレイと同じなので,パネル部分が手垢だらけになりそうです。神経質な僕としては,これは絶対に許せません。

 それでも,タッチパネルでの日本語文字入力がいったいどんな方法になるのか,そして,テンキー入力に慣れた日本でこの携帯が本当に普及するのか,ちょっと興味はあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

2016年オリンピック

 2016年の夏季オリンピック候補地として,東京,シカゴ,マドリード,リオデジャネイロの4都市が第1次選考を通過。落選したのはドーハ,プラハ,バクーの3都市。この中で東京の総合評価は最高で,11分野の判断基準のうち「選手村」「環境面の状況・影響」「宿泊施設」「安全確保・安全対策」の4分野でトップ。反対に「政府保証・世論など」が4位と奮わず,IOCの独自調査でも支持率が59%で,立候補4都市の中で最低だったとか。

 書類審査とはいえ,東京が総合評価でトップだったのには驚きましたが,僕が特に疑問に思ったのは「宿泊施設」の評価がトップだったこと。東京に住んでいる人にはわからないかも知れませんが,東京へ出張したことのある出張族としての経験から言うと,東京は宿泊施設はたしかに多いけど,立地のいいビジネスホテルは,よほどのことがない限りマトモに予約できたことがなく,ビジネスホテルに関しては東京の宿泊施設は超不足していると感じています。IOCの評価基準はよくわかりませんが,東京の宿泊環境の実態がきちんと評価されているとは思えません。「東京が総合でトップ」という評価はけっこう怪しく,単に都市の知名度だけでこの4箇所が選ばれたのかと勘ぐりたくなります。

 オリンピックそのものの意義や,東京へ招致することに関しては賛否両論ありますが,僕としては,ふだんあんまり見ることのできないマイナーなスポーツが見られる点がオリンピックの楽しみの一つなので,どこで開催されようとテレビで見たいとは思っています。ただ,東京で開催されたからといって実際に見に行くことはまずないので,東京開催のメリットというのは,放送時間の時差がないという程度のものです。もっとも,メディアの力関係次第では,外国の都合に合わせて試合時刻が決められる可能性があるかも知れませんね。

 世論の支持率が「59%」というのは他国に比べると低いらしいですが,費用対効果への疑問の声が根強く,短期間の開催のためだけに築地市場を汚染地へ移転することへの反発なども多い割には,十分高い支持率だと思います。そもそも,オリンピック招致を主要な公約に掲げた石原氏を都知事に選んだ時点で,都民の意思表明に関しては決着していると言えるので,東京都としては今さら後戻りできないということでしょうね。

 この選考結果を受けた石原都知事は,支持率が低いことに関して記者から聞かれると,「きみらのせいだ。きみらが足引っ張るからだ!」「支持率を上げるには,きみらが協力してくれたらいい!」とのコメント。相変わらずのデカイ態度で人を見下したような話し方。そんな態度だからこそ協力したくても協力できない人がいるってことに気づかないんでしょうか。

 また,都知事は「国民みんなで盛り上げていくことが必要」みたいなことも言ってましたが,この人が言うと「賛成しない人は非国民だ!」と言わんばかりに聞こえて気分悪いです。精神論でなく,オリンピックが必要な根拠などを論理的にきちんと説明して欲しいものですね。

 オリンピック開催に伴う莫大な出費に関しては「危ない」と感じている人も多く,この点が開催支持率の低い最大の理由だと思いますが,カネに関しては新銀行東京の経営で失敗している前科があるからこそ,都知事が言っても説得力がないと感じている人が多いのかも。もっとも,実際に開催される2016年は別の知事に交代しているのはほぼ間違いないので,たとえ財政面で問題になっても,その後始末をするのは別の人ってことですね。

 冷たい言い方をすれば,オリンピック招致は東京都民が選択した結果であり,東京のカネでやるのはご自由にどうぞ・・・と言いたいところですが,都知事は「万万万が一の時は国が『尻ぬぐい』すると言って欲しい」と,国へ経済的バックアップを期待する発言。「万万万が一」ではなくて,かなりの高確率で国税の投入が必要になる予感がしますけどね。

 いずれにしても,都知事選に参加した都民以外にとっては,国政選挙でオリンピック招致の是非が問われたこともないし,オリンピック問題はあくまで「外野」です。オリンピック開催が東京都だけの問題ではなく,国税投入などで国を巻き込むことになる可能性があるのなら,各政党の態度を明確にしてもらって,次回の総選挙(まだまだ先だと思いますが)の争点の一つとして,国民の判断を仰ぐのがスジでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

もったいない

 歯磨き粉(正しくは「歯磨剤(しまざい)」と言うらしい)のテレビCMなどで,歯ブラシの端から端までべったりと歯磨き粉をつけているシーンを見ますが,一般的に歯磨き粉は「1cm程度で十分」と言われており,あんなにつけるのはもったいないなーと思います。まあ,みんなが必要量の3倍使えば,歯磨き粉の売上も3倍増えるってわけで,それを狙ってのCMなのかも知れませんが。

 歯磨き粉の場合は,いくら多く使っても,捨てられずに使われているのでまだいいとして,刺身や寿司を食べる際に,明らかに使い切れないぐらいの醤油を小皿にドバーッと入れる人をよく見かけますが,もったいないなーと思いますね。多少の余裕がないと最後の方で使いづらいのかも知れませんが,結局捨てることになるのがわかっていて必要以上に入れすぎるのは,非常識だと思いますよ。僕はケチな性格なので,なるべく使い切るギリギリの量しか醤油は入れないようにしています。

 かの船場吉兆などがやっているように,客が食べ残した料理を他の客に出すのは論外としても,料亭の料理に手をつけずに残す客というのも,僕には理解できないです。どんな事情があるのか知りませんが,出されたものはなるべく残さずに食べるのが礼儀だと思いますよ。僕はケチで貧乏育ちで味覚オンチだからかも知れませんが,ここ何十年,体調不良などの特別な理由が無い限りは,出された食べ物を残した記憶がほとんど無いです。

 そんな僕でも,あまりにもまずくて,ほとんど残した外食の経験が一度だけあります。かの1970年の大阪万博会場内のレストラン(ラーメンとカレーを販売していた)で食べたカレーがそれでした。見た目は普通のカレーですが(ただしルーの中に具は何も無かった),この世のものと思えない,ありえない味。今より遙かに味覚が鈍感な少年時代でしたが,一口しか食べられませんでした。どうやったらこんな味のカレーが作れるのかと,衝撃的でしたね。同行していた家族も同じく食べられませんでした。40年近く経った今でも忘れられないイヤな思い出で,店の名前もしっかり覚えていますよ(「さり○○」という名前でした)。ネットで調べると同名の店が今もあり,万博に出店していたのと同じ店かどうかはわからないので,あえて伏せておきますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »